旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

世界初 日本棋院公認 プロ棋士向け囲碁AI搭載・検討用パソコン『GALLERIA 碁MASTER』受注開始

2019年08月23日12時00分 / 提供:valuepress

2019年8月23日(金)より、日本棋院公認のプロ棋士、上位愛好者向け囲碁AI搭載・検討用パソコン『GALLERIA 碁MASTER』を受注開始いたします。注文は専用窓口よりお電話にて受け付けます。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0MjE4MSMyMjY4MjEjNDIxODFfeWFGTHFvZmpCTC5qcGc.jpg ]

 株式会社サードウェーブ(代表取締役社長 : 尾崎健介、本社 : 東京都千代田区 以下サードウェーブ)は、2019年8月23日(金)より、日本棋院公認のプロ棋士、上位愛好者向け囲碁AI搭載・検討用パソコン『GALLERIA 碁MASTER』を受注開始いたします。注文は専用窓口よりお電話にて受け付けます。

 サードウェーブはこれまで「全国高校eスポーツ選手権」を通じ、eスポーツの普及・発展に取り組んできました。マインドスポーツの一種である“囲碁”の普及にも貢献して参ります。『GALLERIA 碁MASTER』の普及を通じ、日本国内の囲碁プロ棋士をはじめ、上位アマチュア囲碁愛好家の方々など幅広く勝率向上を支援いたします。製品詳細は以下の通りです。

【GALLERIA 碁MASTER製品詳細】
1.設定の手間が不要で購入直後から使用可能、パソコン起動後すぐに囲碁AIが使用可能
Windowsの設定代行サービスが製品に含まれているため、お客様によるパソコン初期設定が不要。また、囲碁AI検討ソフトをプリインストール、動作にインターネット接続も不要で起動可能です。

2.多くのプロ棋士が活用する囲碁AI「Leela Zero」の検討ソフト『Lizzie』(日本語版)搭載
国内外多くの囲碁棋士に検討ツールとして支持されている囲碁AI「Leela Zero」の検討ソフト『Lizzie』をサードウェーブで独自に日本語化したバージョンをプリインストール。

3. AI囲碁の思考を高速処理し安定稼働を実現するための高性能ハードウェア
AIの思考を司る中枢に第9世代CPU Intel Corei7-9750H、NVIDIA GeForce RTX2070 MAX-Q、DDR4メモリ16GBを搭載。ゲーミングPC「GALLERIA」で培ったノウハウを結集し、AIの思考を処理する高負荷環境下でも、安定した稼働を実現。

■AI囲碁検討ソフト「Lizzie」画面
次に打つべき推奨手をAIが思考判断し、予測勝率(%)と共に色別に表示します。シミュレーションの多い順に青、緑、橙、桃、黄色でそれぞれ表示。AIの演算処理時間が経過するにつれ、画面上に表示される推奨手も増加していきます。

■GALLERIA 碁MASTER
https://www.dospara.co.jp/5info/cts_galleria_igo_master

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る