旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

第16回国際人権サミットがニューヨークの国連で開催されました!

2019年07月02日17時00分 / 提供:valuepress

今年4月1日、米国ロサンゼルスに本部を置くユース・フォー・ヒューマンライツ インターナショナル(YHRI)は、16周年となるヒューマンライツ・エデュケーショナル・ワールドツアーの一環として日本支部とともに日本ツアーイベントを実施しました。 そして、その後、メキシコらを巡回し、6月27日~29日まで国連にて総まとめとなる国際人権サミットを開催し、日本を含む45カ国からユースの代表者が参加しました。

 今年4月1日、米国ロサンゼルスに本部を置くユース・フォー・ヒューマンライツ インターナショナル(YHRI)は、16周年となるヒューマンライツ・エデュケーショナル・ワールドツアーの一環として日本支部とともに日本ツアーイベントを実施しました。 そして、その後、メキシコらを巡回し、6月27日~29日まで国連にて総まとめとなる国際人権サミットを開催し、日本を含む45カ国からユースの代表者が参加しました。

 2020年オリンピック・パラリンピックを迎える日本において、学校や職場における「いじめや自殺のない環境」や国際的に協調できる「差別や偏見のない社会」の構築が急がれていますが、そもそもその根本となる「互いに尊重し認め合う」ことが肝要です。その認識を高めるため、世界人権宣言が世界の共通認識になります。

 27日初日には、日本からも教育現場でCGを駆使して制作された「人権の物語」DVDを採用してくれたNGOグループが本部から招待され、プレゼンを行いました。スピーチでは、埼玉県の私立高校やサッカーのJリーグでの差別撲滅キャンペーンに協力したということで、YHRIの制作する教育素材が高く評価され、アニメーションを使った分かりやすい動画の映像は、エデュテーメント(エデュケーションと、エンターテインメントを合わせた造語)と呼ぶに相応しいものだと称賛されました。

 YHRIは2003年から世界教育ツアーを開始し今年で16回目を迎え、アメリカのワシントンD.Cからヨーロッパ、アフリカ、アジアと毎年各地を巡り、国連の定めた世界人権宣言を通して行う啓発活動を各地の指導者や教育者らと交わり、普及しています。アメリカの人道主義者であるL.ロン ハバードの言葉「人権は、理想的な夢ではなく、実現されなければなりません。」に基づいて、人権を実現させるためあらゆる教育者と指導者と協力して活動を行っています。

 特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行い、国連の世界人権宣言の普及を応援します。 

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る