旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

令和のゴッホ?無名のまま没した画家「小倉尚人」が遺した「抽象曼荼羅画」「佛画」を初公開! MotionGalleryでクラウドファンディング開始!

2019年09月19日09時00分 / 提供:valuepress

64年の短くも濃密かつ壮絶な人生を生き抜いた【画師・小倉尚人】が南相馬に残した幻の抽象曼荼羅画が東御市梅野記念絵画館で初公開!
小倉尚人展応援会は展覧会『初公開 曼陀羅と仏画に挑んだ小倉尚人 永遠の求道』の資金調達のために、クラウドファンディングサービス「MotionGallery」にて200万円を目指し、プロジェクトをスタートしました。
本プロジェクトは【画師・小倉尚人】が生前描き残した仏画・曼荼羅の保存や補修のために資金調達を行っています。

なお、本プロジェクトの募集締め切りは10月31日。一口3000円から支援することが可能で、リターンにはポストカードや画集等をお送りしています。

小倉尚人展後援会は、2019年8月8日よりクラウドファンディングサービス「MotionGallery」にて展覧会

『初公開 曼陀羅と仏画に挑んだ小倉尚人 永遠の求道』のプロジェクトを開始いたしました。

「展覧会『初公開 曼陀羅と仏画に挑んだ小倉尚人 永遠の求道』」

https://motion-gallery.net/projects/oguranaoto

本プロジェクトでは、2009年に64年の短くも濃密かつ壮絶な人生に幕を下ろした【画師・小倉尚人】が生涯描いた大曼荼羅画、仏画それらの作品に到る抽象画、具象画を展示します。彼の「世俗的な欲得を越えて生き抜いた生き様」は、混迷する現代社会に生きる世界中の人々に、勇気と生きる意味を見出すきっかけになるのではないか。そんな想いで、より多くの方々に知って頂きたいと願っています。

そのために作品の保管・保存・修復資金が必用です。

一口3000円から支援を受け付けており、ハガキや画集などのリターンを手に入れることができます。本プロジェクトは10月31日23時59分まで。集まった金額がファンディングされ、プロジェクトが成立となります。

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=iBmKqqQl_Hs

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る