旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「夫のために、介護施設をつくる!」一人の主婦が決意し、15年かけて実現した、入居者の幸せを追求する施設とは『フツーの主婦だからこそつくれた 入居者が殺到する非常識な介護施設』2021年11月16日発売

2021年11月16日09時00分 / 提供:DreamNews

株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『フツーの主婦だからこそつくれた 入居者が殺到する非常識な介護施設』(小林 ...

株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『フツーの主婦だからこそつくれた 入居者が殺到する非常識な介護施設』(小林 久子 著)を2021年11月16日に発売いたします。
――――――――――――――――――――――――――
真に必要な介護施設のあるべき姿とは
業界の常識を覆せば、入居者は笑顔で長生きし、スタッフにやりがいをもたらす

介護業界は現在、介護を必要とする高齢者の増加、介護職員の人手不足や待遇への不満、施設不足による介護難民の発生など、さまざまな問題を抱えています。
多くの施設が「業務優先の一律なケア」に偏り、入居者はもちろんスタッフの満足度も下げていると考えた著者は、「誰もが自分の家で過ごすように暮らせる」理想の介護施設をつくることを決意しました。
「薬は減らせばいい」
「認知症でもどうってことない」
「塩分は気にせず好きな物を食べればいい」
主婦、薬剤師、ケアマネージャーなど、さまざまな顔をもつ著者の、型破りながら入居者に寄り添った介護施設はやがて注目を集め、人気を博していきます。

本書では、著者の視点から介護施設経営の歩みと理念をつづるとともに、本当に必要とされる介護、あるべき介護施設の姿について論じます。

【書籍情報】
書 名:『フツーの主婦だからこそつくれた 入居者が殺到する非常識な介護施設』
著 者:小林 久子(コバヤシ ヒサコ)
発売日:2021年11月16日
定 価:990円(900円+税)
体 裁:新書判・並製/144ページ
ISBN :9784344936867

【目次】
はじめに
第1章 〝誰にでも一律なケアをする介護施設〟が入居者を不幸にする
第2章 「薬は減らそう。塩分なんか気にしなくていい」 入居者が殺到する〝非常識〟な介護施設
第3章 「入居者が喜ぶことだけ考えていればいい」 スタッフがいきいきと働くたった一つの教育
第4章 「介護施設には薬局とデイサービスが絶対必要!」入居者がもっと安心して生活できる
    介護ネットワーク
第5章  入居者の真の幸せは常識の非常識にある
おわりに

【著者プロフィール】
小林 久子(コバヤシ ヒサコ)
近畿大学薬学部出身。OL、結婚、出産、ドイツでの生活を経て帰国し、薬剤師として、地域に貢献できる薬局経営を平成9年に開始。医療の面からだけでなく、生活の面からも地域を支えたいと思い、平成16年に介護部門を設立。東大阪において地元密着型でやってきた。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000248120&id=bodyimage1

配信元企業:株式会社幻冬舎メディアコンサルティング
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る