旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

カスタマーサクセス支援サービス「VOICE TICKETS」 2021年10月18日リリース&記念キャンペーン実施のお知らせ

2021年10月11日10時00分 / 提供:DreamNews

株式会社システムインテグレータ(本社:さいたま市中央区、代表取締役社長:梅田弘之、東証1部:証券コード3826、以下「当社」)は、エンドユーザーの声を直接聴けるカスタマーサクセス支援サービス「VOICE TICK...

株式会社システムインテグレータ(本社:さいたま市中央区、代表取締役社長:梅田弘之、東証1部:証券コード3826、以下「当社」)は、エンドユーザーの声を直接聴けるカスタマーサクセス支援サービス「VOICE TICKETS」を2021年10月18日(月)にリリースします。また、リリース記念として、2021年12月末までサービス料金が70%オフになるキャンペーンを実施します。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000245563&id=bodyimage1

◆VOICE TICKETS(ボイチケ)とは
VOICE TICKETS(以下、「ボイチケ」)は、エンドユーザー(以下、「利用者」)の声を集めて蓄積・管理できるカスタマーサクセス支援ツールです。利用者は1クリックでサービス・製品に対する要望や不満を投稿でき、事業者は上げられた声を進捗別に分類して管理できます。利用者の生の声として得られたフィードバックを活かすことで、製品の改良やサブスクリプションモデル(以下、「サブスクモデル」)における解約率(チャーンレート)の低下につながります。

◆サブスクモデルにおけるカスタマーサクセスの重要性
サービスや製品の改善に活かすため、企業はさまざまな工夫をして利用者の声を集めています。特に近年は「所有から利用」へと消費スタイルが変わり、サービス提供の形態もクラウドサービス(SaaS)などに代表されるサブスクモデルが主流となっています。このモデルで最も重要視されているのがチャーンレートの低下です。これを実現するために、顧客を成功に導く「カスタマーサクセス」の取り組みが世界的に広まっています。

◆カスタマーサクセスの課題
カスタマーサクセスにおける最大の課題は、利用者からのフィードバックを得られないことです。通常、事業者が接するのはユーザー企業の導入担当者であることがほとんどで、利用者の要望や不満を把握するのは難しい状況です。その結果、サービス・製品をうまく使いこなせていない、不満を抱えたまま解消されない、という利用者が放置された状態となり、結果解約に至ってしまいます。

◆ボイチケの利用イメージ
ボイチケは、このカスタマーサクセスにおける課題を解消するために開発された新発想のツールです。クラウドサービス(SaaS)事業者がボイチケを組み込む例をもとに利用イメージをご説明します。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000245563&id=bodyimage2

(1) 声を集める
利用者は、利用中のサービス画面上に設置されたボイチケアイコンをクリックして、要望や不満などを送信します。

(2) ステータスで管理する
事業者(SaaSベンダー)は、ユーザー各社の利用者から上げられた声をチケットとして蓄積します。チケットは、画面のように6つのステータス、Voice(登録)・Nomination(候補)・Planned(計画)・InProgress(進行中)・Completed(完成)・Closed(クローズ)に分類・管理され、製品やサービスの改良に活用されます。

(3) 利用者と事業者のコミュニケーション
事業者は、チケット上のコメント機能で利用者と双方向のコミュニケーションをとることができます。利用者は自分の声がどう受け止められたかがわかるため、安心感や満足度の向上にもつながります。

◆実証実験
リリース前に当社の2つのクラウドサービスにボイチケを組み込み、効果を検証しました。

(1) プロジェクト管理システム「OBPM Neo」
利用者150名程度の企業に対してボイチケを使って要望を集めました。画面のようにOBPMのヘルプに「フィードバック」のリンクを設置し、利用者はここからOBPMに対する要望を登録します。2カ月の検証の結果、1月目12件、2月目12件、合計24件の声がフィードバックされました。当社ではこの結果を受けて、リリース後200社に展開を拡大する計画を立てています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000245563&id=bodyimage3

(2) アイデア発想支援サービス「IDEA GARDEN」
IDEA GARDENには、ヘルプのリンクではなくボイチケアイコンを埋め込みました。1月目12件、2月目27件、合計39件もの声が集まり、現在はその内容をもとに製品の改良を行っています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000245563&id=bodyimage4

◆ボイチケを利用する企業
ボイチケは、利用者の声を「聴く」「蓄積・管理する」「利用者とコミュニケーションをとる」というすべての企業に共通のニーズを満たすツールであるため、非常に幅広い用途で利用できます。代表的な想定利用者を以下に示します。

(1) SaaS利用者
SaaS事業者が提供しているサービスにボイチケを組み込むことで、カスタマーサクセスに欠かせない貴重な情報を集めることができます。

(2) 社内システム利用者
社内システムの改善は多くの企業で共通する課題です。ボイチケを使って社内利用者の声を定常的に集めて整理することで、社内システムを改善し、継続的に業務効率化を推進できます。

(3) ソフトウェアやゲームのユーザー
クラウドサービスでなく、オンプレミス製品でもボイチケは有効です。ソフトウェアにボイチケを組み込み、アイコンを設置することで、利用者は簡単に要望を送れるようになります。

(4) 製品やサービスの利用者全般
ソフトウェアだけでなく、ハードウェアや役務サービスなどの利用者の声もボイチケで集められます。QRコードを読み取る、あるいはリンクをクリックするだけでボイチケの画面を表示でき、製造業をはじめとするあらゆる業種の企業で活用いただけます。

◆ボイチケの利用料金
利用者の生の声はRaw Voiceとして蓄積されます。この中から事業者がピックアップしたものがVoiceとして登録されます。ボイチケでは、新規登録できるVoiceの件数によってBronze、Silver、Goldの3種類の契約プランを提供いたします。
※Raw Voiceおよび削除されたチケットはVoiceとしてカウントされません。

◆契約プラン:Voiceの年間上限(年間利用料金)
 ・Bronze:1200件(¥600,000)
 ・Silver:2400件(¥1,200,000)
 ・Gold:無制限(¥3,600,000)

◆リリースキャンペーン
2021年12月31日までにご契約いただいた場合は、発売記念として通常年間料金の70%引きで提供いたします。

◆販売目標
カスタマーサクセスは、今まさに多くの企業で専門部隊が設けられ、取り組みが強化されています。当社は、この時代のニーズを背景にボイチケが幅広いユーザーにご利用いただけるサービスになると見込んでおります。
ボイチケはクラウドサービスとして、蓄積型で売上が伸びるビジネスモデルを採用しております。売上目標として、初年度18,000千円、5年後110,000千円を目指します。

製品ホームページ:https://products.sint.co.jp/voicetickets

株式会社システムインテグレータについて】
会社名:株式会社システムインテグレータ
証券コード:3826(東証1部)
代表者:代表取締役社長 梅田 弘之
本社所在地:埼玉県さいたま市中央区新都心11-2 ランド・アクシス・タワー32階
設立:1995年3月
資本金:3億6,771万円
URL:https://www.sint.co.jp/

事業内容:
・パッケージソフトウェアおよびクラウドサービス(SaaS)の企画開発・販売、コンサルティング(EC、ERP、開発支援ツール、プロジェクト管理ツール、プログラミングスキル判定サービスなど)
・AIを使った製品・サービスの企画開発および販売、AI関連のソリューションの提供・支援およびコンサルティング

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社システムインテグレータ
TEL:048-600-3883(担当:岸)
E-mail:r.kishi@sint.co.jp
※本広報資料はご自由に転送/引用いただけます。
※記載されている商品名は、各社の商標または登録商標です。

配信元企業:株式会社 システムインテグレータ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る