旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

エード・ファンドMyシェアは不動産の活用で、人生100年時代の長生きリスクの資産運用をご提案。 第1号商品販売&世界文化遺産登録Wキャンペーンのご案内

2019年07月11日16時00分 / 提供:valuepress

不動産特定共同事業(監督官庁が国土交通省又は各都道府県知事)に基づく、不動産小口投資商品のエード・ファンドMyシェア!

お客様から出資を募り、当社が事業用の不動産を取得して、その不動産から得る賃料を皆様に分配する賃貸事業型不動産シェアリング。投資家保護を図りながら、業務の適性な運営の確保が不可欠となる為、監督官庁から許可要件を満たした業者のみが運営が可能。
当社も令和の新しい時代へのスタートと共に、平成31年4月に免許を取得(大阪府知事第11号

エード・ファンドMyシェア第1号販売記念Wキャンペーンのご案内

1口100万円・運用期間3年・想定分配率(年)5%の不動産小口商品

エード・ファンドMyシェアとは、当社が事業用の不動産を取得し、その不動産のテナントから得る賃料を皆様とシェアリングさせていただく資産形成です。

令和の時代に突入し、昨今は公的年金の受給や老後の資産形成のあり方が話題になっており、資産運用も不可欠になっております。実際どのような投資先がいいのか、その商品のリスクがわからない、出資した元本の目減りが不安などの意見もあるので、資産運用には消極的な意見もございます。

このエード・ファンドMyシェアは、不動産を活用した賃貸事業でありますが、このような不安をできる限り取り除いたスキームとして構成しております。

一例としては、

1:長期安定的に賃料が得られる事業用不動産を対象物件に選定

2:優先劣後システムの採用

 お客様の出資金(元本)の安全性を優先的に守る仕組みで、お客様から募る出資を優先出資といい、賃料の受取、出資金の返還において、劣後出資者である当社より優先されるシステムです。

3:出資総額は、第3者による不動産鑑定評価額にも基づいた価格に反映

4:年1度の事業報告書の提出(監督官庁及び出資のお客様対象)

5:監督官庁の許可に基づいた契約(約款)で締結

などがございます。

第1号商品の対象不動産は、政令都市である大阪府堺市堺区にある事業用不動産です。当社が取得予定の土地上には現在、コンビニエンスストア(株式会社ローソン)がテナントとして契約中で、定期借地契約として毎月賃料をいただきます。(令和17年7月まで)

立地は、大阪和歌山関西空港を結ぶ、南海電鉄「堺」駅より徒歩5分、幹線道路である国道26号線と大阪中央環状線の交差点にあり、また阪神高速道路にも近く24時間交通量が絶えず、またスポーツ施設の整った大浜公園に隣接し、堺泉北工業エリアにも近く単身向けマンションも需要も多いので、コンビニエンスストアには欠かせない立地となっております。

この恵まれた立地の対象不動産をエード・ファンドMyシェア1号として運営してまいります。

【募集要項】

・出資総額(対象不動産の総額)2億円

・皆様から募る出資(優先出資)1億6千万円

・当社からの出資(劣後出資) 4千万円

・募集口数(160口)1口 100万円

・予定分配率(年)5%(税引き前)

・分配回数 年4回(3ケ月毎)

・契約期間 令和元年9月1日~令和4年8月31日までの3年

・申込手数料 5,400円(税込み)

【キャンペーン内容】

その1:第1号商品を記念して初回出資手数料5,400円が無料に!

その2:7月31日までの出資のお客様にはギフトカード5,000円分プレゼント

(50口限定)

【注意事項】

1.不動産運用商品は預金とは異なり、元本が保証されるものではございません。

2.お客様から出資金の目録は対象不動産(賃貸の運用)となっておりますので、不動産特有の要因により、出資金の元本や分配が下回ることもございます。

*詳しくは、お申込み後に送付する「契約成立前の説明事項」をご覧ください。

公式サイト

https://www.a-dolife.com/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る