旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

電⼦レシートサービス『スマートレシート』が、東海地⽅のスーパーマーケットで初の本格導⼊

2019年07月19日10時00分 / 提供:valuepress

東芝テック株式会社が提供する電⼦レシートサービス「スマートレシート」は国内で採⽤事例が増加しており、このたび、株式会社駿河屋⿂⼀様(本社:岐阜県⾼⼭市、代表取締役社⻑︓溝際清太郎)に、東海地⽅のスーパーマーケットとして初めて導⼊されることとなりました。
国としてもスマートフォンを介したデータの利活⽤を⾒据えてデータの統⼀化をする動きが起きています。その中で電⼦レシートは、社会インフラとのしての注⽬度が⾼まり、採⽤⼩売企業が増えています。2017年には、セルフメディケーション税制の申告にそのまま使える機能を実装し、より便利なサービスとして利⽤が進んでいます。東芝テックでは、数年以内にアプリ利⽤者数100万⼈の達成を目指しています。

東芝テック株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社⻑:池⽥隆之)が提供する電⼦レシートサービス「スマートレシート」は、POSシェア国内1位の強みを⽣かし、レシート情報(買い物履歴)をデータで受け取り、⼀元管理するスマートフォンアプリです。

これまで紙で発⾏されていたレシートの不便な⾯(財布の中での管理や、家計簿などへの⼆次利⽤に⼿間がかかる点)を解消することで顧客満⾜度を向上し、店舗側にとってはレシート⽤紙のコスト削減にもつながるソリューションとなります。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjM5NiMyMjQ5ODQjNTYzOTZfQ2NkWmNuVXNIVi5wbmc.png ]
 本サービスは国内で採⽤事例が増加しており、このたび、株式会社駿河屋⿂⼀様(本社:岐⾩県⾼⼭市、代表取締役社⻑:溝際清太郎)に、東海地⽅のスーパーマーケットとして初めて導⼊されることとなりました。

 溝際社⻑は、「お客様は財布の中がすっきりし、マイカードのポイントもすぐに確認できます。今後導⼊予定の電⼦マネーと合わせて使っていただければ、レジでお待たせすることも少なくなります。店にとっては、レシートの紙が不要になるので環境問題にも優しい。勿論、従業員の負担も減りますし、⼈⼿不⾜対策にも効果的ですね」と導⼊の理由について語っています。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjM5NiMyMjQ5ODQjNTYzOTZfVVBBeUhDY2FCbC5wbmc.png ]

 国としてもスマートフォンを介したデータの利活⽤を⾒据えてデータの統⼀化をする動きが起きています。

ただ、電⼦決済のサービスや利⽤が増えてきましたが、来店時の⽀払いでは依然としてレシートの電⼦化には⾄っていませんでした。その中で電⼦レシートは、社会インフラとのしての注⽬度が⾼まり、採⽤⼩売企業が増えています。

 また2017年には、セルフメディケーション税制の申告にそのまま使える機能を実装し、より便利なサービスとして利⽤が進んでいます。

 今後は⽉に数社ペースでの稼働開始が予定されており、数年以内にアプリ利⽤者数100万⼈の達成をめざしております。

<導⼊実績(2019年7⽉7⽇現在)>

コープ東北の4⽣協、とりせん、カメガヤ、など44社656店舗、11万⼈会員

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjM5NiMyMjQ5ODQjNTYzOTZfcENWZ3hqU3h2eS5wbmc.png ]

「スマートレシート」の詳細はこちらhttps://www.smartreceipt.jp/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る