旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

~世界環境デーを記念~「しあわせへの道」オープンハウス-陽光桜とともにアジアへ!

2019年04月16日16時00分 / 提供:valuepress

毎年6月5日は国連によって世界環境デーと定められ、環境の保全を目的に各地で様々な啓発がなされています。そのような中、The Way to Happiness Japanはこの日を記念して6月9日(日)に新宿にてドキュメンタリー映画「陽光桜」の記念イベント&「しあわせへの道」小冊子啓発イベントを開催します。

毎年6月5日は国連によって世界環境デーと定められ、環境の保全を目的に各地で様々な啓発がなされています。そのような中、The Way to Happiness Japanはこの日を記念して6月9日(日)に新宿にてドキュメンタリー映画「陽光桜」の記念イベント&「しあわせへの道」小冊子啓発イベントを開催します。

 映画では、自分の教え子を戦争に送り出してしまった高岡正明が、人間が、二度とこんな悲惨なことをおこさないように、平和の願いを込めた「桜」を世界に送り出すことを決意。しかし、どんな環境でも立派に育つ桜を作らなければならない、という「陽光桜」という新しい桜の品種を作り出した高岡正明氏の物語です。

この映画をもとに有志が集まり、平和の願いを込めたプロジェクトを進行させていきます。

日時: 2019年6月9日(日)午後14:00 ~16:00
場所:東京都新宿区百人町1-25-1 サイエントロジー東京ビル8階
内容:
・音楽演奏&歌
・陽光桜植樹紹介
・陽光桜関連活動と「しあわせへの道」 

 しあわせへの道は、純粋に良識のみに基づいた、初めての普遍的な道徳指針です。1981年に初めて出版され、その目的は、現代社会における道徳の衰退を食い止め、人々の間に誠実さと相互の信頼を取り戻すことです。「しあわせへの道」は最も多く翻訳された特定の宗教信条に基づかない本として、ギネス記録を保持しています。

 アメリカの人道主義者L. ロン ハバード氏によって書かれたこの本は、「教訓」と呼ばれる21の基本的な行動規範が書かれており、高田馬場駅前や大久保、大塚などで継続的に配布活動を行っています。

特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っております。また、The way to happinessの活動も応援しています。  

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る