旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

電子廃棄物(E-waste)管理市場-処理別(リサイクル、埋め立てなど);材料タイプ別(金属、ガラス、プラスチックなど);ソース別(家電製品、業務用機器など)-グローバル需要分析と機会見通し2030年

2021年10月05日18時00分 / 提供:DreamNews

Research Nester Private Limitedは、電子廃棄物管理市場の予測評価を提供する調査レポートを2021年09月 23日 に発刊しました。これは、電子廃棄物管理市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつか...

Research Nester Private Limitedは、電子廃棄物管理市場の予測評価を提供する調査レポートを2021年09月 23日 に発刊しました。これは、電子廃棄物管理市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3351

世界の電子廃棄物管理市場は、2022ー2030年の予測期間中に、適度なCAGRで成長することにより、重大の収益を上げると推定されています。市場の成長は、急速なグローバルデジタル化と生活のあらゆる側面での電子機器の採用により、電子廃棄物の生成の増加に起因する可能性があります。2019年には、世界中で5,000万メートルトンを超える電子廃棄物が発生しました。電子廃棄物の不適切かつ無責任な処分は、生物に危険を及ぼす可能性があります。環境中の鉛の開放処分は、鉛中毒によって引き起こされる腎臓や神経障害を含むさまざまな病気を引き起こす可能性があります。さらに、高価で大規模な採掘活動によって得られる電子部品には、さまざまな貴金属が使用されています。

これらの金属はリサイクル可能であり、コストを削減するだけでなく、環境にもプラスの影響を与えます。これらの要因は、市場の成長を後押しすると推定されます。また、電子廃棄物によって引き起こされる気候問題を制御するための政府のイニシアチブの拡大も、市場の成長を後押しすると推定されています。環境保護庁(EPA)は、2019年3月に電子機器または電気機器の廃棄物(WEEE)を管理するためのUNIDO-GEFプロジェクトを開始しました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000245306&id=bodyimage1

調査レポートの日本語に詳細内容について;https://www.researchnester.jp/reports/electronic-waste-management-market/3351

電子廃棄物(E-waste)管理市場のセグメンテーション洞察

レポートは、処理別(リサイクル、埋め立て、その他);材料タイプ別(金属、ガラス、プラスチック、その他);ソース別(家電製品、業務用機器、産業用機器など)によってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。
電子廃棄物(E-waste)管理市場における主要企業

電子廃棄物(E-waste)管理市場における業界のリーダーは、WM Intellectual Property Holdings, L.L.C、Capital Environment Holdings Limited、Aurubis AG、Boliden Group、Eniro-Hub Holdings Ltd.、Umicore、MBA Polymers Inc.、Electronic Recyclers International, Inc.、Sims Limited、Stena Metall Groupなどです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカの五つの主要な地域で分割されています。

北米地域の市場は、技術の継続的な革新、新製品の発売による電子廃棄物の生成の増加、カナダや米国などの国々での電子製品の販売の拡大を背景に、予測期間中に最大のシェアを獲得すると推定されます。さらに、電子廃棄物管理を促進するための政府のイニシアチブも市場の成長を後押しすると推定されています。
アジア太平洋地域の市場は、日本、中国、インドなどの発展途上国に多数の家電メーカーがあるため、予測期間中に最大のCAGRを目撃すると推定されています。さらに、技術に精通した世代の人口の増加も市場の成長を後押しすると予想されます。
電子廃棄物(E-waste)管理市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

● アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
● 北米(米国およびカナダ)
● 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
● ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
● ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3351

Research Nester Private Limited会社概要

Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール : info@researchnester.com
【調査レポートの詳細内容について】
https://www.researchnester.com/reports/electronic-waste-management-market/3351
[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール: info@researchnester.com

配信元企業:Research Nester Private Limited
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る