旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

子ども食堂「Kids(キッズ) Café(カフェ)」開設から2年 延べ1,133人の子どもたちが利用

2019年04月01日15時00分 / 提供:valuepress

ニュー スキン ジャパンが支援する子ども食堂「Kids Café」は、本日4月1日で開設から2周年を迎えます。2018年4月から2019年2月末までに延べ1,133人の子どもたちが訪れ、1年目の約2倍の利用がありました。

ニュー スキン ジャパン 株式会社(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:小林 和則)が支援する子ども食堂「Kids Café」は、本日4月1日で開設から2周年を迎えます。2018年4月から2019年2月末までに延べ1,133人の子どもたちが訪れ、1年目の約2倍の利用がありました。

Kids Caféは、セカンドハーベスト・ジャパン(本部所在地:東京都台東区、CEO:チャールズ E.マクジルトン、以下2HJ)が運営する、子どもたちの成長を応援するコミュニティスペースとしての役割をもつ場所です。十分な食事が取れないなどサポートが必要なお子さんだけでなく、誰でも利用することができます。施設の設置や運営は、ニュー スキン ジャパンが資金を支援し、多くのボランティアの協力を得て行っており、利用はすべて無料です。

年間を通じて毎週木・金・土の運営を継続するなか、子どもたちやその保護者の紹介、台東区のソーシャルワーカーからの繋がりにより利用者が増えました。

曜日ごとに、絵本の内容に関係するものをつくる「つくる絵本の時間」や、宿題やお絵かきなどをして過ごす「静かな時間」、多国籍なボランティアによるいろいろな国の文化を学ぶ「発見の時間」など、学習支援や子どもたちが楽しめるさまざまな体験・交流プログラムを実施しています。

また2年目は、食事を提供するだけではなく、ミキサーを使って自分でフルーツジュースをつくったり、クッキーにデコレーションをして大切な人のためにプレゼントをつくるなど、自分で食べるものを準備すること、だれかのためにつくることを体験することで、食べる楽しみや食べ物の大切さを感じるきっかけづくりを進めました。このようなプログラムを機に、年齢や国籍が違う子どもたち同士が自然と一緒に楽しみ、保護者の方にとっては子どもの成長を発見する場にもなっています。

■Kids Caféが大切にしているところ

2017年 安心、安全。「食」の提供だけでなく、子どもの(家族や周りの人達もほっと感じる)

       居場所【延べ627人利用】

2018年 「ありのまま」でいられる居場所【延べ1,133人利用】

2019年 「たべる」をつくる、じぶんを「そだてる」カフェ

【Kids Café 概要】

施  設 名: Kids Café(キッズカフェ)

住  所: 〒111-0053 東京都台東区浅草橋4-4-4 並河ビル1F

施設内容: ビル1階スペース、20.2平方メートル、座席数17席

開  設 日: 2017年4月1日

営業日時: 毎週木、金、土 13:30~18:00

     ※祝日・年末年始は休み。

内  容: ・軽食、おやつ、お弁当の提供

        ・宿題サポート、英語プログラムなどの学習支援

     ・さまざまな技能、資格、経験をもつボランティアによる体験、交流イベントの実施など

利 用 料: 無料

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NTgzNyMyMTg1OTIjNDU4MzdfdllLaFhxSEdPdy5KUEc.JPG ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NTgzNyMyMTg1OTIjNDU4Mzdfc0N5SkNFRndMTy5qcGVn.jpeg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NTgzNyMyMTg1OTIjNDU4MzdfekFob3N0QkZzQi5qcGVn.jpeg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NTgzNyMyMTg1OTIjNDU4Mzdfc1BEUW10R2JLSS5qcGVn.jpeg ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0NTgzNyMyMTg1OTIjNDU4MzdfVHJ5alBEVHNsWi5qcGVn.jpeg ]

【セカンドハーベスト・ジャパンについて】

セカンドハーベスト・ジャパン(2018年4月より認定NPO法人)は、日本で初めてのフードバンクです。まだ賞味期限があるにも関わらず、さまざまな理由で売ることのできない食品を集めて、必要な方たちへお渡ししています。日本でのフードセーフティネットの構築を目的とし、児童養護・母子支援・障害者支援等の福祉施設や生活困窮者などに食品の提供を行っています。 https://2hj.org/

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る