旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

中学受験に悩んだら読む本!大和書房より、和田秀樹の最新刊『塾まかせが子どもをつぶす 自分から勉強する子の育て方』8月23日発売。

2019年08月26日10時00分 / 提供:valuepress

精神科医であり、“受験の神様”とも呼ばれる教育評論家・和田秀樹の最新刊。塾に入れたら成績が上がると、本気で思っていませんか?和田秀樹が塾の内実と、自ら子どもたちに行った「誰にでもすぐできる」勉強のやり方を伝授します。

株式会社大和書房(本社:東京都文京区、代表取締役社長:佐藤 靖)は2019年8月23日(金)、精神科医であり受験アドバイザーとしても著名な和田秀樹の最新刊『塾まかせが子どもをつぶす 自分から勉強する子の育て方』を、全国の書店で発売いたしました。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MzA5MSMyMjY4MjcjNjMwOTFfQWJxeUlHYXVpWi5qcGc.jpg ]

▼ http://www.daiwashobo.co.jp/book/b470598.html

2021年から、大学入学共通テストが新たに始まり、小学校では2020年から新学習指導要領が全面実施となるなど、中学受験を取り巻く環境も大きく変化することが予想されます。

こうした状況下にあって、首都圏を中心にますますヒートアップしていく傾向にある「中学受験」熱。本書では、「中学受験」とは切っても切れない関係にある「塾選び」の方法や、その付き合い方について考え、子どもの将来を本当の意味で輝かせる「中学受験」ができるよう、保護者にアドバイスしています。

■有名塾に入れておけば安心だと思っていませんか?

子どもの中学受験を考えたとき、入塾を選ぶことが多いのではないでしょうか。その塾を知名度やブランドだけで選んでしまうと、成績が思うように伸びなかったり、子どもの自信がなくなったりするのではと、著者は危惧している。

有名塾に入れておけば安心ということではありません。

大切なことは塾に任せっきりにすることではなく、子どもに合った塾を選ぶことです。

■子どもの将来にかかわる「塾選び」

塾が合わない子や、そこで落ちこぼれた子たちの姿を、たくさん見てきたという和田氏。

塾の方針に合わないというだけで、「ダメな子」というレッテルを貼られてしまうと、勉強が嫌いになってしまったり、自己肯定感が損なわれたりする可能性があります。

いくら名門塾であったとしても、その子に合うか合わないかの個人差があるということを念頭に置き塾選びをする必要があります。

■中学受験を成功させるための秘訣

本書では子どもに合った「塾選び」のポイントの他に、受験を制するための「戦略」、親が事前に集めておきたい「情報」など、中学受験を成功させるためのアドバイスが満載です。

“受験の神様”と言われる和田氏が娘たちにやってきた「誰にでもすぐできる」テクニックや、自分から勉強できる子に育てる方法についても伝授します。

【目次】

はじめに

・中学受験をすることは、教育虐待なのか

・塾の「言いなり」が合格を遠ざける

1章 「ブランド塾」に通っても成績は上がらない

2章 子どもに合った「塾選び」のポイント

3章 受験はこんな「戦略」で勝つ                                                              

4章 塾に入る前につけておくべき「基礎学力」とは

5章 「上位クラス」の子ほど注意すべきこと

6章 「中学受験をすると性格がゆがむ」はホント?

7章 賢い親は「情報」を集める

8章 「自分から勉強する子」の親が何をしているか

【著者プロフィール】

和田秀樹 (わだ・ひでき)
1960 年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、国際医療福祉大学心理学科教授。川崎幸病院精神科顧問。和田秀樹こころと体のクリニック院長。「I & C キッズ スクール」理事長。一橋大学経済学部非常勤講師。
27 歳のときに執筆した『受験は要領』がベストセラーになり、緑鐵受験指導ゼミナール創業。無名校から多くの生徒を東京大学合格に導く。その後も、受験に関する著書多数。この体験をもとに製作・監督した『受験のシンデレラ』はモナコ国際映画祭で最優秀作品賞(グランプリ)を受賞し、2016 年にはNHKBSプレミアムドラマとしてリメイクをされた。その後、『「わたし」の人生 我が命のタンゴ』もモナコで4 部門受賞、『私は絶対許さない』でインドとニースの映画祭で受賞するなど、映画監督としても活躍。
ロングセラーとなった『アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉』『「あれこれ考えて動けない」をやめる9 つの習慣』『「いまどきの男の子」の心を強くする育て方』『公立・私立中堅校から東大に入る本』(大和書房)など著書も多数ある。

【書籍概要】

書名  :塾まかせが子どもをつぶす 自分から勉強する子の育て方

著者  :和田秀樹

発売日 :8月23日

価格  :本体(1400円+税)

ページ数:208ページ

ISBN       :978-4-479-79704-3

販売元 :株式会社大和書房

株式会社大和書房について】

本社  :〒112-0014 東京都文京区関口1-33-4

代表者 :代表取締役社長 佐藤 靖

創業  :1961年7月

電話番号:03-3203-4511(代表)

URL  :http://www.daiwashobo.co.jp/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る