旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【経営者必見!】半数近くの方が、「GWの影響を受けて事業計画を変更した」と回答!8月に待ち構えている夏季休暇において準備していることとは…?

2019年07月30日14時00分 / 提供:valuepress

資金調達なら信頼できるピーエムジー株式会社

今年のゴールデンウィークは、天皇陛下退位・皇太子殿下即位に伴い2019年に限って5月1日が祝日となり、過去に前例がない「10連休」となりました。

国外旅行へ行かれる方の割合は前年比で3~4%増という発表もあり、いつもとは違った休日を過ごされた方も多いと思います。

そんなゴールデンウィークの経済効果は「2兆円を超える」と推測されていました。

しかし、多くの企業が稼働を停止していた事から、営業日はその分減ることになりますよね。

そうした企業は、売り上げに影響は出なかったのでしょうか。

今回、ファクタリングサービスを展開するピーエムジー株式会社https://p-m-g.tokyo/)は、中小企業の経営者や個人事業主を対象に、「10連休の影響」についてのアンケート調査を実施しました。

調査概要:『10連休の影響についてのアンケート調査』

【調査日】  2019年6月13日(木) ~ 2019年6月14日(金)

【調査方法】 インターネット調査

【調査人数】  1,077人

【調査対象】 全国20代〜60代の男女

【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

4割以上の方が「5月の10連休、事業に関することで業務に影響があった」と回答!その中でも、売り上げが下がった方の割合とは…?

「5月の10連休、事業に関することで影響はありましたか?」と質問したところ、4割以上の方が『はい』と回答されました。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1ODU1NCMyMjUzNjMjNTg1NTRfa1hXQ09OV0RTay5wbmc.png ]

「どのような影響がありましたか?」と質問したところ、以下のような結果になりました。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1ODU1NCMyMjUzNjMjNTg1NTRfYWt2aGJoU251Qi5wbmc.png ]

『売り上げが下がった』と回答した方に「要因を教えてください」と質問したところ、『稼働率の低下』『取引先が長期の休暇をとっていたから』『休日出勤させたため』といった内容が挙がりました。

10連休という前例がない大型連休は、さまざまな外的要因を多くの企業に与えたようです。

半数近くの方が、「GWの影響を受けて事業計画を変更した」と回答!その内容とは…?

また、上記の影響を受けて「事業計画に変更はありましたか?」と質問したところ、半数近くの方が『はい』と回答しました。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1ODU1NCMyMjUzNjMjNTg1NTRfWmFQcnRyUm1YUy5wbmc.png ]

「変更した内容を教えてください」と質問したところ、『新たなクライアントの開拓』『運転資金の借り入れが必要になった』『人件費をコントロールした』といった意見が多く挙がりました。

8月に待ち構えている夏季休暇において準備していることとは…?

今年のゴールデンウィークは10連休という超大型連休になりましたが、8月の夏季休暇も最大で9連休という、これもまた大型の連休を控えています。

そのため、ゴールデンウィークと同様の影響が夏季休暇の期間中に出ると想定されています。

そこで、「最大9連休の夏季休暇に向けて、事業運営において特別に準備していることはありますか?」と質問したところ、8割近くの方が『はい』と回答しました。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1ODU1NCMyMjUzNjMjNTg1NTRfWUZpUkdZeFFrZy5wbmc.png ]

GWに受けた影響を踏まえて、夏季休暇に向けて準備をしている方が多いようですね。

次に、準備の内容をうかがったところ、『人員調整(56.8%)』『在庫関連(34.2%)』『顧客への周知(32.7%)』『配送関連(27.0%)』『イベント・キャンペーン(19.8%)』『金融機関への対応(14.4%)』といった意見が挙げられました。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1ODU1NCMyMjUzNjMjNTg1NTRfVFhRcG9RTG5Vby5wbmc.png ]

10連休による影響を受けた企業ほど、特にコストにかかわる対策が多いのではないでしょうか。

今回の調査では、売り上げが下がった業界は、大型連休による営業日数の減少が原因で売り上げが落ちたということが分かりました。

投資先行型の事業や、在庫・原価を抱える業態であれば、現金化されるまでのリードタイムを考えると、運転資金の悪化に悩む可能性もあります。

大型連休などのイレギュラーな事態では金融機関も営業していないため、資金調達が苦しくなる前に経営者は別の手段で資金を調達しなければなりません。

その手段の一つとして、『ファクタリング』が注目されています。

『ファクタリングサービス』とは、金融機関からの借入に代わる新しい資金調達方法のことを言います。

『ファクタリングサービス』は、銀行などの融資と違い、経営状態を重視されず、キャッシュフローの正常化を期待することができます。キャッシュフローが正常化することで事業計画が立てやすく、万が一売掛先が倒産した場合の支払いリスクを回避できるというメリットがあります。

資金調達でお困りの方は、ぜひこのサービスを活用し、お金の流れを健全化して安定した経営を築きましょう。

ピーエムジー株式会社の「ファクタリング」で健全な企業経営を

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1ODU1NCMyMjUzNjMjNTg1NTRfVlFrYVpWYW9GZS5wbmc.png ]

資金調達会社選びでお悩みの方におすすめなのが、ピーエムジー株式会社https://p-m-g.tokyo/)の『ファクタリングサービス』です。

コンプライアンスの遵守と透明性のある取引を心がけており、独自の審査や資金化の方法を導入しているため、資金化までのレスポンスは最速で、さらに売掛金の買取手数料は業界最安値となっております。

資金のことでお困りの方は、秘密は必ず厳守する安心安全のピーエムジー株式会社にご相談ください。

■​ピーエムジー株式会社https://p-m-g.tokyo/

■住所:東京都新宿区新宿2-12-8 ACN新宿ビル 7階

■TEL:03-5361-7503

■FAX:03-5361-7504

■お問い合わせ:https://p-m-g.tokyo/contact.html

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る