旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

リックソフト、Tableau(R)でJira SoftwareやConfluenceに蓄積する データを収集・可視化するアプリ「Cadre(カドレ)」をリリース

2021年09月30日10時00分 / 提供:DreamNews

~プロジェクト管理に関わる多様なデータ分析を可能にし、生産性と業務効率の向上を促進~リックソフト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大貫 浩、以下:リックソフト)は、分析プラットフォームTabl...

~プロジェクト管理に関わる多様なデータ分析を可能にし、生産性と業務効率の向上を促進~

リックソフト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大貫 浩、以下:リックソフト)は、分析プラットフォームTableau(タブロー)を使い、豪ソフトウェア企業 Atlassian Pty Ltd.(以下:アトラシアン社)が開発・提供するJira SoftwareならびにConfluence内に蓄積されたデータ活用を促進するアプリ「Cadre(カドレ)」を2021年9月30日にリリースします。
Cadreはソフトウェア開発プロジェクト管理ツールJira Softwareと情報共有とコラボレーションのためのWikiツールConfluence内に蓄積されたさまざまなデータを収集し、Tableauを通じて可視化することで、主にIT部門や事業部門のプロジェクト管理に関連するデータ分析を可能にし、業務効率化を実現します。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000244937&id=bodyimage1

■背景
リックソフトはTableauのリセラーパートナーとして、ライセンス販売や導入支援サービスを提供しています。またアトラシアン社のソリューションパートナーとしても、多くのお客さまのJira SoftwareやConfluenceの導入支援に携わっている中で、さらに効果的にプロジェクトを管理するため、プロジェクトに関するさまざまなデータ分析の需要があることを察知していました。
Tableauを活用しデータ分析するには、ある程度整ったデータがそろっていることが前提となり、このデータ準備工程だけで時間がかかってしまうことは珍しくありません。そのため、お客さまが望むタイミングでスピーディーにデータ分析を始めることが難しい点が課題でした。
解決策として、ETLツール(データを抽出・変換・格納するツール)やiPaaSツール(複数のシステムを連携し業務自動化をするツール)の活用が挙げられますが、データ収集対象のJira SoftwareやConfluence内のデータ構造は複雑なため、大きな手間がかかってしまいます。
そこで、Tableau、Jira Software、Confluenceを熟知するリックソフトだからこそできる、これらのツールの価値を最大化するアプリCadreの開発に至りました。APIを介し両ツールをつなぐことで、簡単にデータ収集・事前加工・蓄積が可能になります。

■Cadreとは

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000244937&id=bodyimage2

Cadreは、Jira SoftwareやConfluenceとTableauを連携させ、プロジェクト管理にかかる時間や工数、予実分析のためのデータ準備を支援するツールです。Cadreを介して、Jira SoftwareやConfluenceをTableauにつなぐことで、簡単で迅速に分析対象のデータを収集することが可能です。
Cadreは以下のような課題を解決します。

●時系列の進捗別のタスク件数推移から、着地見込みや遅延度合いの改善傾向を予測したい
● Cadreで取得したデータと手持ちのExcelやデータベースに蓄積された異種データを連携したい
● スケジュール管理用のKPIを自動生成・グラフ化ができるようにしたい
● 協力会社を含めた複数のJira Softwareのデータを一つに統合したい

例えばJira Softwareから収集できる情報として、課題、コメント、課題リンク、作業ログ、スプリント、変更履歴などの情報に対応しています。
データの準備が事前にでき、収集データを組み合わせて、タスク残数進捗状況などの時系列の推移やEVM(作業工程や成果物をコスト化しプロジェクト管理の進捗を把握する手法)などの指標を生成する機能など、お客さまのニーズに応じて集計パターンを拡充できる点も大きなポイントとなります。

主な特長は以下の3点です。
1. プロジェクト管理のデータ準備をCadre一つで完結可能
2. 収集データはTableauのWDC(WebDataConnector)を介し柔軟に活用できる
3. 低予算でもデータ活用を始められる

詳細は以下の製品ページをご覧ください。
製品ページ:https://www.ricksoft.jp/cadre/

■価格
取得データセットをもとにした価格設定で、年間30万円(税抜き)~で提供します。
※価格は取得データセット数に比例して変動します。
※Tableauと連携先のツール(Jira SoftwareもしくはConfluence)を既にお使いであることが前提の価格設定です。
※無料トライアル版を用意しています。
※Tableauライセンスを保持していないお客さまには別途ライセンス購入のご案内をさせていただきます。

価格ページ: https://www.ricksoft.jp/cadre/cadre-pricing.html

■今後の展望
アトラシアン製品ならびにTableauを熟知するリックソフトだからこそできる、両社製品の可能性を最大化するアプリ開発を行いました。Cadreの提供を通して新たな価値を提供することで、アトラシアン製品とTableauの販売強化を目指します。
また収集データの多様化やBitbucketなどのソースコード管理ツールやCIツールへの対応など、機能性ならびに対象製品の拡大を目指します。引き続き、高い技術力で価値あるツールの可能性を引き伸ばすことで、お客さまの価値向上に貢献してまいります。

■関連製品紹介

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000244937&id=bodyimage3

Jira Softwareはアジャイル開発に最適なソフトウェア開発プロジェクト管理ツールです。ソフトウェア開発プロジェクトを計画、追跡、管理し、進行状況を一目で把握。ワークフローも柔軟にカスタマイズできます。
製品ページ:https://www.ricksoft.jp/atlassian/jira/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000244937&id=bodyimage4

Confluenceは情報共有とコミュニケーションのためのコラボレーションツールです。誰でも簡単に情報を作成・共有し、コメントを残すことができるので、必要な情報が一か所に集約されます。
製品ページ:https://www.ricksoft.jp/atlassian/confluence/

【リックソフト株式会社について】
「価値あるツールで人と人をつなぐ、働き方を変える」を目指すリックソフトは、海外で話題の最先端ビジネスアプリケーションの提供をしています。全世界で約3,600社(2021年2月時点)におよぶ企業のDXの成功に向けたカスタマーサクセスにも注力しています。

社名:リックソフト株式会社
上場市場:東証マザーズ(証券番号: 4429)
本社所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町2-1-1 大手町野村ビル8階
設立:2005年1月4日
代表取締役:大貫 浩
取扱製品:Jira Software, Confluence, Slack, Workato, Alfresco, Tableau
ホームページ: https://www.ricksoft.jp/

<登録商標について>
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

<本リリースに関するお問い合わせ先>
リックソフト株式会社 マーケティング部 プレスリリース担当 佐橋
現在、在宅勤務期間中につき、メールにてお問い合わせください: pr@ricksoft.jp

配信元企業:リックソフト株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る