旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

クーリード株式会社、新ミッションを策定「SDGsの達成支援」

2021年10月27日13時00分 / 提供:DreamNews

IT事業、教育事業、ドキュメント事業を手掛けるクーリード株式会社東京都千代田区、代表取締役社長 小野崎 康己、以下「クーリード」)では、2021年10月1日より新たなミッションを策定いたしましたので、お知...

IT事業、教育事業、ドキュメント事業を手掛けるクーリード株式会社東京都千代田区、代表取締役社長 小野崎 康己、以下「クーリード」)では、2021年10月1日より新たなミッションを策定いたしましたので、お知らせいたします。

■クーリード・新ミッション
MISSION:「SDGsの達成支援」

■新ミッション策定の背景
パンデミックにより世界の価値観が大きく変わったことで、クーリードのようなベンチャー企業に対しても自社の成長・拡大を目指すだけではなく、新たな責任が求められるようになりました。クーリードの持つリソースとノウハウを活かし、いかにして社会への責任を果たしていくか。その答えの1つが、SDGsの達成に営業外活動ではなく事業として取り組むことであると考え、今回のミッション策定に至りました。具体的には、クーリードの3つの事業部(IT事業部、教育事業部、ドキュメント事業部)それぞれにおいて、次のアプローチで取り組んでいく考えです。

<具体戦略>
・IT事業部:SDGsの17の目標のうち「4.質の高い教育をみんなに」「9.産業と技術革新の基盤をつくろう」へのアプローチとして、学校環境のDX化や産業現場の業務イノベーションをITの力で支援し、推進を後押しすること。

・教育事業部:「1.貧困をなくそう」「4.質の高い教育をみんなに」へのアプローチとして、通信制高校の運営を通じて新たな学びの選択肢を提供し、社会で活躍する人材の育成に貢献すること。

・ドキュメント事業部:「5.ジェンダー平等を実現しよう」「9.産業と技術革新の基盤をつくろう」へのアプローチとして、ジェンダーの偏りのない組織体制でOA機器や産業機器等のドキュメント制作を手掛け、様々な産業の発展に貢献すること。

今後もクーリードでは、IT、教育、ドキュメントの3つの事業のリソースとノウハウを活かし、「SDGsの達成支援」に事業として取り組み、事業として収益を生み出しつつ社会課題の解決に貢献すること、その実現に向けて邁進してまいります。

■クーリード株式会社 概要
所在地: 東京都千代田区富士見1-6-1 フジビュータワー飯田橋9F
代表者: 代表取締役社長 小野崎 康己
事業内容: IT事業、ドキュメント事業、教育事業
URL: https://www.coolied.co.jp/

代表的サービス:
1.学校(校務支援)ICTシステム『schnote(スクノート)』:https://www.coolied.co.jp/schnote/index.php
2.単位制・通信制高校サポート校『神村学園東日本教育サポートセンター』:https://kamimura-east.jp/
3.マニュアルAIシステム『CAMM』

<お問い合わせ先>
・本リリースに関するお問い合わせ、取材お申し込みは下記までお願いいたします。
クーリード株式会社
〒102-0071 東京都千代田区富士見1-6-1 フジビュータワー飯田橋9F
TEL: 03-4567-0140
Mail: s.nukina@coolied.co.jp
担当: 貫名(ぬきな)

配信元企業:クーリード株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る