旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「協働ロボットの世界市場:ペイロード別、用途別2027年予測」リサーチ最新版刊行

2021年10月22日11時00分 / 提供:DreamNews

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「協働ロボットの世界市場:ペイロード別、用途別2027年予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】協働ロボットの世界市場規模は2021年の12億ドルか...

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「協働ロボットの世界市場:ペイロード別、用途別2027年予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
協働ロボットの世界市場規模は2021年の12億ドルから成長し、2027年までに105億ドルに達すると予測されています。レポートは協働ロボットの世界市場について2027年までの市場予測データ(金額US$、台数Units)を掲載しています。また市場をさまざまな切り口で細分化し、そのセグメント市場ごとの市場予測を中心に構成されています。当レポートでの各種セグメント市場の区分は、ペイロード別市場、コンポーネント別市場、用途別市場、産業別市場、および主要国地域別市場、などとなっています。また協働ロボットとIoTの統合、競合状況、主要企業情報(25社)、ファイブフォース分析、事例研究などの分析情報も加味し、協働ロボット市場の今後成長性および動向を詳細にレポートしています。

【英文市場調査レポート】
協働ロボットの世界市場:ペイロード別、用途別2027年予測
Collaborative Robot Market with COVID-19 Impact Analysis, Component, Payload (Up to 5 Kg, 5-10 Kg, and Above 10 Kg), Application (Handling, Processing), Industry (Automotive, Furniture & Equipment), and Region - Global Forecast to 2027
https://researchstation.jp/report/MAM/26/Collaborative_Robot_2027_MAM2606.html

【レポート構成概要】

◆協働ロボットの世界市場予測2017-2027年
・市場規模(US$)
・台数(Units)

◆ペイロード別、市場-2027年
・5kg以下
・5-10kg
・10kg超
※(市場規模US$、台数Units)
※ペイロード別に用途別、産業別に細分化データ掲載

◆コンポーネント別、市場-2027年
ハードウェア
・ロボットアーム
・エンドエフェクタ/エンドオブアームツール(EOAT)
・ドライブ
・コントローラ
・センサ
・電源
・モータ
・その他

ソフトウェア
※(市場規模US$)

◆用途別、市場-2027年
ハンドリング
・ピックアンドプレース
・マテリアルハンドリング
・包装/パレタイズ
・マシンテンディング

組み立て/分解
溶接/はんだ付け
ディスペンシング
加工
・研削
・ミリング
・切断
その他
※(市場規模US$、台数Units)
※用途別にペイロード別、産業別に細分化データ掲載

◆産業別、市場-2027年
・自動車
・エレクトロニクス
・金属/機械加工
・プラスチック/ポリマー
・食品飲料
・家具/設備
・ヘルスケア
・その他
※(市場規模US$、台数units)
※産業別にペイロード別、用途別の細分化データ掲載

◆主要国地域別市場-2027年
北米
・米国、カナダ、メキシコ
欧州
・ドイツ、イタリア、スペイン
・フランス、英国
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、韓国
・台湾、タイ、インド
・その他アジア太平洋
その他地域
・中東アフリカ
・南米
※地域別に産業別の細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・サプライチェーン分析
・エコシステム分析
・ファイブフォース分析
・事例研究
・貿易分析
・平均販売価格分析
・COVID-19の影響
・市場シェア分析(2020)
・競合状況

◆協働ロボットとIoTの統合
◆協働ロボットの主要企業プロフィール動向
・UNIVERSAL ROBOTS
ファナック株式会社
・ABB
・TECHMAN ROBOT
・KUKA
・DOOSAN ROBOTICS
株式会社デンソー
株式会社安川電機
・PRECISE AUTOMATION
・RETHINK ROBOTICS

(その他企業)
・MABI ROBOTIC
・FRANKA EMIKA
・COMAU
・F&P ROBOTICS
・STÄUBLI
・BOSCH REXROTH
・PRODUCTIVE ROBOTICS
・WYZO
・NEURA ROBOTICS
・ELEPHANT ROBOTICS
・ELITE ROBOT
・KASSOW ROBOTS
・SIASUN
・MIP ROBOTICS
・HANWHA CORPORATION

(全320頁)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000246351&id=bodyimage1

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
https://researchstation.jp/report/MAM/26/Collaborative_Robot_2027_MAM2606.html

発行元:MarketsandMarketsについて
https://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2021年10月5日

★関連レポート
「産業用ロボットの世界市場:2026年に至る産業別、ロボットタイプ別予測」
https://researchstation.jp/report/MAM/25/Industrial_Robotics_2026_MAM2513.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:https://researchstation.jp/index.html

配信元企業:リサーチステーション合同会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る