旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

キッズアスリート向けスポンサー獲得体験サービス「kidss」リリース!!

2021年10月20日18時00分 / 提供:DreamNews

ワールドスポーツコミュニティ株式会社は、『未来あるキッズアスリートを支える』をコンセプトに、SDGs認定の世界初のスポーツ×教育プログラムで、スポンサー獲得体験ができる「kidss」を2021年10月20日にリリー...

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000246248&id=bodyimage1

ワールドスポーツコミュニティ株式会社は、『未来あるキッズアスリートを支える』をコンセプトに、SDGs認定の世界初のスポーツ×教育プログラムで、スポンサー獲得体験ができる「kidss」を2021年10月20日にリリースいたしました。( https://kidss.jp/ )当サービスは、世界中の企業にご参加いただき、プロスポーツ選手を目指してスポーツに打ち込むすべての小中学生のキッズアスリートが、幼い頃から企業との関わりを持ち、プロ選手としてだけでなく社会人として必要な能力やスキルを身につけること、社会のしくみを理解し、自身のキャリア形成を考えることを目的とした、キッズアスリートと彼らを支えるスポンサー企業とをつなぐプラットフォームです。

このプラットフォームでは、キッズアスリートが主役となり、自身の可能性や活動の幅を広げるため、興味のある企業へスポンサーオファーを出し、契約が成立すると、スポンサー活動が始まります。契約が成立したスポンサー企業からは、物品・サービス・金銭などのさまざまな支援を受けられる仕組みです。キッズアスリートに、楽しみながらプロとしての自覚を持ち、スポンサー活動を体験してもらうことで、自立心や発信力、コミュニケーション能力を育み、成功体験を積み重ねることで自信を持たせることにつながります。また、将来プロとして活動する際に不可欠となるスポンサー活動に対する理解も深まり、キャリア形成の大きな助けとなることは間違いありません。

なお、これらの経験のなかで、自身の強みや興味がどこにあるのか、自己探索をしつつ、選手としての道はもちろん、将来のあらゆる可能性を探り、プレー以外の場でも自身の魅力を最大限発揮できる力を自然に身につけ、活躍の場を広げていってほしいと考えております。

子どもたちにとって「スポンサー獲得体験」は、社会勉強・経験値アップ・キャリア教育の一環となり、一方、企業側においては特定のネットワークにおける自社ブランドや商品・サービスの認知拡大、また未来を担う子どもたちとの良好な関係を築くことで、未来の自社人材の早期発見・確保につながり、社会貢献の観点から広報やブランディングにつなげることもできる取り組みです。

多くのキッズアスリートがプロ選手として社会人として立派に成長し、可能性を広げ、チャンスを掴めるプラットフォームとなることを目指し、スポーツの種類は限定せず、あらゆるスポーツ、キッズアスリートにスポットが当たる仕組みにいたしました。また、国内だけでなく海外にも目を向け、世界に羽ばたく人材の創出・原石発掘のため、世界中のキッズアスリート・企業が利用できるよう、多言語展開も視野に入れプラットフォームを形成しております。

なお、ご参加いただく企業には、スポンサーとなるメリットは最大限感じていただきたいと考えておりますが、何よりも子どもたちの「教育」や「未来の可能性」に投資し、子どもたちの成長や経験を第一に、お力添えいただける企業にご参加いただきたいと考えております。当サービスの理念に共感し、興味を持ってくださった企業の方は、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

【子どもたちのメリット】
1.キャリア形成を考える機会に
子どもの頃からスポンサー活動を経験することで、プロ選手として社会人として必要な要素や社会のしくみを知ることができ、多種多様な業界・企業と関わりを持つことで、選手としての道だけでなく、進学・就職含めあらゆる可能性を探るキャリア形成を考えるいい機会となります。

2.将来のスポンサー、就職先などネットワークづくりに
スポンサー獲得体験を通じて早期から企業とコミュニケーションをとることで、プロ選手として活躍するまでの成長過程をともに過ごしたという愛着もわき、継続的にスポンサー支援をしてもらえる可能性は高くなります。またプロにならず就職する場合にも、通常就職活動は大学生になってから始めることが多いですが、子どもの頃からさまざまな企業を知り、関係性を構築しているため、アドバンテージになり、幼少期のスポンサー企業が就職先となる可能性もあります。

3. 両親の仕事に対する理解を深めるきっかけに
子どもは両親の仕事内容を知らないことも多いため、実際に企業との関わりを持つことで、親の仕事への理解促進や興味喚起につながり、また一緒にスポンサー活動をすることで、親子のコミュニケーションや絆が深まります。

【企業側のメリット】
1.「企業ブランドの価値向上」と「未来の自社人材の早期発見・確保」
一時的なスポンサードに留まらず、企業と子どもの関係構築ができることで、十数年後、同じフィールドで活躍することになるかもしれない子どもたちと自社との「未来戦略」を立てることに役立ちます。また、口コミによる自社の認知拡大、評価アップ、将来自社で働くことになるかもしれない人材の発掘、あるいは顧客予備軍の確保として、世界中の子どもたちとの良好な関係構築が可能です。

2. CSR、SDGs、広報、またマーケティング施策として
子どもたちに「スポンサー獲得体験」をさせることで、「教育」「社会貢献」など社会的意義のある広報施策としての展開が可能です。また、保護者や子どもによる口コミの波及効果や「将来顧客」になり得る子どもたちの考え方や価値観に触れることで、あらたな視点を獲得でき、マーケティング戦略につなげることができます。子どもの意見を反映した商品開発や新規事業をいち早く市場に投入したりするなど、攻めのビジネス展開につなげることも可能です。

3.従業員満足度アップに(企業と従業員との関係性強化)
自社の従業員の子どもが、自社のスポンサードを受けることも大いにあると思われます。子どもとともにスポンサー活動をすることで、家族の絆が深まり、それは従業員満足度の向上や愛社心向上などにもつながります。企業と従業員、そしてその家族も含めた輪の関係構築により、個人・企業が互いに刺激し合いながら、相乗効果的に成長していくことが期待できます。

配信元企業:ワールドスポーツコミュニティ株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る