旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

100周年記念事業の第八弾 世界的建築家 隈 研吾 氏とのコラボレーションによる 「クマヒダ」シリーズに、新たにラウンジモデルを追加

2021年10月07日11時00分 / 提供:DreamNews

 飛騨産業株式会社(本社:岐阜県高山市、代表取締役社長:岡田贊三、以下、飛騨産業)は、昨年2020年8月10日に創業100周年を迎えました。それにあたって、2019年より様々な記念事業に取り組んでおります。 こ...

 飛騨産業株式会社(本社:岐阜県高山市、代表取締役社長:岡田贊三、以下、飛騨産業)は、昨年2020年8月10日に創業100周年を迎えました。それにあたって、2019年より様々な記念事業に取り組んでおります。
 このたび第八弾として、世界的建築家 隈 研吾 氏とのコラボレーションによる「クマヒダ」シリーズ(ダイニングモデルを飛騨産業100周年記念事業の第一弾として発表)に、新たにラウンジモデルを追加しますのでお知らせいたします。

1. 「クマヒダ (KUMAHIDA)」シリーズ、ラウンジモデルの概要
 柔らかいクッションや布・革を纏うのではなく、樹木が持つ「柔らかさ」と「軽やかさ」を表現した、ワンランク上の木の文化や日本らしさが感じられる、新しいラウンジモデルを提案します。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000245424&id=bodyimage1

 2019年9月に飛騨産業100周年記念事業第一弾として登場した、ダイニングチェアと同じコンセプトを踏襲。飛騨産業の高度な曲木・切削技術を活かして、紡錘形断面の持つ滑らかな曲面が、膨らみのある「柔らかさ」とシャープな「軽やかさ」を高い次元で両立しています。
 また、今回のラウンジモデル開発にあたっては、隈 研吾 氏より「日本の『おもてなし』の新たなカタチとして、世界中の人々に『木が削り込まれたシート』に座っていただきたい」という要望を受け、本モデルは背や肘、座面*1に至るまで木の質感を十二分に活かしたデザイン。
 従来のラウンジチェアは柔らかなクッションやファブリックで構成されるのが一般的ですが、体に当たる部分は木材を削り込むことで、クッションを必要としない新しいラウンジチェアの形を目指しました。
 また、置かれる空間の魅力を際立たせるため、視線を遮る背束*2が無い独特の構造で「抜け感」を重視。構造的な強度確保と美しいデザインが、絶妙なバランスで実現されています。
*1:座面は板座・張り座から選択可能。
*2:椅子の背を支える、縦の柱状パーツ。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000245424&id=bodyimage2

2. 飛騨産業「4つの価値観」と、100周年記念事業の位置付け
 創業100年を契機に、改めて自分たちが何者なのかを自問自答し、「企業としての事業方針」「製品・サービスの展開カテゴリー・開発方針」「社員1人1人の行動指針」など、様々なレイヤーにおける普遍的な考え方を全て包括するものとして、「4つの価値観」という形に整理、言語化しました。
  人を想う: 「立ち上がりたくない椅子」に代表されるように、常に使う人を思い遣り、気遣い、
        感謝しながら、心地良い時間や空間創りに貢献する。
  時を継ぐ: 連綿と続く歴史と文化を背景に、先人たちの思想や知識、技術を受け継ぐ誇りと、
        確実に次代へバトンを渡すという使命。
  技を磨く: その時々の時代に応じた困難な課題に対して、新たな技術革新を自ら起こす、
        果敢なチャレンジ精神。
  森と歩む: 「節の家具」に代表されるように、当社の全ての事業は、森からの恵みによるものだと
        強く自覚し、豊かな森林資源と、そこに暮らす生命を育むよう、共に歩む。

 本「クマヒダ」シリーズは、ダイニング・ラウンジいずれも「技を磨く」に位置付けています。
 「クマヒダ」シリーズは、前脚から肘木~背へと連続する曲木が特徴ですが、「抜け感」を表現するために構造部材である背束が取り除かれ、背板が浮いているような造形になっており、ダイニングチェア以上の強度を要求されるラウンジモデルでの実現は困難を極めました。
 木材の特性や構造強度を熟知し、高い木工技術を駆使することで生み出したオリジナリティ溢れるフォルムは、「技を磨く」の象徴として相応しい存在です。

3. 「クマヒダ」シリーズ(ラウンジモデル)の販売価格および提要予定時期

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000245424&id=bodyimage3

いずれも2021年12月下旬より受注開始予定。

4. 100周年記念モデル特別仕様
 100周年記念モデルの特別仕様として、椅子の背面やテーブルの天板裏面に、隈 研吾 氏のサインが入った銅製の記念プレートが取り付けられます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000245424&id=bodyimage4

5. 本製品の展示、およびイベント出展について
 この「クマヒダ」シリーズ(ラウンジモデル)は、本日より当社直営店「HIDA 高山店」にて展示いたします。
 (HIDA 高山店:岐阜県高山市名田町1-82-1

また、以下のイベントに出展予定です。近くにお立ち寄りの際は是非ご覧ください。
<イベント名・期間・場所>
 ・高島屋「飛騨の匠」展
  2021年10月13日(水)~10月26日(火)
  ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階催事場/名古屋市中村区名駅1-1-4

 ・東京ミッドタウン デザインタッチ2021
  2021年10月15日(金)~11月3日(水祝)
  HIDA 東京ミッドタウン店/東京都港区赤坂9-7-3 E-0301 東京ミッドタウン ガレリア3F

 ・IFFT/インテリアライフスタイルリビング
  2021年10月18日(月)~10月20日(水)
  東京ビッグサイト東京国際展示場)南展示棟/東京都江東区有明3-11-1

 ・飛騨の家具(R) フェスティバル
  2021年11月15日(月)~11月17日(水)
  HIDA 高山店/岐阜県高山市名田町1-82-1

配信元企業:飛騨産業株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る