旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

グローバル患者の遠隔監視におけるAIに関する市場レポート, 2016年-2027年の推移と予測、会社別、地域別、製品別、アプリケーション別の情報

2021年11月22日18時00分 / 提供:DreamNews

2021年11月22日に、「グローバル患者の遠隔監視におけるAIに関する市場レポート, 2016年-2027年の推移と予測、会社別、地域別、製品別、アプリケーション別の情報」の調査資料を発表しました。患者の遠隔監視にお...

2021年11月22日に、「グローバル患者の遠隔監視におけるAIに関する市場レポート, 2016年-2027年の推移と予測、会社別、地域別、製品別、アプリケーション別の情報」の調査資料を発表しました。患者の遠隔監視におけるAIの市場生産能力、生産量、販売量、売上高、価格及び今後の動向を説明します。世界と中国市場の主要メーカーの製品特徴、製品規格、価格、販売収入及び世界と中国市場の主要メーカーの市場シェアを重点的に分析する。過去データは2016年から2020年まで、予測データは2021年から2027年までです。

QYResearch(QYリサーチ)は市場調査レポート、リサーチレポート、F/S、委託調査、IPOコンサル、事業計画書などの業務を行い、お客様のグローバルビジネス、新ビジネスに役に立つ情報やデータをご提供致します。また、日本の皆様へのサービスをより一層充実するために、日本の現地法人を設けています。
QYResearch(QYリサーチ)は2007年に中国北京市で設立され、今までに世界160カ国以上、5万8千社に産業情報サービスを提供してきました。現在、米国、日本、韓国、インド、中国の北京、広州、深せん、長沙、石家荘、重慶、武漢でプロフェショナル研究チームを有し、世界30か国以上においてビジネスパートナーと提携しています。

市場分析と見通し:グローバル患者の遠隔監視におけるAI市場
本調査レポートは、患者の遠隔監視におけるAI(AI In Remote Patient Monitoring)市場を調査し、さまざまな方法論と分析を行い、市場に関する正確かつ詳細な情報を提供します。また、より明確に理解するために、グローバル患者の遠隔監視におけるAI市場を会社別、地域別、製品別、アプリケーション別に細分化し、様々の方面からデータを収集、分析し、市場の現状、今後のトレンドを説明します。本調査レポートの著者は、レポート内の情報を照合するために一次および二次方法論を行い、高い品質の情報、分析の提供によって、皆様の成長戦略、製品戦略、事業戦略の策定、新しいビジネスモデルの構築・実行することを手伝い、皆様の競争力の強化、ビジネスビジョンの実現を支援します。
世界の患者の遠隔監視におけるAI市場規模は、2021年から2027年のCAGR が %になり、2020年の 百万米ドルから、2027年までに 百万米ドルに達する見込みと予測されています。

グローバル患者の遠隔監視におけるAI規模とセグメント
世界の患者の遠隔監視におけるAI市場は、会社別、地域別、製品別とアプリケーションによって細分化されてあります。グローバル患者の遠隔監視におけるAI市場の主な会社、関係者及びその他の参加者は、本調査レポートを重要なリソースとして活用することができます。このレポートは、2016年から2027年までの会社別、地域(国)別、製品別及びアプリケーション別の売上げ実績と予測に焦点を当てています。

製品別
Whole Exome
Whole Genome
Vital Monitors
Targeted Sequencing & Resequencing

アプリケーション別
Cancer
Heart Disorders
Diabetes
Sleep Apnea
Respiratory Problems

地域別
北米
アメリカ
カナダ
ヨーロッパ
ドイツ
フランス
イギリス
イタリア
ロシア
その他のヨーロッパ地域
アジア太平洋地域
中国
日本
韓国
東南アジア
インド
オーストラリア
ラテンアメリカ
メキシコ
ブラジル
中東とアフリカ
トルコ
サウジアラビア
アラブ首長国連邦

会社別
Atomwise
International Business Machines
Berg
Zebra Medical Vision
Modernizing Medicine
Caption Health
Sense.ly
AiCure
Medasense Biometrics
Nuance Communications
【総目録】
1 患者の遠隔監視におけるAIの市場概要
1.1 患者の遠隔監視におけるAI市場概況
1.1.1 患者の遠隔監視におけるAI製品範囲
1.1.2 患者の遠隔監視におけるAI 市場の現状と見通し
1.2 地域別の患者の遠隔監視におけるAI市場規模 2016 VS 2021 VS 2027
1.3 地域別の患者の遠隔監視におけるAI市場規模 (2016-2027)
1.4 地域別の患者の遠隔監視におけるAI市場規模の推移 (2016-2021)
1.5 地域別の患者の遠隔監視におけるAI市場規模予測 (2022-2027)
1.6 主な地域患者の遠隔監視におけるAI市場規模 (2016-2027)
1.6.1 北米患者の遠隔監視におけるAI市場規模 (2016-2027)
1.6.2 ヨーロッパ患者の遠隔監視におけるAI市場規模 (2016-2027)
1.6.3 アジア太平洋患者の遠隔監視におけるAI市場規模 (2016-2027)
1.6.4 ラテンアメリカ患者の遠隔監視におけるAI市場規模 (2016-2027)
1.6.5 中東およびアフリカ 患者の遠隔監視におけるAI市場規模 (2016-2027)

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
https://www.qyresearch.co.jp/reports/112118/ai-in-remote-patient-monitoring

■世界トップレベルの調査会社QYResearch
https://www.qyresearch.co.jp
主な事業内容:QYResearchは2007年に中国北京市で設立され、世界トップレベルの市場調査会社です。今まで世界100か国以上にわたって、6万社以上の企業に産業情報サービスを提供してきました。日本の皆様に優れたサービスを提供するために、2016年、日本の現地法人を設立しました。

主な事業内容:市場調査レポート販売、市場調査サービス提供
日本現地法人の住所: 〒104-0061東京都中央区銀座 6-13-16 銀座 Wall ビル UCF5階
TEL:090-38009273

■本件に関するお問い合わせ先
QY Research株式会社
マーケティング担当 japan@qyresearch.com

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000248459&id=bodyimage1

配信元企業:QY Research株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る