旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

一点ものにこだわるオーダーメイド宝飾店が、日本人3人目AHCI準会員の“独立時計師”・牧原大造氏の時計販売をスタート!新作には「世界初」となる江戸切子を文字盤に

2019年07月17日14時00分 / 提供:valuepress

牧原大造氏は、2019年3月に世界最大級の時計の見本市「バーゼルワールド」に出展。また、高度な技術を持つ者のみが入会を許される国際団体「独立時計師アカデミー」に3人目の日本人メンバーとして認定されるなど、機械式時計に精通した職人です。

3DCAD・3Dプリンター・バーチャル試着などのデジタル技術を利用したオーダーメイドジュエリーショップを運営するサンビジュウ(所在地:千葉県船橋市、代表:岡田泰典)は、2019年7月15日(月)より、独立時計師・牧原大造氏が製作する機械式時計の委託販売を開始します。

▼ 牧原大造氏製作機械式時計 特設ページ:https://dm.st-bijoux.jp/

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTU2MyMyMjQ3ODUjNjE1NjNfQ01vV0VxSGVwZS5KUEc.JPG ]

■「世界に1つだけ」をコンセプトに掲げる宝飾店が、時計の販売にも進出

サンビジュウのこだわりは、「世界に1つだけのジュエリー」。最新のデジタル技術を駆使してお客様の要望やこだわりに寄り添い、ひとつひとつオーダーメイドで宝飾品をデザイン・製作しています。

そして、ジュエリーだけではなく、こだわりの「世界に1つだけの時計」を提供したいという思いから、独立時計師・牧原大造氏が手掛ける機械式時計の委託販売いたしました。

小さい部品でも磨くだけで2日くらいかかるという繊細な作業によって、作り上げられた細部にもこだわりがひかる職人魂が乗り移る究極の機械式時計です。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTU2MyMyMjQ3ODUjNjE1NjNfSUx5SmVYbWpRcS5KUEc.JPG ]

■機械式時計製作の天才集団「独立時計師アカデミー」に日本人として3人目の入会

独立時計師・牧原大造氏は、2019年3月にスイスで開催された世界最大級の時計の見本市「バーゼルワールド」に出展。ロレックスをはじめとする高級腕時計ブランドの新作発表の場として知られるイベントです。

そして、「独立時計師アカデミー」に日本人3人目の準会員として入会するという快挙も果たしています。「独立時計師アカデミー」は、大手メーカーに属することなく、個人で独創的な機械式時計を製作する時計師数十名で構成。高度な技術を持つ者のみが入会を許される国際的な組織です。

■牧原氏の最新作は、江戸切子を採用した世界初の時計「菊繋ぎ紋 桜」

分業化が進んでいる時計作りの世界ですが、牧原氏は、時計製作と彫金をどちらもおこなう数少ない時計師です。時計学校に通いながら、独学で彫金の技術を習得しました。

現代の時計は大量生産のものがほとんどですが、牧原氏が創り上げる機械式時計は、1つ1つの部品を丁寧に仕上げ磨きます。小さいパーツでも2日かかるという、極めて繊細な作業です。

牧原氏の最新作は、日本の伝統工芸である江戸切子を世界で初めて文字盤に採用した「菊繋ぎ紋 桜」。ムーブメントには桜の彫金を丁寧に施しました。日本を代表する花である菊と桜をモチーフにし、日本の伝統と精緻な技術が詰まった逸品です。

最新作に関しては、牧原大造氏の公式サイトをご参照ください。

▼ 牧原大造氏公式サイト:https://www.daizohmakihara.jp/

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2MTU2MyMyMjQ3ODUjNjE1NjNfb0t1ckpUeXlNWC5qcGc.jpg ]

【店舗概要】

屋号:サンビジュウ

代表:岡田泰典

所在地:千葉県船橋市習志野台3-14-23

TEL:047-767-9450

URL:https://st-bijoux.jp/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る