旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

FDM方式でなめらかな“積層”を実現! 日本3Dプリンターが高品質の造形物づくりに役立つ3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズを6月10日に発売!

2019年06月12日10時00分 / 提供:valuepress

FDM方式の常識を超えるなめらかできめ細やかな“積層”により、3Dプリンターとは思えない造形物づくりをサポート! 「Infinity 3DP XI」と、より微細な造形が可能な「Infinity 3DP XI SPEED」の2モデルの販売を開始しました。

企業・教育機関向けに3Dプリンターの販売・サポートなどを手がけている日本3Dプリンター株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:北川士博)は6月10日(月)、3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2モデルの販売を開始しました。

▼ 「Infinity 3DP」シリーズ2モデル紹介・販売ページリンク先掲載ページ(日本3Dプリンター公式ウェブサイト):
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MDYxNCMyMjI3MDMjNTA2MTRfS0tBeVF5UXZOSy5wbmc.png ]

FDM方式の3Dプリンターの“弱点”とされてきた“積層痕”がまったくめだたないなめらかさときめの細かさを実現した「Infinity 3DP XI」と、さらに微細な造形物づくりができる「Infinity 3DP XI SPEED」の2モデルです。

■日本3Dプリンターが従来のFDM方式の常識を超える高い品質を実現した3Dプリンター2モデルを発売!

6月10日(月)、日本3Dプリンターが販売を開始した「Infinity 3DP」シリーズの「Infinity 3DP XI」および「Infinity 3DP XI SPEED」の2モデルは、次のような魅力やメリットのある3Dプリンターです。

1.FDM方式の“弱点”とされてきた“積層痕”がまったくめだたないなめらかさできめ細やかな造形を実現!

FDM(Fused Deposition Modeling/熱溶解積層)方式の特徴は、材料を熱で溶かして一層ずつ積み重ねて造形していく点です。一般の工業用と同じABS樹脂やポリカーボネートが使えるメリットがある一方で、“積層痕”が目立つ“弱点”がありました。「Infinity 3DP」シリーズは0.04ミリ(「Infinity 3DP XI」」、0.02ミリ(「Infinity 3DP XI SPEED」)と積層ピッチの精度を高めることでFDM方式の常識を超えるなめらかさときめの細かさを実現しました。
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1MDYxNCMyMjI3MDMjNTA2MTRfSFd3UUhrYm1ZRy5qcGc.jpg ]

2.軽く丈夫なアルミニウム製の筐体と高品質の部品を採用!

軽く丈夫なアルミニウム製の筐体で14キロ(「Infinity 3DP XI」)、10.7キロ(「Infinity 3DP XI SPEED」)の本体重量を実現。さらにCNC(コンピューター数値制御)切削による8ミリの高剛性アルミニウム製合金フレーム、ドイツ製の耐屈曲・可動ケーブルなどを採用しています。

3.特殊なフィラメントと1.8度(「Infinity 3DP XI」)、0.9度(「Infinity 3DP XI SPEED」)の高精度ステッピングモーターで安定した造形を実現!

やわらかくなめらかな造形物づくりができるフレックスフィラメント、衝撃に強いPLAフィラメントを利用することができ、高精度のステッピングモーターを採用しているので安定した造形物づくりが可能です。

両モデルとも、本格的な試作品づくりにも役立つ業務用レベルの3Dプリンターとしては、リーズナブルな価格を実現。日本3Dプリンターでは、次のような幅広いユーザーに最適な3Dプリンターとしておすすめします。

1.企業・事業者の試作品づくりに!

2.教育・研究機関でのロボットや部品づくりに!

3.フィギュア制作など個人の本格的な趣味に!

これまでのFDM方式の3Dプリンターの常識を超えるなめらかさときめの細かさを実感していただくため、日本3Dプリンターではウェブサイトの特設ページで「Infinity 3DP」シリーズで制作した造形物を紹介しています。

▼ 「Infinity 3DP」シリーズ2モデル紹介ページ:https://infinity3d.jp/

■「Infinity 3DP」シリーズ2モデル「Infinity 3DP XI」、「Infinity 3DP XI SPEED」概要

1.「Infinity 3DP XI」

本体サイズ:幅380×高さ460×奥行233ミリ

本体重量:14キロ

最大造形サイズ:幅200×高さ240×奥行200ミリ

最小積層ピッチ:0.04ミリ

フィラメント直径:1.75ミリ

プラットフォーム加熱可能温度:100度

X/Y軸駆動機構:CRCリニアボールスライド

ステップモーター角度:1.8度

価格:359,280円(税別)

2.「Infinity 3DP XI SPEED」

本体サイズ:幅355×高さ474×奥行310ミリ

本体重量:10.7キロ

最大造形サイズ:幅210×高さ240×奥行210ミリ

最小積層ピッチ:0.02ミリ

フィラメント直径:1.75ミリ

プラットフォーム加熱可能温度:100度

X/Y軸駆動機構:THKリニアボールスライド

ステップモーター角度:0.9度

価格:449,280円(税別)[W1] 

製品紹介・販売ページリンク先掲載ページ(日本3Dプリンター公式ウェブサイト):https://3dprinter.co.jp/infinity3dp/

【日本3Dプリンター株式会社について】

本社:〒135-0063 東京都江東区有明3-7-26 有明フロンティアビルB棟2階

代表者:代表取締役 北川士博

設立:2013年10月

電話番号:03-6683-9789(問い合わせ窓口)

URL:https://3dprinter.co.jp/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る