旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

海外販路開拓プラットフォーム「セカイコネクト」を使った 市内企業の海外販路開拓・拡大支援 ~年度内に市内企業5社がテスト参加~

2019年02月07日17時00分 / 提供:valuepress

三重県桑名市(市長:伊藤 徳宇/いとう・なるたか)は、市内企業の海外販路開拓を支援するため、世界バイヤーの調達代行・調達支援業務・海外展開支援サービスを行うCOUXU(コーク)株式会社(本社:東京都千代田区神田須田町2-1-1、代表取締役:大村晶彦)の「セカイコネクト」を活用した事業を初めて実施し、年度内に5社を対象に、同社の地方自治体向けコンサル実施例として試験的に参加することになりました。「セカイコネクト」を地方自治体が活用するのは初めて。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNjc0OSMyMTU0MDQjMzY3NDlfdkF4UkNCZlVQUy5qcGc.jpg ]

三重県桑名市

http://www.city.kuwana.lg.jp

 三重県桑名市(市長:伊藤 徳宇/いとう・なるたか)は、市内企業の海外販路開拓を支援するため、世界バイヤーの調達代行・調達支援業務・海外展開支援サービスを行うCOUXU(コーク)株式会社(本社:東京都千代田区神田須田町2-1-1、代表取締役:大村晶彦)の「セカイコネクト」を活用した事業を初めて実施し、年度内に5社を対象に、同社の地方自治体向けコンサル実施例として試験的に参加することになりました。「セカイコネクト」を地方自治体が活用するのは初めて。

 現在、食料品の卸・小売の株式会社保田商店(本社:桑名市和泉377-1、代表者:保田与志彦)、木製品製造卸売り販売の有限会社籐芸(本社:桑名市和泉555-1、代表取締役:平田淳)の2社が参加企業として決定しています。

 COUXU社は、日本企業が海外への販路を開拓できるプラットフォーム「セカイコネクト」を提供しています。高品質の日本商品の輸入を希望する2,000社以上の海外企業を1つのデータベースに格納し、日本企業は、海外企業に商品の情報を提供することで、効率的な商談を行うことができます。

 本市は、テスト参加に協力する5社に対し、市の負担により期間限定で同社のプラットフォームサービスの利用機会を無償提供するほか、商品の輸出可能性調査、海外販路開拓に関するアドバイス、ノウハウセミナー等も実施し、市内企業が海外に向けての販売力やノウハウを培って頂くことを目標にしています。

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNjc0OSMyMTU0MDQjMzY3NDlfZ21meENqUkhIWi5qcGc.jpg ]

【2月1日に実施した市内企業向け利用説明会の模様 】

以上

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNjc0OSMyMTU0MDQjMzY3NDlfVFRNWFVXTFdPSi5qcGc.jpg ]

COUXU株式会社(コーク株式会社

http://couxu.jp/

http://world-conect.com/

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNjc0OSMyMTU0MDQjMzY3NDlfRGlxVFZJZ1dtdC5qcGc.jpg

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る