旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

今日の日韓問題に答えが出る本『THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)』宮崎正弘氏、シンシアリー氏、マックス・シュラー氏ら称賛

2019年08月09日10時00分 / 提供:valuepress

今日の日韓問題への答えが、『THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)』(桜の花出版)にあります。1926年ニューヨークの出版社から刊行された名著の完全対訳本です。
著者アレン・アイルランド(1871-1951)は英国生まれ。当時、世界の植民地統治研究の専門家で第一人者。シカゴ大学委員、王立地理学会特別会員で、1901年、米シカゴ大学で極東の植民地運営を研究するための委員会の責任者となり、3年間極東に派遣されました。その研究は、様々な客観的データを用いて中立的な立場で行なわれたもので学術的に高い評価を受けています。本書では、あらゆる観点から統計に基づいて日韓併合後の朝鮮の発展を分析しています。1926年にNYで出版され、各紙で高く評価されました。日本でも著名な評論家らが資料として参照している名著として知られており、20世紀初頭朝鮮半島の真実を知るのに最適です。

何度も繰り返し日本が責め続けられる日韓併合時代。中立な立場でその時代を目撃した英国人研究者が書いた本に、今日の日韓問題への答えが用意されています。

『THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)』は、当時の著名な植民地研究家のアレン・アイルランド氏が、1926年、ニューヨークの出版社から刊行した幻の名著の完全対訳本です。欧米人であるアレン氏が研究分析した結果、日本の統治は西欧列強のいかなる政策よりも優れていると高い評価を与えていることは注目に値します。

『THE NEW KOREA』は韓国で翻訳出版された以外はその存在は知られていませんでしたが、2013年に桜の花出版から出版されると、たちまち話題になり、論客の宮崎正弘氏、シンシアリー氏、マックス・フォン・シュラー氏らが本書を一次資料として著書に引用しています。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NDMyMSMyMjYxODYjNDQzMjFfWER3RGFwQm9UaS5qcGc.jpg ]

◆中立な立場で当時を目撃した英国人研究者が書いた本

著者のアレン・アイルランド(Alleyne Ireland)は、1871年-1951年イギリス生まれの世界の植民地統治研究の専門家、第一人者です。シカゴ大学委員、王立地理学会特別会員であり、アメリカの雑誌などに広く執筆活動を行なっていました。

1901年、米シカゴ大学の招きにより、極東の植民地運営を研究するための委員会の責任者に任命され、3年間極東に派遣され、イギリス、フランス、オランダ、そして日本による植民地経営のシステムを研究しました。6カ月間のフィリピン滞在の後、アメリカに戻り、新しく設立されたシカゴ大学の植民地・商業学部の責任者に就任。日本による朝鮮の合邦政策について研究をまとめ、1926年にニューヨークで『THE NEW KOREA』を出版しました。

アレン・アイルランド氏は、中立の立場または欧米の立場にいた学者です。彼が実際の朝鮮半島を見た上でまとめた本書は、大変貴重な第一級資料であり、研究論文です。

その研究方法は、様々な客観的データを用いて中立的な立場で現実を把握することに努めており、研究は学術的に高い評価を受けています。当時広く執筆活動を行ない、著書は10冊あります。

本書は、朝鮮史を語る上で欠くことのできない書籍です。

【当時の評判】 『THE NEW KOREA』は、1926年出版当時、大反響を呼びました。

―スプリングフィールド・リパブリカン紙

アイルランドの著作について

政治(行政)分野で現存する最高位の権威の一人である

アイルランド氏は植民地統治の作品で特によく知られる。

   「同分野の英語による書籍で、その途方もなく豊かな構成と内容に匹敵するものはない」

―ボストン・ポスト紙

"Democracy and the Human Equation"(民主主義と人類の平衡化)

アイルランド氏は現代文明が必要とするものに応じられる

政府を作ることの難しさを真剣に考察している。

「この本のように、誠実にそして正直に考え抜いた本というのは、今日の重大な諸問題 を考える者たち皆に

とって価値のあるものだ」

― ボストン・イブニング・トランスクリプト紙

"An Adventure with a Genius" Recollections of Joseph Pulitzer.

(天才との冒険-ジョーゼフ・ピューリツァーの回想)

   「人間が創造しえる最も写実的な描写の一つ」

                  

― ライフ誌

   「この本は読者を万力のように捕え、幻のように付きまとう」

                    

【書籍情報】

単行本: 695ページ

出版社: 発行 桜の花出版/発売 星雲社

言語: 日本語

ISBN-10: 4434181815

ISBN-13: 978-4434181818

発売日: 2013/8/26

サイズ: 20.8 x 15 x 3.8 cm 

https://www.sakuranohana.jp/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る