旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ホワイトペーパー「日本人のためのパスワード2.0」公開のお知らせ。

2019年07月08日13時00分 / 提供:valuepress

一般社団法人日本プライバシー認証機構は、この度「日本人のためのパスワード2.0」と題したホワイトペーパーをリリースいたしました。
【セキュリティリサーチャー キタきつね】が提唱する、パスワードの新たな管理方法「パスワード2.0」。事業者・利用者双方において、大きなリスクとなっているのが、【パスワード使いまわし問題】。ホワイトペーパーには、この問題を解決するための方法が豊富に盛り込まれています。強力、かつ簡単に設定できるパスワードとはどのようなものなのか。読了後、すぐに使えるテクニックですので、是非ご活用ください。【ホワイトペーパーダウンロード先:https://www.jpac-privacy.jp/wp/

個人情報保護・情報セキュリティに関する人材育成を行う、一般社団法人日本プライバシー認証機構(本社:東京都千代田区、代表理事:星野 克美(多摩大学 名誉教授)、以下JPAC) は、頻発するパスワードの漏えい事故、パスワード管理上、大きなリスクとなっている「パスワード使いまし問題」を解決するためのホワイトペーパーをリリースしました。

「日本人のためのパスワード2.0」

著者であるセキュリティリサーチャー キタきつね氏はホワイトペーパーの冒頭、以下のように記しています。

----------------------------------------------------------------------------------------

パスワードリスト攻撃等による不正ログイン被害は国内外で発生し続けています。その主な原因は、ユーザがパスワードを使い回している事にあると10年以上前から言われ続けていますが、一向に不正ログイン被害が減る気配はありません。

「他のサービスで使用しているパスワードは使用しない」

誰もがこの様な内容を見聞きした事があるかと思いますが、ほとんどのユーザは、危険だと薄々感じつつも、実際はパスワードを使い回しています。

生体認証等のパスワードに代わる認証技術も数多く出てきていますが、導入コストや対応機器の問題から、パスワードが使われなくなるまでには、まだ時間がかかる事が予想されます。

つまり私たちは、パスワード管理が限界を迎えつつある事を理解しつつも、もう暫くの間、パスワードを使う事を求められています。

つまり、パスワードを使い回す必要がない、パスワード2.0に自分のパスワードを進化させる事が潜在的に求められていると言えるのです。

----------------------------------------------------------------------------------------

本ホワイトペーパーは、強力かつ安全で使いまわす必要のない「パスワード」を作成するための知識とテクニックを豊富に掲載しています。

パスワード管理に関する新たな気付きをもたらす内容となっており、すぐに活用できる内容となっています。

本ホワイトペーパーは、以下のURLからダウンロードいただければ、どなたでもご覧いただくことができます。是非この機会にご一読いただき、パスワード管理問題の解決策として活用いただけましたら幸いです。

<ホワイトペーパーダウンロード先>

https://www.jpac-privacy.jp/wp/

■会社概要

【一般社団法人日本プライバシー認証機構】

事務局所在地:〒100-0014 東京都千代田区永田町2-4-11 フレンドビル4F

代表者:代表理事 星野克美(多摩大学名誉教授)

設立:2006年6月

電話番号:03-6457-9507(代表)

URL:https://www.jpac-privacy.jp/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る