旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

インスタ映えする はんだ付け! 2019年 第7回“はんだ付けアート”コンテストを開催 ≪インスタグラムで作品募集のお知らせ≫

2019年03月01日09時00分 / 提供:valuepress

ハンダゴテとはんだを使って製作するメタリックで精巧なアート作品を
日本全国(海外からもOK)からインスタグラムを使って募集します。

NPO法人 日本はんだ付け協会(所在地:滋賀県近江市 理事長:野瀬 昌治、以下、日本はんだ付け協会)は、ハンダゴテとはんだを使って製作された芸術作品(はんだ付けアート)を日本全国から募集します。(インスタグラムへの投稿で募集)

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMxMDIyIzIxNjYxOSMxMDIyX0RXR0ZDdG5ydlAuanBn.jpg ]

2017年の流行語大賞にも選ばれた「インスタ映え」。現在でもとどまるところを知りません。2019年度も「インスタ映え」する「はんだ付けアート」作品を競います。

作品の募集は、インスタグラムに投稿する形で行ないます。作品の写真を投稿する際に「ハッシュタグ」として「#はんだ付けアート2019」を発言内に入れていただきます。

審査は、投稿期限2019年10月31日10時の時点で、ハッシュタグ「#はんだ付けアート2019」で検索して表示された投稿を日本はんだ付け協会が審査して、優勝、第2位、第3位を決定します。

結果の発表は、2019年11月29日に行ないます。

電機・電子機器製造業の根幹技術であるはんだ付けは、長い歴史を持ちながら、先端技術にも不可欠で、時代に合わせ進化している非常に奥深く重要な技術です。

また、現在でも中学や高等学校で2時間程度体験する機会がありますが、一部のマニアが電子工作するための技術として捉えられがちで、脚光を浴びることはありませんでした。

このたび、日本はんだ付け協会では、全国約20万人のはんだ付け職人(電気関係の企業2万社×10人と仮定して算出)の地位向上と、広く一般の方にはんだ付けの楽しさを知っていただくため、はんだ付けアーティスト山田氏の協力を得て、その作品と作品を制作する様子を専用のホームページとyoutubeで公開。一般の方にも作品の製作に挑戦できるよう「はんだ付けアートキット」をご用意しました。

https://soldering-art.com/ (はんだ付けアートの世界)

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMxMDIyIzIxNjYxOSMxMDIyX2V6aXFXYkdXUXkucG5n.png ]

・コンテストの概要

■作品は、「ハンダゴテ」と「はんだ」を使って製作されていること。(型を作ってはん

だを流し込むなどの製法は審査の対象外とします)

■募集期間 2019年3月1日~10月30日まで

■応募方法 インスタグラム投稿写真に ハッシュタグ「#はんだ付けアート2019」入れる

https://soldering-art.com/contest.html

(はんだ付けアートコンテスト募集要項)

■審査方法 日本はんだ付け協会の理事による投票で 最優秀作品を選出

■副賞  入賞者には、協会より賞状とオリジナルの楯の他、優勝者:近江牛しゃぶしゃぶ用1kg

第2位:近江牛しゃぶしゃぶ用500gを進呈。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMxMDIyIzIxNjYxOSMxMDIyX2FIWVdCdEJ2aUcuanBn.jpg

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る