旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

企業、団体、個人が、障がいの有無を超えてつながる、多様性を享受する社会を目指して スペシャルトーク&プレゼンテーション オンラインイベント『LIVES TOKYO 2021』開催!!

2021年09月24日09時00分 / 提供:DreamNews

『LIVES TOKYO 2021』テーマ:Collaboration!~Diversityが生みだす力を信じて~【9月26日(日)13:00~16:30、東京ミッドタウンよりLIVE配信】https://www.youtube.com/channel/UCHrHsFbU9tbbsEwpC-XERUA一般の方...

『LIVES TOKYO 2021』
テーマ:Collaboration!~Diversityが生みだす力を信じて~
【9月26日(日)13:00~16:30、東京ミッドタウンよりLIVE配信】
https://www.youtube.com/channel/UCHrHsFbU9tbbsEwpC-XERUA
一般の方はご視聴にお申し込みが必要です https://livestokyo2021.peatix.com/

認定特定非営利活動法人ハンズオン東京(本部:東京都港区/代表理事:セオドル[トッド]・ガイルド)は、障がい者の「就労」を促進するための日本初のプロジェクト「LIVES」の活動を共有し・繋がり・気づく機会として、9月26日(日)13:00よりトーク&プレゼンテーションを中心としたオンラインイベント『LIVES TOKYO 2021』を開催します。
ハンズオン東京では、2017年より、LIVESプロジェクトの当事者・企業・団体等を繋ぐイベント「LIVES TOKYO」を、東京ミッドタウン、またはオンラインで開催しております。今年は、新型コロナ感染拡大防止を鑑み、無観客の会場、東京ミッドタウンから、オンラインにてライブ配信いたします。
LIVESプロジェクトでは、障がいの有無にかかわらず、すべての人が自分自身の力で人生を選択し、社会進出が出来る社会を目指す活動を通年で展開しております。
今年のテーマは「Collaboration!」、サブタイトルを「Diversityが生みだす力を信じて」としました。コロナ禍により社会が急激に変化し、世界中がひっ迫しています。だからこそ、今、私たちが考えるべきことは、障がいの有無とは無関係に、お互いの個性を尊重しながら繋がり、共に生きてゆくことではないでしょうか?このイベントでは、有識者や活動家、パラアスリートによるトークセッション、新しい発想で次世代を切り開こうとする若年層のプレゼンテーションなどを通じて、様々な気づきや繋がりを得る機会を提供いたします。

【スペシャルトークセッション】

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000244489&id=bodyimage1

『LIVES TOKYO 2021』開催概要
●開催日時:9月26日(日)13:00~16:30(予定)
●開催方法:東京ミッドタウンでのステージ進行を公式YouTubeチャンネルよりライブ配信
●視聴方法: https://livestokyo2021.peatix.com/
*一般の方はご視聴にお申し込みが必要です
●視聴料:無料
●公式チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCHrHsFbU9tbbsEwpC-XERUA
●コンセプト動画:https://www.youtube.com/watch?v=9ydCPDveKD
●主   催:認定NPO法人 ハンズオン東京

【その他の主なプログラム】
◆【LIVESMILE トーク】 (1)13:43~約10分 (2)14:32~約10分
障がい当事者や支援する人が、これまでの経験、これからの目標、社会への希望などについてディスカッションし、社会を変えるためのプレゼンテーションです。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000244489&id=bodyimage2

◆【TECHNOLOGY アイデアソンより】 14:42~約30分
今年5月に「2030年のスマートシティ」をテーマとしたアイデアソンを開催。その中で優秀賞を受賞した2チームがプレゼンテーションを行います。オリィ研究所の吉藤健太朗さんも特別出演。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000244489&id=bodyimage3

◆【Entertainment エンターテイメント】 15:50~約10分
バイオリニストの白井崇陽さん、シンガーのBeverlyさんが東京ミッドタウンの会場にライブ出演。その他、昨年もゲスト参加いただき、東京2020パラリンピック閉会式で演奏された7本指のピアニストの西川悟平さん、同じく東京2020パラリンピック閉会式にドラム付き車いすで出演された小澤綾子さん、そして、東京2020パラリンピック開会式で国歌斉唱を担当されたシンガーソングライターの佐藤ひらりさんほか、ご自身の特性を活かして活動を行うアーティストの皆さんと、LIVESプロジェクトのテーマソング「Happy now」を映像でコラボレーションします。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000244489&id=bodyimage4

【LIVESプロジェクト】について
毎日仕事をし、毎日ごはんを食べて、毎日楽しく笑う。」そんな毎日の繰り返しを、あたり前と思って暮らしています。 しかし、そのあたり前の毎日を容易に過ごせない人たちがいます。日本においては、まだまだ社会に出て、生活をする事が難しい環境です。障がいなど多様な個性を持つ人たちは、みんなと同じように社会に出て働きたいと思っても、まだ日本では 環境が整っていません。みんなが一緒になって「はたらく」環境をつくり、美味しくごはんを「たべて」、楽しく「わらい」あえる社会 をつくりたい、という想いから日本初の試み「LIVESプロジェクト」を始動しました。
障がい者が健常者と変わらずに自身の力で人生を選択するために、「就労」に焦点をあて、日本における障がい者の個性を活かした就労ができる環境を整えていけるように、様々な企業、団体を交えて、社会へ働きかけを行ってまいります。 障がい者&健常者の共同イベント・PRチームを結成し、障がい者の気持ちを理解したイベントをつくり上げるために、それぞれの強みを活かして協力しながら準備を進めています。障がいなど多様な個性を持つ人たちの中には、個々の能力を活かし、可能性を広げている人たちもいます。
http://hataraku-taberu-warau.jp

【ハンズオン東京】について
認定NPO法人ハンズオン東京は、世界37カ国で208のボランティア団体を統括する「Points of Light財団」の傘下団体として、2006年に活動を開始しました。国際交流から生まれたボランティア団体であるハンズオン東京は、コミュニティ(地域社会)のニーズに合った有意義なボランティア活動の場を二か国語で提供することにより、社会へ貢献し、ボランティアリズムを浸透させ、リーダーたちを育成することをミッションとしています。スペシャルニーズの方、障がいのある方を支援する団体、NPO法人、社会福祉法人、教育機関、医療機関などと協力し、地域社会のニーズに合ったボランティアの機会を企画・提供しています。また、コロナ禍では、医療機関や社会福祉施設(児童養護施設、シニアホーム、スペシャルニーズの団体など)へ、必要としている物資支援のサポートをするなど、「コミュニティのニーズ」に重点を置き、「いま、私たちにできることは何か?」を常に考え、新しい取り組みで活動をしています。
https://www.handsontokyo.org/

配信元企業:ハンズオン東京
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る