旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

バフェットはなぜ商社株を買ったのか 日本経済は空前絶後の転換点を迎えた!脱炭素の迷走、中国の暴走でも株は上がり続ける! 株高・資源高に向かう世界経済入門 株がバブルというウソ

2021年10月14日12時00分 / 提供:DreamNews

株式会社ビジネス社(東京都新宿区 代表取締役:唐津隆)は、新刊書籍『株高・資源高に向かう世界経済入門株がバブルというウソ』を2021年9月24日に発売いたしました。ぜひ、貴メディアにてご紹介いただけますと...

株式会社ビジネス社(東京都新宿区 代表取締役:唐津隆)は、新刊書籍『株高・資源高に向かう世界経済入門
株がバブルというウソ』を2021年9月24日に発売いたしました。ぜひ、貴メディアにてご紹介いただけますと幸いです。

■生き残りをかけた真の激動時代がやってくる!
本書では、経済アナリスト・朝倉慶が、日本の変わらないデフレ体質、危うい中国の動き、地球環境の問題、株価の先行きを分析、個別株についてもじっくり解説します。株価がなぜ高くなるのか、本当の「バブル」とは何かについて解説します。

(まえがきより)
安定して穏やかだった時代は終了しました。真の激動の時代がこれからやってきます。現在起こっている多くの混乱はその序章に過ぎません。
今後あらゆるものが想像を超える事態となって、われわれに迫ってくるのです。
みるもの、聞くもの、体験するもの、すべて驚愕の事象が襲ってくるでしょう。
これからは国も個人も生き残りを賭けた時代となっていきます。転換点での様々な選択がその人の人生を変えていきます。今起こっているすべての事象を甘く見ないほうがいいと思います。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000245909&id=bodyimage1

◆目次
第1章 賃金動向とインフレの問題
第2章 中国共産党創立100年の軌跡
第3章 凋落する中国の政治と経済
第4章 脱炭素と資源価格の高騰
第5章 上昇トレンド不変の株式市場
第6章 朝倉慶が読みとく注目株

(著者)朝倉慶
(価格)1,760 円 (税込)
〈発売日〉2021年 9月 24日
〈出版元〉ビジネス社

配信元企業:株式会社ビジネス社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る