旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

宅配クライシス解決プロジェクト第4弾「コンビニ発送を自動化、荷物の預かりボックスで返品もストレスフリーに」

2019年03月25日11時00分 / 提供:valuepress

 株式会社ナスタ(本社:東京都港区、代表取締役社長:笹川順平 以下、ナスタ)は、株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:竹増貞信 以下、ローソン)と三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:垣内威彦 以下、三菱商事)が取り組むレンタル商品、EC商品の返却・返品サービス(スマリSMARI)において使用する荷物預かり専用ボックス「スマリボックス」の生産を行うこととなりました。

 株式会社ナスタ(本社:東京都港区、代表取締役社長:笹川順平 以下、ナスタ)は、株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:竹増貞信 以下、ローソン)と三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:垣内威彦 以下、三菱商事)が取り組むレンタル商品、EC商品の返却・返品サービス(スマリSMARI)において使用する荷物預かり専用ボックス「スマリボックス」の生産を行うこととなりました。

 これまでナスタが大手企業と連携して物流課題解決に取り組んできた実績や、ポスト・宅配ボックスのトップメーカーとしての評価をいただき、選定をして頂きました。

 2019年4月1日からローソンの店舗約100店に導入を開始し、将来的にはエリアを拡大し、急増する発送・返品対応にこたえるべく、サービス展開にあわせて「スマリボックス」を生産導入していきます。 

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1OTI2OSMyMTc5NTUjNTkyNjlfaEhoRFhCV0tnei5KUEc.JPG

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る