旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

次世代AIoTプラットフォーム・最大8G RAM、M.2およびSATA3、PCIe、デュアルギガビットイーササポートしたRockchip製RK3568搭載hハードウエアおよびソフトウエア受託開発開始

2021年10月29日15時00分 / 提供:DreamNews

2021年10月29日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、次世代AIoTプラットフォーム・最大8G RAM、M.2およびSATA3、PCIe、デュアルギガビットイーササポートしたRockchip製RK3568搭載hハードウエアお...

2021年10月29日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、次世代AIoTプラットフォーム・最大8G RAM、M.2およびSATA3、PCIe、デュアルギガビットイーササポートしたRockchip製RK3568搭載hハードウエアおよびソフトウエア受託開発から量産サービスを開始いたします。

最大8Gの大容量RAMをサポートができ、M.2およびSATA3.0インターフェースは、大容量ハードドライブでの拡張を可能にします。デュアルギガビットイーサネットポートを提供し、WiFi6ワイヤレス伝送をサポート、LTEなどのモバイル通信も可能です。アプリケーションプロセッサやネットワークプロセッサを組み合わせた産業用パソコンのような仕様かつAI IoTを実現することが可能です。

◆RK3568クアッドコア64ビットプロセッサ
RK3568クアッドコア64ビットCortex-A55プロセッサは、最新のARM v8.2-Aアーキテクチャを備えており、最大2.0GHzの周波数を備えています。効率が大幅に向上しています。22nmリソグラフィープロセスにより、低消費電力と高性能を特長としています。

◆最大8GBの大容量RAM、全データリンクECC
最大32ビットの幅と最大1600MHzの周波数で最大8GBのRAMをサポートします。全データリンクECCをサポートし、データの安全性と信頼性を高め、大容量メモリ製品アプリケーションの実行要件を満たします。

◆統合されたコプロセッサ
デュアルコアGPU、高性能VPU、高効率NPUと統合されています。GPUは、OpenGL ES3.2 / 2.0 / 1.1、Vulkan1.1をサポートします。VPUは、4K 60fps H.265 / H.264 / VP9ビデオデコードと1080P100fps H.265 /H.264ビデオエンコーディングを実現できます。NPUは、Caffe / TensorFlowなどの主流フレームワークのワンクリックスイッチングをサポートしています。

◆さまざまなディスプレイインターフェイス
MIPI-CSI x2、MIPI-DSI×2、HDMI2.0、EDPビデオインターフェースにより、異なるディスプレイで最大3つの画面出力をサポートできます。内蔵の8MISPは、デュアルカメラとHDRをサポートしています。ビデオ入力インターフェースは、外部カメラまたは複数のカメラに接続できます。

◆デュアルギガビットイーサネットポート
内部および外部のネットワークデータにアクセスして送信できるデュアルアダプティブRJ45ギガビットイーサネットポートにより、ネットワークの伝送効率が向上します。デュアルギガビットイーサネットポートは、ネットワークのスケーラビリティを向上させ、ファミリギガビットネットワーク、DIYギガビットルーター、ソフトルーター、OpenWrtなどのセットアップに使用できます。

◆強力なワイヤレスネットワーク
クラウドサービスとして、WiFi 6(802.11ax)ワイヤレスネットワーク通信がサポートでき、最大帯域幅は160MHzに達し、最高速度は9.6Gbpsに達します。速度はWiFi 5よりも大幅に向上しています。また、WiFi 6はパケット損失率と再送信率が低く、伝送がより安定して安全になります。

◆LTE
クラウドサービスとして、外部通信として、LTE通信を実現することが可能です。

◆オンボードM.2およびSATA3.0インターフェース
オンボードのM.2PCIe3.0およびSATA3.0インターフェースは、それぞれM.2 NVMeSSDおよび2.5インチSATASSD / HDDと接続でき、高速読み取りおよび書き込みと大容量の利点を備えています。

◆RS485およびRS232インターフェース拡張
構成された制御ポート(RJ45)は、1つのRS485と2つのRS232を提供し、RS485 / RS232シリアルポートを使用して外部デバイスに接続し、より多くの外部デバイスを柔軟に制御し、より楽しいプレイ方法を作成できます。

