旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「三星毛糸」にちなんだ目標支援者数「333」人を突破! カシミアクラスの高級繊維を普段使いできるように加工した「ウールTシャツ」がクラウドファンディングで大反響

2019年05月28日16時00分 / 提供:valuepress

世界三大生地産地として知られる尾州(愛知県岐阜県にまたがる地域)では現在、人手不足や後継問題、海外製品との競合により工場等の数が最盛期の10分の1以下にまで減少しています。この尾州の高いものづくり技術の火を絶やさないために、「三星毛糸」ではクラウドファンディングに挑戦。数十万円もするような高級スーツに使われる最高ランクの希少素材を独自の高い技術力でTシャツに加工することに成功しました。

明治20年創業の老舗生地メーカー、三星毛糸株式会社(本社:岐阜県羽島市、代表取締役社長:岩田真吾)が展開する自社ブランド「MITSUBOSHI 1887」では、2019年4月19日(金)~6月17日(月)の期間、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて「23時間を快適に!隠れ不満を解消する、寝ても起きても気持ちいい日本製Tシャツ」プロジェクトを実施しています。反響が予想以上に大きく、初日に目標金額を達成。5月23日(木)には支援者が333人を突破いたしました。

▼「23時間を快適に!隠れ不満を解消する、寝ても起きても気持ちいい日本製Tシャツ」プロジェクト(クラウドファンディング Makuake):https://www.makuake.com/project/mitsuboshi/

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjM4MSMyMjE4MjgjNTYzODFfY0VBcUttSmlPSS5qcGc.jpg ]

■日本最大の毛織物産地・尾州の総力を結集、ものづくり技術の伝承に向けた老舗の挑戦

三星毛糸株式会社は、岐阜県羽島市にて創業。この一帯は、古くは尾州と呼ばれ、豊かな水と温暖な気候が織物生産に適していることから、国内総生産量の約8割を占める日本最大の毛織物産地です。しかし、人手不足、後継問題、海外製品との競合などにより、年々状況は厳しくなっています。

この尾州のものづくり技術という、かけがえのない財産を次の世代へ残すための一歩にしたいという強い想いから、三星毛糸は自社ブランド「MITSUBOSHI 1887」でクラウドファンディングに挑戦することにいたしました。全工程を尾州の会社・工場に協力してもらい、長年にわたって培われた高い技術力を結集。繊細なウール素材を普段使いできるようTシャツに加工して販売をスタートしたところ、反響は大きく、初日に目標金額を達成。そして約1か月で支援者333人を突破いたしました。

▼「MITSUBOSHI 1887」公式サイト:https://www.mitsuboshi1887.com/

■カシミア並みの高級ウールが生み出す、「素肌感覚」のTシャツ

本プロジェクトで扱っているTシャツが実現したのは、いつも着ているTシャツに対する「隠れ不満」の解消。長時間着用しなければならない環境にいる方に、1日24時間から入浴の1時間を引いた時間=“23時間”続く快適さをお届けするために誕生しました。

快適さの秘訣は、カシミアに匹敵するほどの質感を持った「スーパーエクストラファインメリノウール」。数十万円もするような高級スーツに使われる最高ランクの希少素材です。加工の難しい繊細な素材ながら、独自の高い技術力で加工に成功。薄手なのにハリがあってチクチクしない、まったく新しいTシャツの生地が誕生しました。生地の軽やかさとなめらかさは、まるで「素肌感覚」。「着る」というより「纏う」という言葉がふさわしいウールTシャツです。

また、1年中サラッとした着心地をキープできるのもこのウールTシャツの特徴。ウールは、コットンの2倍、ポリエステルの30倍の水蒸気を吸収・放出できるという特性を持っています。余分な湿気は蒸発させて適度な水蒸気を内部に閉じ込めることができるため、蒸れない上に乾燥しないというちょうどいい状態をキープします。また、天然の撥水作用があるので汚れがつきにくく、さらに、家庭用洗濯機で洗えるのでお手入れは簡単。シルクプロテイン加工で毛玉ができにくく縮みにくいため、日頃から気軽に着ることができます。

■「三星毛糸」にちなんだ目標支援者数「333」人を突破!

当社では、「三星毛糸」という社名にちなんで「333」という数字にこだわり、支援者数「333」人を目標にクラウドファンディングを開始しました。そして、約1か月が経過した5月23日(木)に目標としていた数字を突破することができました。この反響の大きさは、長年培われた技術力を結集させて、繊細な高級ウール素材を普段使いできるように加工することに成功したTシャツへの期待の大きさだと、気の引き締まる思いです。

「MITSUBOSHI 1887」では今回、ご支援いただいた方にアンケートを実施。「ウールTシャツに期待するところ」や「不安な点」、「今後の展開についてのご意見」などをお伺いしました。そのなかで今後期待する点として、「カラー展開に白(生成り)がほしい」や「Vネックや長袖、パーカーなどの展開がほしい」などのご要望が多く寄せられています。今後はそうしたご要望をできる限り実現できるように、尾州やお客さまなどさまざまな方々と協力してまいります。

<クラウドファンディング概要>

プロジェクト名:「23時間を快適に!隠れ不満を解消する、寝ても起きても気持ちいい日本製Tシャツ」

ページURL:https://www.makuake.com/project/mitsuboshi/

期間:2019年4月19日(金)~6月17日(月)

目標金額:100万円

Instagram公式アカウント:https://www.instagram.com/mitsuboshi1887/

Facebook公式アカウント:https://www.facebook.com/MITSUBOSHI.Fabric.Knit/

【三星毛糸株式会社について】

本社:〒501-6228 岐阜県羽島市正木町不破一色字堤外 898

代表者:代表取締役社長 岩田真吾

設立:1887年(明治20年)

電話番号:058-392-4780

URL:http://mitsu-boshi.jp/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る