旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ユーブロックス、NaviBlind社がu-blox ZED-F9Pの高精度GNSS技術による精度の高い位置情報を活用、視覚障がいの人が一人で安全に歩くための方法を支援

2021年11月05日10時00分 / 提供:DreamNews

~数秒で高精度、手頃な価格、小型サイズ、低消費電力により、NaviBlindアプリを介したGNSSデバイスの高精度ナビゲーションを実現~

~数秒で高精度、手頃な価格、小型サイズ、低消費電力により、NaviBlindアプリを介したGNSSデバイスの高精度ナビゲーションを実現~

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000247239&id=bodyimage1

2021年10月28日、スイス、タルウィル - スイスのu-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社、東京港区、代表 入山 鋭士)は本日、視覚障がい者に自立した安全で柔軟なナビゲーションを提供しているテクノロジー・プロバイダーのNaviBlind社がNaviBlindアプリ(*1)と連携して利用するGNSS(GPSなどの人工衛星を用いた測位システム)ソリューションにu-blox ZED-F9P(*2)高精度モジュールを搭載したことを発表しました。
スマートフォンが普及した今でも、視覚障がい者が新しい場所への行き方を覚えるには、他人に頼らざるを得ません。また、支援技術を利用したとしても、一般的に視覚障がい者が一人で歩いて行ける場所は5か所ほどです。さらに、従来の方法で視覚障がい者がルートをナビゲートする方法を習得する場合は、何時間もかけて歩行訓練士と1対1のトレーニングを行い、広範囲にわたる計画を立てる必要があります。世界保健機関(WHO)の推定によると世界中で約2億8,500万人が視覚障がいを抱えて生活しているため、全ての視覚障がい者にこのようなトレーニングを提供するには膨大なコストがかかります。
2019年創設のNaviBlind社は、視覚障がい者が事前のトレーニングなしで一人で新しい目的地まで歩いていくことを支援しています。GPSデバイスと組み合わせたアプリは、1メートル以上の精度でナビゲーション・メッセージを送信します。
2018年、NaviBlindチームは、多数のGPSソリューションをテストしたものの、必要な精度を備えていない、かさばりすぎる、コストがかかりすぎるなどの問題を抱えていました。その後、新しくリリースされたu-blox ZED-F9P高精度全地球測位システム・モジュールにたどり着きました。

u-blox ZED-F9Pは、4つのGNSS衛星群(GPS、GLONASS、Galileo、BeiDou)すべてのGNSS信号を同時に使用する初のマスマーケット向けマルチバンド・レシーバーで、都市部など受信が困難な環境でも数秒でセンチメートル級の精度を実現するマルチバンド・リアルタイム・キネマティック(RTK)※技術を搭載しています。u-blox ZED-F9Pは、コスト効率が高く、コンパクトで、消費電力も低く、まさにNaviBlind社のビジネス・モデルが必要としていたものでした。

NaviBlind GPSデバイスは、Bluetoothを介してNaviBlindアプリに接続するu-blox ZED-F9Pを活用し、視覚障がい者が正確な音声ナビゲーションによって一人で外出するために不可欠な測位品質を提供します。また、視覚障がい者が歩道や横断歩道の境界内にとどまるようにすることで、車道に出てしまうといった潜在的な危険を回避するのにも役立ちます。これらの機能には、スマートフォン内蔵の位置情報システムでは提供できない高精度な位置情報サービスが必要です。通常のスマートフォンでは、位置情報に10メートルを超える大幅な誤差が生じることもあります。

「NaviBlindアプリでu-blox ZED-F9Pを初めてテストしたときのことをはっきりと覚えています。当社のビジネス・アイデアを実現するのに十分な精度のGPSをついに見つけた、と感じました」と、NaviBlind社共同創設者兼CEOのJonathan Sonne Andersen(ジョナサン・ソーン・アンデルセン)氏は語っています。「u-blox F9技術は、視覚障がい者が一人で安全に歩くための方法を革新するという発想に基づいた当社のビジネス・モデルに合致しました。」

NaviBlind社は、現在はデンマークで展開され、2022年には欧州全域で展開されるこのサービスを利用することで、世界中で約2,500万人が恩恵を受けると推定しています。NaviBlind社は、当初からデンマークの自治体や医療機関と協力することで、視覚障がい者が一人で安全に歩行できるようにすることを目指しています。

※RTKはReal Time Kinematic(相対測位)のことで、固定局と移動局の2つの受信機で4つ以上の衛星から信号を受信する技術です。受信機の間でのやりとりでズレを補正することで、より精度の高い位置情報を得ることができます。主に、農機やドローンなど、より正確な位置情報を求められる分野での活用が期待されています

NaviBlindの仕組みを見る(英語)
https://naviblind.com/#watch
u-blox ZED-F9Pの詳細を見る(英語)
https://www.u-blox.com/en/product/zed-f9p-module

*1: https://www.naviblind.com/
*2: https://www.u-blox.com/en/product/zed-f9p-module

■ユーブロックスについて
スイスのユーブロックス社(SIX:UBXN)は、自動車、産業、および消費者市場におけるポジショニングとワイヤレス通信の世界的なテクノロジーリーダーであり、信頼性の高いソリューション、サービスおよび製品により、人や車両、機械の正確な位置を特定、セルラーネットワークおよび短距離ネットワークを介してワイヤレスでの通信を可能にします。チップ、モジュール、安全なデータサービスと幅広いポートフォリオを備えたu-bloxは、顧客がIoT (Internet of Things) の革新的で信頼性の高いソリューションを迅速かつコスト効率よく開発できるようにする独自のポジションを築いています。スイスのタールヴィルに本社を置き、ヨーロッパ、アジア、米国にオフィスを構えています。詳細についてはwww.u-blox.comをご覧ください。
最新情報は、Facebook、LinkedIn、Twitter @ublox、YouTubeでもご覧いただけます。

日本語の過去のプレスリリースについてはこちらをご覧ください。
https://www.dreamnews.jp/company/0000006081/

■NaviBlindについて
NaviBlind ApSは、視覚障がい者向けの次世代ナビゲーションによる支援を提供しています。この支援により、視覚障がい者は一人での外出が可能になります。NaviBlind ApSはデンマークのコペンハーゲンに拠点を置き、モバイル・ソフトウェア開発、電気工学、および知的財産権の専門知識を持つ約4名の従業員で構成されています。(www.naviblind.com)
Instagram、LinkedIn、Facebook、Twitter @naviblindもご覧ください(英語)。

<お問い合わせ先>
ユーブロックスジャパン株式会社
〒107-0052東京都港区赤坂4-8-6赤坂余湖ビル6階
Application Marketing, Automotive
仲 哲周
電話:090-1263-9796
e-mail: tesshu.naka@u-blox.com

*記載されている会社名および製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。
*本リリースは本社発表リリースの抄訳です。原文はこちらよりご覧いただけます。
https://www.u-blox.com/en/NaviBlind-leverages-u-blox-ZED-F9P-high-precision-GNSS-technology-to-empower-the-blind-and-visually-impaired

配信元企業:ユーブロックスジャパン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る