旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

岐阜県飛騨市で400年の伝統をつなぐ飛騨 古川祭開催! H31年4/19,20(金,土)於:飛騨市古川町市街地 今年は“起し太鼓”や“祭屋台”の位置情報も発信!

2019年04月17日17時00分 / 提供:valuepress

飛騨市古川町では、4月19日20日、江戸時代から伝統をつなぐ祭「古川祭」が行われます。“古川やんちゃ”な半股引の男たちが勇壮な攻防を繰り広げる<起し太鼓>に鼓動を揺さぶられ、豪華絢爛そのものの雅な<祭屋台>に目を奪われる2日間です。今年度は、より祭を楽しんで頂けるよう、祭屋台や行列のオンタイムでの位置を“古川まつり特設サイト”(WEBブラウザ)で閲覧可能に!まちなか案内所及び本部テント、駅前仮設案内所にて観覧の方々に位置情報を発信します。

 飛騨市古川町では、4月19~20日、江戸時代から伝統をつなぐ祭

古川祭が行われます。“古川やんちゃ”と呼ばれる半股引の男たちが

勇壮な攻防を繰り広げる「起し太鼓」に鼓動を揺さぶられ、豪華絢爛

そのものの雅な祭屋台に目を奪われる2日間です。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTE4OSMyMTk2NDgjNTUxODlfVW9IS2hwSEJtRi5qcGc.jpg ]

-今年の注目点:祭屋台や行列などの位置が把握可能に!

 祭屋台や行列については順路が予め決まっており、時間により

大体の位置はわかっていましたが、正確な位置については把握でき

ませんでした。

そのため、昨年度より名古屋大学大学院情報科(安田・遠藤・浦田

研究室)と連携した取り組みを進めてきましたが、今年はより正確な

位置を、まちなか案内所及び本部テント、駅前仮設案内所にて観光

客の皆さんに発信します。

従来このような位置情報の提供は、手持ちのスマートフォンにアプ

リをダウンロードすることで行われますが、飛騨市では現在作成を進

めている“古川まつり特設サイト”(WEBブラウザ)から直接閲覧する

仕組みを構築中であり、この度、試験的に上記2か所で観光客の皆

様に情報提供させていただくこととなりました。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTE4OSMyMTk2NDgjNTUxODlfZm90amZ1TnJMUC5KUEc.JPG ]

-江戸時代を起源とする気多若宮神社の例祭”古川祭“

 古川祭は、飛騨市古川町にある気多若宮神社の例祭であり、神社で

執り行われる神事、古式ゆかしいと雅な、

そして、その勇壮さで知られる、これら“静”と”動”の

行事で構成される、400年もの伝統を受け継ぐ祭です。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTE4OSMyMTk2NDgjNTUxODlfZ1lwVlNEZUlEUy5qcGc.jpg ]

 「起し太鼓・屋台行事」は2016年12月にユネスコ無形文化遺産に

登録また、祭として国の重要無形文化財に指定されており、文化的

にも高い評価を受けています。

-男たちの激しい攻防が繰り広げられる祭の華<起し太鼓>

 19日20:30、主事組の総代による祝い唄をきっかけに、

古川祭の華「起し太鼓」が満を持して執り行われます。

 「起し太鼓」は、20日の本楽祭の開始を告げるため、19日深夜か

ら太鼓を打ち鳴らし、氏子地内を巡ったことに由来する行事です。

“起し太鼓主事※1”と称される主事組に担がれた大太鼓をのせた櫓は、

厳かな”祝い唄”と太鼓の乱れ打ちによる「出立式」ののち(於:

まつり広場)、太鼓と「よいしょーっ」という掛け声と共に祭り広

場を出発します。

※1=起し太鼓の櫓を担ぐ「主事組」は、慣例の抽選祭で決められる

 主事組の高張提灯と丸子提灯を手にした同組の老若男女・子供総

出の賑やかな提灯行列に先導された櫓に、通りの辻々から突っ込んで

くるのが、”付け太鼓”と呼ばれる小太鼓を担いだ各組の半股引姿の

男たち。男たちで担ぐ“付け太鼓”を我先に櫓の真後ろにつけようと、

他の組の男たちや主事組の櫓を守る後衛(こうえい)たちと激しい攻

防を繰り広げ、この男たちのぶつかり合いと観客の盛り上がりに起し

太鼓の熱気が最高潮に達します。この勇壮な競り合いは数ある日本

の祭のなかでも大変激しく、飛騨古川の男性の気質を表わす”古川

やんちゃ”にちなみ「やんちゃ祭り」とも称されています。

-美しく精巧に進化し、独自の屋台芸術を築いた飛騨祭屋台

 と双璧をなす古川祭の見どころは、絢爛豪華なです。“飛騨の匠の技の結晶”“動く陽明門”とも評されるその美し

さは、京・江戸、東西文化の見事な融合によって生まれました。

当初、江戸から単層で移入された原型が飛騨の匠たちの技によって

高められ、のち、京からからくり人形の文化が伝えられると重層と

なり、さらに飛騨独自の三段構造へと進化。ここに塗師の技術と京

からの金具と織物の美が加えられ、芸術の域に達するほどの雅な祭

屋台がつくられました。

19日の朝、全9台の屋台はそれぞれの屋台蔵から曳き出され、

各町内を巡ります。翌20日は、早朝から祭り広場に曳揃えられ、

獅子舞・からくり人形が奉納されます。その後、全ての屋台が屋

台が大横丁に移動し、その様はまるで時代絵巻を紐解いているか

のように艶やかです。そして、夕刻になると、屋台は提灯を灯しなが

ら厳かに町内を曳行され、宵闇に照らし出される豪華なその姿は、

昼とは違った幽玄さを感じさせます。

二日間に渡って様々に繰り広げられる古川祭は、飛騨の地に受け継

がれてきた文化の重みを感じさせます。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTE4OSMyMTk2NDgjNTUxODlfREZuVmNxUktWTi5qcGc.jpg ]

古川祭」の概要については、別紙をご参照ください。

古川祭について-

古川祭の起源

江戸時代、現在の古川の中心街の礎を築いた金森可重(かなもり

ありしげ)が城の鬼門の鎮護をする神として、杉本社、高田神社を

現在地に遷座合祀したのが起源と伝えられています。

◎起し太鼓の花形“太鼓打ち”

櫓の上で大太鼓を打つ、起し太鼓の花形ともいえる太鼓打ち。

一生に一度しか経験できない大変名誉あるこの役には、地域に

貢献した若者10名が抜擢されます。太鼓を叩くバチは太鼓打ち自

らが柳でつくり、当日に臨みます。

◎9台の祭屋台

東西の屋台文化と飛騨の匠の技が融合された祭屋台は、各町(各

組)でそれぞれに特徴があり、約250年前に創建されたと伝えら

れるが古川祭屋台の始まりとされています。

現存する

の9台の屋台のうち、

とはからくりを披露します。

飛騨古川の風情ある町並みを巡行する屋台曳行は、まさに時代

絵巻を思わせる絢爛さです。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTE4OSMyMTk2NDgjNTUxODlfU09lbUFPTnVJWi5qcGc.jpg

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る