旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ターン制タクティカルゲーム『ウォーハンマー40,000:メカニカス』2022年1月27日発売決定!

2021年10月28日10時00分 / 提供:DreamNews

Kalypso Media Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、以下、カリプソメディアジャパン)は本日10月28日、全世界で470万人が遊んでいる人気テーブルゲーム『ウォーハンマー40,000』シリーズから、ターン制タクティ...

Kalypso Media Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、以下、カリプソメディアジャパン)は本日10月28日、全世界で470万人が遊んでいる人気テーブルゲーム『ウォーハンマー40,000』シリーズから、ターン制タクティカルゲーム『ウォーハンマー40,000:メカニカス』を、2022年1月27日にPlayStation4、Nintendo Switch向けに発売することを発表いたします。あわせて、全国のゲームショップおよびオンラインストアにてパッケージ版の予約受付を開始したことをご案内いたします。

『ウォーハンマー40,000:メカニカス』コンソールティザートレーラー
YouTube https://youtu.be/FEBwIsFnOCw

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000246682&id=bodyimage1

機械の栄光を讃えよ!
暗黒の41千年紀。人類存亡を賭して戦うターン制タクティカルゲーム

アデプトゥス・メカニカス(帝国技術局)は、聖地とされる地球(テラ)を中心とした一大星間国家・帝国(インペリウム)と、帝国に敵対するさまざまな勢力との戦いにフォーカスして描かれる『ウォーハンマー40,000』に登場する勢力のひとつ。帝国内で最も高度な技術を持つ軍隊のひとつで、万機神(オムニシア)と呼ばれる機械神を崇拝。人体のほとんどが機械化されている。彼らの使命は、火星(マーズ)の敵を殲滅し、人類の古代技術-失われた太古のテクノロジーを再発見して万機神の栄光を讃えること。プレイヤーは、『アデプトゥス・メカニカス』の部隊を操り、教団の信徒であるテック・プリーストや部隊を率いて戦術的な探求に挑みます。
『アデプトゥス・メカニカス』の個性際立つカルトな世界観と白熱の戦闘をお楽しみください。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000246682&id=bodyimage2

ゲームのおもな特徴 戦略×探索×編成を楽しむターン制ストラテジー

【戦略】圧倒的な武力と戦略で敵を残滅して排除せよ!
プレイヤーは移動や攻撃を行うたびに“コグニッションポイント”を消費。戦略に応じて武器や能力を使い分け、ゼノの奇襲に備えてトゥームの脅威を排除し、自らの任務完遂を目指そう!

【探索】トゥームを調査して<技術>を入手せよ!
<異種族:ゼノ>が待ち受ける惑星シルヴァ・テネブリスのトゥームを探索し、待ち受ける敵や罠を攻略。トゥームのデータを解析して<失われた技術>を手に入れるのだ。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000246682&id=bodyimage3

【編成】肉は脆弱なり!不確実な肉体を機械神に近づけよ

<万機神:オムニシア>が祝福を授けた金属で武器、支援アイテム、サーボスカル、その他のメカニカルを強化してテック・プリーストを強化しよう。トゥームで手に入れた装備やアイテムで、自分だけのテック・プリースト(機械の体に置き換えた機械教団の信徒)を創り上げよう。複数のキャラクタークラスから選択して各プレイスタイルの分隊を作成し、その役割をカスタマイズすることであらゆるプレイスタイルに対応した最強の編成を作り上げよう。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000246682&id=bodyimage4

パッケージ/デジタル版共通 収録デジタルコンテンツ

●アートブック(英語版/カラー103ページ)
●サウンドトラック(11曲収録)
●Warhammer 40,000: Mechanicus -Heretek
海外版『Warhammer 40,000:Mechanicus』の有償DLC。新たなストーリーイベントを収録。
※「WARHAMMER 40,000 E-SHORT STORY」、「EXCLUSIVE HERETEK MUSIC TRACK」、「HERETEK+ DIGITAL ARTBOOK」は収録されていません。

【製品情報】

タイトル:ウォーハンマー40,000:メカニカス
対応機種:PlayStation4, Nintendo Switch,Steam*
発売日:2022年1月27日(木)
価格:PlayStation4/Nintendo Switch版ともに5,478円(税込)
ジャンル:ターン制タクティカルゲーム
プレイ:人数オフライン1人(シングルプレイ専用)
言語仕様字幕:(日本語/英語)音声(英語)
CEROC :C(15歳以上対象)
販売元:Kalypso Media Japan株式会社
公式サイト:https://kalypsomedia.co.jp/mechanicus40k/

*Steam版配信中。2022年1月27日より日本語サポート対応開始予定

Warhammer 40,000: Mechanicus (C) Copyright Games Workshop Limited 2022. Mechanicus, the Mechanicus logo, GW, Games Workshop, Space Marine, 40K, Warhammer, Warhammer 40,000, 40,000, the ‘Aquila’ Double-headed Eagle logo, and all associated logos, illustrations, images, names, creatures, races, vehicles, locations, weapons, characters, and the distinctive likeness thereof, are either (R) or TM, and/or (C) Games Workshop Limited, variably registered around the world, and used under licence. All rights reserved to their respective owners.

■カリプソメディアグループについて

カリプソメディアグループ(Kalypso Media Group GmbH)は、2006年にドイツで創業したインタラクティブ・エンターテイメント・ソフトウェアのパブリッシング、開発、販売を行う独立系企業です。ドイツ、イギリス、日本、アメリカの9つの拠点に150人の従業員を擁し、グループには、Kalypso Mediaのデジタル・ファースト・レーベルであるKasedo Gamesや、RealmforgeStudios、Gaming Minds Studios、Claymore Game Studios3つの開発スタジオも含まれています。カリプソメディアのIPラインナップには、トロピコ(Tropico)、コマンドス(Commandos)、ポートロイヤル(Port Royale)、ダンジョンズ(Dungeons)、サドンストライク(Sudden Strike)、レイルウェイエンパイア(Railway Empire)などがあります。2021年10月には、新たなスタジオとしてドイツ・ミュンヘンに「Nine Worlds Studio」を開設。『トロピコ7』のプロジェクト始動を発表しました。

■カリプソメディアジャパンについて

Kalypso Media Japan株式会社は、カリプソメディアグループ初のアジア地域オフィスで、自社タイトルの日本での発売、マーケティング、ローカライズを目的に2020年10月に東京都渋谷区に設立されました。
今後も自社タイトルの発売を行ってまいります。

■会社概要

会社名:Kalypso Media Japan株式会社
代表取締役:上田和弘
URL: https://kalypsomedia.co.jp/
Twitter: https://twitter.com/kalypsomediaJP

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000246682&id=bodyimage5

配信元企業:Kalypso Media Japan株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る