旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

リーブ21がSDGsイベントを開催 ~11月6日にヘチマ加工やモリンガ試食の体験~

2021年11月04日15時00分 / 提供:DreamNews

正真正銘自分の髪 リーブ21 (本社:大阪市中央区、代表取締役社長:岡村勝正、以下「リーブ21」)は、関西SDGsプラットフォーム公認「共育分科会」と連携し、11月6日(土)にSDGs活動に意欲のある団体や企業、学...

正真正銘自分の髪 リーブ21 (本社:大阪市中央区、代表取締役社長:岡村勝正、以下「リーブ21」)は、関西SDGsプラットフォーム公認「共育分科会」と連携し、11月6日(土)にSDGs活動に意欲のある団体や企業、学校、学生の方々とともに、当社が管理する畑でヘチマ加工やモリンガ※試食の体験イベントを開催します。
これは、リーブ21のSDGsトップコミットメントに掲げている「いのち輝く未来社会実現のために貢献する」活動の一つです。
※CO2を多く吸収する熱帯植物で、種には水質浄化の成分が含まれる

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000247221&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000247221&id=bodyimage2

【ヘチマ加工やモリンガ試食の体験イベント概要】
・日時:2021/11/6(土)14時~16時
・イベント内容
1)ヘチマのカット(種を出す)~煮る~皮むき
2)モリンガの葉の収穫~天ぷらの試食会

【ヘチマの収穫イベントの報告】
2021/10/30に共催した共育分科会との収穫の体験イベント。
参加した学生の方々からのコメント
「モリンガの葉を食べるのは初めて」
「ヘチマがSDGsに役立つとは」
「気持ちいいイベントだったので次も参加します」

■リーブ21は、SDGs活動のヘチマプロジェクトで、家庭からのマイクロプラスチックゴミを減らしてゴール14「海の豊かさを守ろう」達成に挑戦中。
また、モリンガプロジェクトで、ゴール13「気候変動に具体的な対策を」の温室効果ガス対策として、モリンガ※2によりCO2吸収を加速させるため、本州でモリンガを越冬させる実証試験にも挑戦します。
※2 CO2:一般植物の約20倍の量を吸収

【会社概要】
会社名:株式会社 毛髪クリニック リーブ21
代表取締役社長:岡村勝正
ホームページ https://www.reve21.co.jp/
本社所在地:大阪府大阪市中央区城見2-1-61 ツイン21MIDタワー22F
設立:1993年11月、資本金:40,000,000円
主要サービス:頭髪の発毛施術サービス、医療機器の製造販売

配信元企業:株式会社毛髪クリニックリーブ21
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る