旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【2020年東京オリンピック・パラリンピックホストタウン】ポスタープロジェクト 沖縄県中城村×カーボベルデ共和国ボクシング競技選手団×KBC学園未来高等学校

2019年08月28日10時00分 / 提供:valuepress

現在、沖縄県中城村では、ホストタウンプロジェクトとして、カーボベルデ共和国のボクシング競技選手団、パラリンピック委員会会長の受け入れを進めています。この度、学校法人KBC学園未来高等学校沖縄学習センター(那覇市東町)では、本機会を通し2020年東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げるために、同センターの生徒が選手を取材し、広く紹介するポスター制作プロジェクトを実施する運びとなりました。
来たる8月31~9月5日、カーボベルデの選手団が来沖、下記日程にて交流、同プロジェクトを実施します。

■日時  9月1日(日) 10:00~(時間は予定)
     9月2日(月) 13:00~(時間は予定)

■会場  学校法人KBC学園未来高等学校沖縄学習センター(〒900-0034 沖縄県那覇市東町23-1

https://hi.ida.ac.jp/

■趣旨

沖縄県中城村は、ホストタウンとして、カーボベルデ共和国のボクシング競技選手団を受け入れています。現在、ホストタウンプロジェクトとして、学校法人KBC学園未来高等学校沖縄学習センター(那覇市東町)の生徒15名が、選手を取材し、紹介するポスターを制作中です。

生徒達は、ポスター制作を通じ、同選手団の選手達に沖縄・日本で合宿してよかったと感じもらえるよう、カーボベルデの選手への心からの応援をポスターに込め、伝えていく役割を担っています。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会経済・テクノロジー専門委員の榎田竜路が指導・協力し、ポスタープロジェクトや映像制作を進めています。

出来上がったポスターは、カーボベルデ共和国に贈られ、中城村内でも2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、市内の公共機関などでも展示される予定です。

■講師・アドバイザー

榎田竜路

1964年生まれ、神奈川県出身。法政大学経済学部卒業。メディアプロデューサー、音楽家。北京電影学院客員教授、(合)アースボイスプロジェクト代表社員、NPO法人映像情報士協会理事長。公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会経済・テクノロジー専門委員。専門の一つ、身体技法の研究から日本の伝統文化の底に息づく「型」に着目、人の感覚を引き出す働きを応用し、地域情報のグローバルな展開を支えるメディア手法や、地域や企業の情報をプロデュース出来る人材の育成手法「認知開発®︎手法」を開発、全国に展開中。

アースボイスプロジェクト http://ev-pj.com/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る