◆オタクシステムで構成
Station OS(Firefly Geek System)は、リビングルームでのプレイ体験を提供します。自宅でテレビやディスプレイを接続するだけで、高精細で大画面で映画やゲームを楽しむことができるホームエンターテインメントセンターを構築できます。

◆サポートされているさまざまなシステムとブート方法
Android、Ubuntu、Linux + QT、Station OS、その他のシステムへのアップグレードをサポートし、TFカード、Uディスク、EMMCなどを介したシステムの起動をサポートします。さまざまなサポートシステムにより、エンターテイメント、仕事、プログラミング学習、クリエイティブ開発がすべて可能になります。

◆さまざまなインターフェース
RS485、RS232 x2、HDMI2.0、USB3.0、USB2.0 x2、Type-C、およびその他のインターフェースを使用すると、外部デバイスの制御と拡張に直接使用できます。

◆画像処理
ARM G52 2EE
OpenGL ES 1.1 / 2.0 / 3.2、OpenCL 2.0、Vulkan1.1をサポート
組み込みの高性能2Dアクセラレーションハードウェア

NPU
0.8Tops@INT8、統合された高性能AIアクセラレーターRKNN NPU
Caffe / TensorFlow / TFLite / ONNX / PyTorch / Keras / Darknetのワンクリック切り替えをサポート
NPUの強化のためのRockchipのNPUプロセッサを追加することにより、高性能AIアクセラレータを強化可能

VPU
4K 60fps H.265 / H.264 / VP9ビデオデコードをサポート
1080P 100fps H.265 /H.264ビデオエンコーディングをサポート
8M ISPをサポートし、HDRをサポートします

◆RAM
2GB / 4GB / 8GB LPDDR4
32ビット、最大1600MHzの周波数、全データリンクECCをサポート

◆ストレージ
32GB / 64GB / 128GB eMMC
M.2 PCIe 3.0×1(2242/2280 NVMe SSDで拡張))
SATA 3.0 x 1(2.5インチSSD / HDDで拡張)
TFカードスロットx1(TFカードで拡張)

◆ハードウェア機能
イーサネット
デュアルギガビットイーサネットポート(RJ45、1000 Mbps)をサポート

◆Wi-Fi/BT
WiFi 6(802.11 AX)をサポート
BT5.0をサポート

◆画面
1×HDMI2.0、4K @ 60fps出力をサポート
2×MIPIDSI、1920 * 1080 @ 60fps出力(またはデュアルチャネル1×MIPI DSI 2560 * 1440 @ 60fps)をサポート
1×eDP1.3、2560x1600 @ 60fps出力をサポート
異なる表示で最大3つの画面出力をサポート

◆オーディオ
1×HDMIオーディオ出力
1×スピーカー出力
1×イヤホン出力
1×SPDIF

◆カメラ
2チャンネルMIPI-CSIカメラインターフェース(MIPI CSI 0 / MIPI CSI 1)
デュアルカメラとHDRをサポートし、バックライトや強い光の条件下でも画像は鮮明に保持

◆OS /ソフトウェア
Android 11.0、Ubuntu 18.04、Buildroot + QT、StationOSを選択可能

ポジティブワンは、仕様設計および見積からのコンサルティング業務も行っており、製品開発の企画段階から相談可能です。その後の開発、信頼性試験、電波法やVCCIのような法的な試験認証、量産まで、一括してサポートしております。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL https://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、「サービスモデル」のための「ものづくり(IoT端末側から)」の仕様設計から開発製造に至るまでのワンスポットソリューションを提供いたします。

今までの半導体関連を取り巻くエンベデッドのプレイヤは、自社開発をしたコア製品を販売することにフォーキャスをしているため、サービスモデルや仕様にあった製品を提案することは難しいかったです。ポジティブワンは、海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できる商社機能、自社のハードウエアからソフトウエアの開発製造、そして、テストから認証サービスのための第三者試験機関との提携と支援サービスにより、多様にあったサービスに対応できます。企画段階での仕様作成、技術的な問題定義や解決、最先端技術の導入に選ばれます。それは、IoT端末以外、自動車、医療、産業機器などの安全性や信頼性を求められる分野での経験や実績を積んでいます。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000246910&id=bodyimage1

配信元企業:ポジティブワン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る