旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

TEMAIRAZUの『プラン一括管理』、Booking.comで利用可能に

2021年11月24日13時00分 / 提供:DreamNews

手間いらず株式会社(所在地:東京渋谷区、代表取締役:渡邉哲男)が提供する『TEMAIRAZU』シリーズの機能の一つである『プラン一括管理』が、2021年11月24日から、Booking.com B.V.(Booking Holdings Inc.(NAS...

手間いらず株式会社(所在地:東京渋谷区、代表取締役:渡邉哲男)が提供する『TEMAIRAZU』シリーズの機能の一つである『プラン一括管理』が、2021年11月24日から、Booking.com B.V.(Booking Holdings Inc.(NASDAQ:BKNG))が運営する世界最大規模の旅行ECサイト、『Booking.com』で利用可能となります。

『プラン一括管理』は、宿泊施設が各宿泊予約サイトにて作成・編集を行う必要があった宿泊プランを、TEMAIRAZU上で作成・編集し複数サイトへ一括登録することができる便利な機能です。また、複数サイトでの宿泊プランの販売開始・停止もTEMAIRAZUから一括で操作することができます。『プラン一括管理』を使えば、宿泊プランの作成・編集・販売の操作を、方法の異なる各予約サイトの管理画面にて行う必要がなくなり、業務の効率化を図ることができます。現在、『プラン一括管理』は国内の複数の宿泊予約サイトに対応しておりますが、グローバルサイトへの対応はBooking.comが初となります。

Booking.comは、国内掲載室数94万室以上、世界で延べ30億人以上のチェックインを達成した世界最大級の宿泊予約サイトです。手間いらずは、Booking.comのコネクティビティ・パートナープログラムにて、ビジネスバリュー、宿泊施設のパフォーマンス、プロダクト&クオリティ、エンゲージメントの4つ全てのカテゴリーで製品の機能性や利便性の向上への取り組み等が高く評価され、世界トップレベルとされるプレミアパートナーに認定されています。

手間いらずは、今後も製品の利便性向上や宿泊施設の販売機会の拡大のために、連携パートナーとのパートナーシップの強化と、『TEMAIRAZU』シリーズの機能性の向上に努めて参ります。

■『TEMAIRAZU』シリーズシステム概要

『TEMAIRAZU』シリーズは、国内宿泊施設向けに複数の宿泊予約サイトの一元管理を行う基本機能と、予約情報の高速取得やイールドマネジメント機能等を備えたASPシステムです。宿泊施設は、『TEMAIRAZU』シリーズを利用することで、一括で在庫と料金のコントロールができ、収益を上げ、コスト削減が可能となり、利益の最大化が実現できます。

<対応可能予約サイト及び自社予約システム>
▼国内宿泊予約サイト
楽天トラベル、じゃらん.net、るるぶトラベル、一休.com、skyticket、JALパック、ANAトラベラーズ、Relux、日本旅行
▼海外宿泊予約サイト及びホールセラー、その他
Booking.com、agoda、Expedia、Ctrip、Hostelworld、AsiaYo、TripAdvisor、hotelbeds、Airbnb、DOTW、DidaTravel、Shiji Distribution Solution等
▼自社ホームページ用宿泊予約システム
ダイレクトイン、予約プロ、予約番、OPTIMA、d-edge、iHotelier、SynXis CR、triplaホテルブッキング等

【手間いらず株式会社の概要】
(1)商号     手間いらず株式会社東証第一部 : 2477)
(2)事業内容   宿泊施設向け予約管理サービスの提供
          情報の比較及び集約サービスの提供
(3)本社所在地  東京都渋谷区恵比寿1-21-3 恵比寿NRビル7F
(4)代表者名   代表取締役 渡邉 哲男
(5)資本金    717百万円
(6)主なサービス 予約サイトコントローラー『TEMAIRAZU』シリーズ
          (https://www.temairazu.com/
          比較サイト『比較.com』(https://www.hikaku.com/

【本件に関するお問い合わせ】
手間いらず株式会社 経営企画室
TEL:03-5447-6690  e-mail:pr@temairazu.com

配信元企業:手間いらず株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る