旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

株式会社静鉄情報センター、基幹業務システムに「ZAC Enterprise」を採用

2021年05月13日09時30分 / 提供:DreamNews

株式会社オロ東京都目黒区 代表取締役社長 川田篤、以下オロ)は、株式会社静鉄情報センター静岡県静岡市 代表取締役社長 久保田光二、以下静鉄情報センター)がオロのクラウドERP「ZAC Enterprise」を基幹業...

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000236346&id=bodyimage1

株式会社オロ東京都目黒区 代表取締役社長 川田篤、以下オロ)は、株式会社静鉄情報センター静岡県静岡市 代表取締役社長 久保田光二、以下静鉄情報センター)がオロのクラウドERP「ZAC Enterprise」を基幹業務システムとして採用したことを本日発表いたします。

静鉄情報センターは、静岡鉄道株式会社のグループ企業として1976年に創業。システム製品の提案・開発、ネットワーク設計、構築、販売、運用サポート、機器メンテナンスに至るまでクライアントのビジネスを支援する一気通貫のICTソリューションを提供しています。

同社では、現行システムのOSサポート終了をきっかけにシステムを検討していました。選定にあたっては、販売管理業務を効率化できる点、プロジェクト別の損益ををタイムリーに可視化できる点、豊富なアウトプット機能を活用した管理会計が実現できる点が評価されました。

ZAC Enterpriseの導入により、売上に対して、経費、外注費、労務費などの関連コストを紐付けることができるようになるため、プロジェクト別の損益を一目で把握可能になります。販売管理の面では、見積から受注、売上、請求までのプロセスを一気通貫で管理可能になり、見積として入力した数字が売上、請求にそのまま反映されるため、転記などの手間を削減し、業務を効率化します。さらにアウトプット機能では、事業別、クライアント別などさまざまな切り口の経営レポートをワンクリックで確認・出力できるため、集計の手間なく損益分析が実現します。

■「ZAC Enterprise」の導入にあたり、下記の点が評価されました。
1.受注・請求・売上までをシームレスに繋ぐことで業務を効率化できる点
2.プロジェクト別の損益をタイムリーに可視化できる点
3. 豊富なアウトプット機能を活用した管理会計が実現できる点

オロは今後もシステム開発業での実績拡大を推進し、より多くの企業の生産性向上に貢献してまいります。

<本リリースに関するお問い合わせ>
株式会社オロ マーケティンググループ 担当:西村
TEL:03-5843-0653/Mail:zac@jp.oro.com

配信元企業:株式会社オロ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る