旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

東京・有楽町SDGs発信拠点 「Sustaina Station DaiDai」にて、OHKによるコンテンツ提供を開始

2021年09月24日12時00分 / 提供:DreamNews

メイド・イン・ジャパン・プロジェクト株式会社(以下 MIJP)は、新有楽町ビル内 地下1階にあるSDGs発信拠点「Sustaina Station DaiDai」にて、岡山放送株式会社(以下 OHK)によるSDGsに関わるコンテンツ提供/...

メイド・イン・ジャパン・プロジェクト株式会社(以下 MIJP)は、新有楽町ビル内 地下1階にあるSDGs発信拠点「Sustaina Station DaiDai」にて、岡山放送株式会社(以下 OHK)によるSDGsに関わるコンテンツ提供/上映を2021年9月16日より開始いたしました。

コンテンツ提供開始の経緯
OHKは本拠点設立目的に賛同するとともに、ビジネスと文化が融合した東京有楽町での情報発信に意義を感じ、SDGsに関連するコンテンツの提供を開始しました。2016年から取り組 んでいる瀬戸内の魅力を再発見し発信する『OH!マイ瀬戸内』キャンペーンのミニ番組「瀬戸 内日和」の映像を提供し、瀬戸内エリアの情報発信スペースで放映しています。 またOHKは、SDGsの根底にある“誰一人取り残さない” 基本理念のもと、放送局として”誰 一人情報から取り残されない“情報のバリアフリー社会を目標に掲げ、「手話が語る福祉」の放 送活動を28年続けてきましたが、今回、日本で唯一のろう者の当事者団体である全日本ろうあ 連盟と協力し、きこえに関係なく様々な人々が共生していく社会を目指し製作された映画『咲 む(えむ)』の予告放映や、全日本ろうあ連盟の取り組みや商品展示・販売を行っています。

Sustaina Station DaiDaiについて
DaiDaiでは、自分が出来る「サスティナビリティ」について考え始めることが、未来を築く第一歩と考えています。各地の持続可能な取り組みを紹介し、ファン(関係 交流人口)を増やしその地を活性化させ、誰一人取り残さない心響き合う豊かな日本を目指します。

店名の由来
『Sustaina Station Daidai』は、果樹の「橙(だいだい)」に由来します。橙は一般的な果実と異なり、単年では落樹せず、冬には橙色、暖かくなると再び青色、また次の冬には橙色と、数年にわたり果実の変色を繰り返します。このように、ひとつの木に何代もの実が共存することから、長寿の家族の象徴として「代々」と呼ばれ、縁起物としてお正月の飾りなどに親しまれてきました。
私たちは、「先祖代々栄える」持続可能なモノ・コト・ヒト・マチの象徴として橙を選び、情報発信の拠点でありたいという想いから、『Sustaina Station DaiDai』と名付けました。

店舗概要 Sustaina Station DaiDai
・営業時間:11:00~19:00 土曜・日曜定休
・住所:〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-12-1有楽町ビル B1F
アクセス:JR有楽町駅より徒歩1分 / 東京メトロ有楽町駅 直結
・電話:03-6206-3663
・公式Webサイト:https://daidai.mijp.co.jp/

【法人概要】
メイド・イン・ジャパン・プロジェクト株式会社
代表取締役 赤瀬 浩成
住所:東京都中央区勝どき5丁目5-14-314
TEL:03-5534-9903 FAX:03-5534-9904

配信元企業:メイド・イン・ジャパン・プロジェクト株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る