旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【先行予告】ビルドサロン、オンラインサロンに投稿されたコンテンツをブロックチェーンに記録し、著作権を保護・オリジナル性を証明するシステムの構築について、定型化を発表。

2021年05月14日09時00分 / 提供:DreamNews

「オンラインサロン」の開発に特化したウェブ制作を行う株式付会社ビルドサロン(本社:東京都新宿区、代表取締役:上村十勝)は、オンラインサロンのコンテンツをブロックチェーン・システムを利用し著作権保護...

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000236490&id=bodyimage1

「オンラインサロン」の開発に特化したウェブ制作を行う株式付会社ビルドサロン(本社:東京都新宿区、代表取締役:上村十勝)は、オンラインサロンのコンテンツをブロックチェーン・システムを利用し著作権保護するシステムの開発提供について、定型業務化を発表しました。

2021年5月、ビルドサロンはオンラインサロンに投稿されるコンテンツの著作権保護を目的とし、投稿に対してタイムスタンプを付与しそれをBTCブロックチェーン状に記録し、管理するシステムの開発提供を、一般業務として2021年6月までに定型業務化を目指すことを発表しました。

これまでもビルドサロンでは、事業者様からご依頼された場合に限り、独自要件としてブロックチェーン・システムの開発・組み込みを行ってきました。

しかし、「どの範囲を保護(記録)するか」「台帳システムはどこに構築するか」など、細かい要件定義が必要であり、開発には多額の費用と時間がかかっていました。

そこで、オンラインサロンへのブロックチェーンシステムの開発・組み込みを一般業務として開発提供することで、基本的な要件(コンテンツの保護アルゴリズムや管理画面のUIなど)をパッケージングし、初期要件定義や設計にかかるコストを大きく軽減することを目的に、
2021年6月までのブロックチェーン・システム開発提供の一般業務化を目指します。

事業者独自の仕様の開発も、ベースの仕様があることで大幅なコスト削減と、クオリティの向上に繋げることが可能です。

■ オンラインサロンにブロックチェーンシステムを導入することにより期待されるメリット

・オンラインサロンに投稿されたコンテンツの著作権及び権利の保護。
・タイムスタンプにより、オリジナル性の証明。

オンラインサロンに投稿されたコンテンツについて、ブロックチェーンに記録されたタイムスタンプによって、オンラインサロン内だけではなく、オンラインサロン外に対しても客観的にオリジナルのコンテンツである照明が可能になります。

仕様の詳細は株式会社ビルドサロンまでお問い合わせください。

--------------------------------------------------------------------------------------

■ リリースと取材に関するお問い合わせ

本社HP: https://buildsalon.co.jp
メール: info@buildsalon.co.jp
電話: 03-6822-4723(代表)
お問い合わせフォーム: https://buildsalon.co.jp/contact
公式LINE: https://lin.ee/psX1A0C

--------------------------------------------------------------------------------------

■ ビルドサロンの事業内容

株式会社ビルドサロンは、オンラインサロンの専門事業者です。オンラインサロン制作業界 No.1。
・自前オンラインサロンの開発及び制作事業
・オンラインサロン運営代行業務
・既存オンラインサロンのページデザイン
・オンラインサロン関連 CMS プラグインの開発
・既存ブログからのコンテンツ移行作業
・その他会員制サイトの受託開発業
・オンラインサロン運用ブログの運営
https://buildsalon.co.jp/blog

※当プレスリリースに記載の商品名、サービス名は一般に日本もしくは外国における各社の商標または登録商標です。
※ビルドサロン(R)及びロゴは、株式会社ビルドサロンの登録商標です。

配信元企業:株式会社ビルドサロン
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る