旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【FRONTIER】第12世代 インテル Core プロセッサー搭載 デスクトップパソコン3機種の予約販売を開始

2021年10月28日11時30分 / 提供:DreamNews

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、オリジナルBTOパソコンブランド「FRONTIER」から、第12世代 インテル Core プロセッサーを...

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、オリジナルBTOパソコンブランド「FRONTIER」から、第12世代 インテル Core プロセッサーを搭載したデスクトップパソコンの予約販売を2021年10月28日(木)より開始いたします。

■製品の概要
このたび販売を開始するのは、第12世代 インテル Core プロセッサーを搭載したデスクトップパソコンです。
ラインナップには、スタイリッシュで高いエアフロー性能が特長の≪GBシリーズ≫を採用し、CPUやメモリ、ストレージが異なるモデルを3機種ご用意しました。ご予算や用途に合わせて、 ぜひお好みの1台をお選びください。

この製品は、FRONTIERダイレクトストア( https://www.frontier-direct.jp/ )にて、2021年10月28日(木)より予約販売を開始しています。

■ 第12世代 インテル Core プロセッサー搭載≪GBシリーズ≫はこちら
https://www.frontier-direct.jp/direct/e/ej-12th/?adid=pre&mn=g2021102801&argument=3TgXVMFw&dmai=PR-2110280101

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000246805&id=bodyimage1

■製品の特長
<第12世代 インテルCoreプロセッサー搭載>
第12世代 インテルCoreプロセッサーは「Intel 7」プロセスで製造された最新プロセッサーです。
CPUアーキテクチャはパフォーマンスコア(P-core)と高効率コア(E-core)の2種類のCPUコアで構成されたハイブリッドCPUとなっており、利用状況によって切り替わって動作する為、高性能と低消費電力の両立を実現しています。P-coreはシングルスレッドおよび軽量スレッド・ワークロードのパフォーマンスを重視した設計で、ゲームや仕事などで優れたパフォーマンスを発揮します。E-coreはマルチスレッド・パフォーマンスに最適化されており、二次タスクからの割り込みを最小化します。
実行するタスクを効率的に動作する様に制御・割り当てをする「Intel Thread Director」は最新OS「Windows 11」との組み合わせで、最適なパフォーマンスを発揮する事が可能です。メインメモリはDDR5-4800をサポートしており、より高速なデータ処理が可能になっています。
ハイエンドモデルのCore i9-12900KFは、16コア24スレッドで動作し、最大周波数5.2GHzまで実現可能です。

<MSI PRO Z690-A>
14+1+1 55A Dr.MOSの強力な電源回路を搭載し、最新のCPUの性能を最大限活用可能なスタンダードマザーボードを採用しました。
最新の高クロックなDDR5メモリに対応するためにSMTプロセスを採用することで信号のロスを抑制し安定した動作を実現します。また、Intel 2.5G LAN、USB Type-C 3.2(3.1/3.0) Gen2x2 (Max 20Gbps)など利便性の高い高速伝送可能なポートを搭載しています。最新のPCIe Gen5に対応、対応デバイスを使用することで最大128GB/sの帯域を使用することができます。

<DDR5メモリ>
第12世代 インテルCoreシリーズで初めてサポートされた次世代のDDR5メモリを搭載しています。Data Rate・メモリバンク数・バースト長をDDR4メモリから2倍にアップグレードしたDDR5メモリは、DDR4メモリと比較して消費電力を抑えつつも、データ転送速度は1.87倍高速化しており、パフォーマンスが大きく向上しています。

<Windows 11標準搭載>
Windows 11 はデザインを刷新し、より使いやすいユーザーインターフェースになりました。中央に配置されたスタートボタンを使ったアプリの起動や色分けされたアイコンなど、よりユーザーフレンドリーかつアクセシビリティに設計されています。進化したスナップ機能やウィジェット機能やAndroidアプリの活用と併せて、システムセキュリティも強化されており、利便性と安全性を両立しています。

<白と黒からカラーが選べるスタイリッシュなタワーケース>
前面と背面に大型ファンを搭載し、裏面配線と電源を区分け配置することでエアフローを妨げずより効率的な熱排気が可能なタワーケース≪GBシリーズ≫を採用しました。お好みでケースの色をお選びいただけます。[GBシリーズ:幅:約239mm x 高さ:約510mm x 奥行:約513mm]

配信元企業:インバースネット株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る