旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

メタデータ、TV CM割付け超高速マッチングエンジン"xTech for TV CM" を本日発売

2021年11月08日12時00分 / 提供:DreamNews

~量子コンピュータの領域と考えられていた複雑大規模な組み合わせ最適化問題の1つを普通のCPUコア1つで解決~ メタデータ株式会社(所在地:東京都文京区;代表取締役社長:野村直之)は、スポットTV CMの割...

~量子コンピュータの領域と考えられていた複雑大規模な組み合わせ最適化問題の1つを普通のCPUコア1つで解決~ メタデータ株式会社(所在地:東京都文京区;代表取締役社長:野村直之)は、スポットTV CMの割付けを超高速で行う新製品xTech for TV CM (https://metadata.co.jp/xtech-for-tvcm.html) を本日提供開始しました。マッチ数に比例する超高速度で多数対多数を適切にマッチングさせるとともに、スポンサー、曜日や時間帯によって条件が動的に変わる場合でもコードを変更することなく対応し、人間の作業量を1,2桁削減。さらに前後の番組との相性改善によりCM視聴率、ひいては対象商品の購買率向上につながる、優れたマッチング結果につながります。クラウドサービスまたは、各地方TV局のTV CM割付け(=作案)作業のコスト削減により3年以内に投資回収できる対価で営放システムに組み込む形のオンプレミス形式で提供いたします。

■背景 ~なぜTV CM割付けの自動化が困難だったか
 番組間に放映されるスポットCMは、15秒を最小単位として月間数千から数万本、主に、GRPと呼ばれる視聴率に応じて、特定スポンサーが特定の曜日や時間帯に集中し過ぎないように調整して割付けられます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000247501&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000247501&id=bodyimage2

この大がかりな作業(=作案)は平常時は月に数日間、数人から10数人のスタッフにより行われ、五輪等の大きなイベント、大ニュース対応などの他、契約状況等で随時少しずつ修正されます。毎回、新しい番組、CMが登場する上に、作案の結果は天文学的な組み合わせ数から、そこそこ最適な非常の多くの可能性のうちのたまたま1つとなるだけです。機械学習に必要な、大量の類似パターンによる正解データが存在しません。
 さらに、全スポンサーの満足度を総合的に向上させるための制約条件をどのような手順でどのように割り付けているかが、作案作業者の様々なバランス感覚、過去のパターンから培った美的センスに多々依存しています。すなわち、職人芸的な作業、暗黙知によるところがあり、フローチャートのような仕様書の書けない複雑な知識をシステムに反映する必要があります。

■ xTech for TV CMによるコスト削減、短納期、CM価値向上効果
 メタデータ社では、CMと放映枠を点にして左右に並べ、1つの割付け(マッチ)を枝とし、各枝の上に、マッチした場合の得点を様々な要因から算出されるようにした上で、全マッチの合計得点がほぼ最大になるようなデータ構造とアルゴリズムを適用することとしました。このアルゴリズムを備えたエンジン(ソフトウェア)の計算時間は、従来は、点(CM、放映枠)の数の3乗に比例するものが最高速でした。そこを改良して、最終のマッチ数(枝の数)に比例するだけの時間で超高速に計算させるxTechの実装、開発に成功しました。これは、従来は量子コンピュータの領域と考えられていた大規模な組み合わせ最適化問題を普通のPCのCPU 1つで解けるようにしたことと言うことができます。

通常のxTechが、左右の点を結ぶ枝の得点を求める計算式(関数)は固定であるのに対し、TV CMの場合は、スポンサー、曜日や時間帯によって条件が変わります。これに対応して、枝を結ぼうとしたときに、相手によって、関数が動的に変化する仕組み等を導入しました。これにより、多彩な制約条件が毎月のように更新されても、アルゴリズムを変更することなく対応できます。本システムの保守コストが低く、長期にわたって安定動作するゆえんです。結果的に、人間の作業量を1,2桁削減。さらに前後の番組との相性改善によりCM視聴率、ひいては対象商品の購買率向上につながるマッチング結果の改善につながります。
 xTech for TV CM (https://metadata.co.jp/xtech-for-tvcm.html)は、クラウドサービスまたは、各地方TV局のTV CM割付け(=作案)作業のコスト削減により3年以内に投資回収できる対価で、営放システムに組み込んだオンプレミス形式で提供いたします。

■用語解説「GRP」「営放システム」
・GRP ( Gross Rating Point ) とは,特定の期間中に放送されたテレビ CM の視聴率の合計のことです。
・営放システム(営業放送システム)とは、民間放送局(民放)の基幹業務系システムのことです。民放が放送する番組や、コマーシャルメッセージ(CM)などを一元的に管理するシステムとなっています。

配信元企業:メタデータ株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る