旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ママ支援コミュニティHimemamaが新しいワークスタイルを提案  親子で行く、沖縄ワーケーションレポートを公開

2021年05月10日15時30分 / 提供:DreamNews

 日本最大級のママ支援コミュニティHimemama(ひめまま)(本社:東京都中央区、代表理事:坂上 愛佳)は、ママの新しいワークスタイルとして「ワーケーション」を推奨。2021年5月10日より企業や自治体向けにHimem...

 日本最大級のママ支援コミュニティHimemama(ひめまま)(本社:東京都中央区、代表理事:坂上 愛佳)は、ママの新しいワークスタイルとして「ワーケーション」を推奨。2021年5月10日より企業や自治体向けにHimemamaスタイルの親子ワーケーション企画提案サービスを開始いたします。このほど、モデルイベントとして親子で楽しむワーケーション体験「自由に働く“私”のためのワーケーションスタイル」を株式会社 カヌチャベイリゾート(本社:沖縄県名護市、代表白石 武治)とのタイアップ企画で実施いたしました。今後も継続的なワーケーション提案を行うとともに、ワーケーション実施レポートをオンラインにて公開してまいります。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000236121&id=bodyimage1

■ワーケーションスタイル企画提案の背景

(※ワーケーションとは、「ワーク(仕事)+バケーション(休暇)を合わせ造語。)
働く子育て中の女性のワークライフバランス改善の切り札とされてきた「在宅テレワーク」。通勤時間がほぼゼロでかつ子どもとの時間を大切にしながら、隙間時間を仕事時間に活用するなど、自由な時間の使い方ができるという観点で企業においても導入事例が増加傾向にあります。しかし、コロナ禍において女性に限らず在宅勤務が推奨される昨今、家事と育児と切れ間のない労働時間で過労死の温床になりかねない危険すらはらんでいることもまた事実です。そこで、現在さらに新しい働き方として「ワーケーション」が注目を集めています。テレワークを活用しながらオフィスにも自宅にも縛られることなく、リゾートなどのリモートエリアで、休暇と仕事を両方楽しむライフスタイルを指します。通信分野で総務省、働き方改革として厚生労働省が、さらに国立国定公園などにサテライトオフィスを作る環境省、地方創成として内閣府、観光地活用として観光庁など様々な公的機関もワーケーションに注目し、様々なバックアップ体制も整い始めています。
この時代背景を受け、女性・ママのライフスタイル提案や子育て支援をするHimemamaでは、女性の新しいライフスタイルとして独自のワーケーションスタイル「親子ワーケーション」を企画提案いたします。

(1) 仕事も遊びも子どもとの時間も大切にしたい。

 欲張りを叶える現代女性の新しいワークスタイル『親子ワーケーション』
密を避ける観点からも有用とされるリモートエリアでのワーケーションには、様々な導入方法がありますが基本的には大人のみに主眼が置かれるスタイルが主流です。しかし、現代の子育て中のキャリア女性には仕事をするにも遊ぶにも子どもの存在は切り離して考えることはできません。また、仕事を充実させたいという願望を持つ一方で、子どもの教育や環境も重視しています。そこで、Himemamaでは、その両方を叶える新しいワークスタイルとして“親子で楽しむ”ワーケーションスタイルに拘り、提案をします。親子でリゾート地に赴き、バケーションを楽しみながら、親子で楽しむ時間、親と子が別々で楽しむ時間、それぞれの学びや仕事の時間などをアレンジし、全員が満足し有益な時間を過ごしながらもママが“私”らしさを実現できることに主眼を置いています。

(2)自由に働く”私”のワーケーションスタイル「親子で行く、ワーケーション@沖縄
 仕事と遊びと学びをまるっと楽しむ3泊4日

 このほど、Himemama企画の親子ワーケーション体験イベントとして、3泊4日の「自由に働く“私”のためのワーケーションスタイル」を実施いたしました。ロケーションは沖縄県名護市やんばる地区に位置するカヌチャベイリゾート。広大なリゾートを楽しみながら、安定したリモートワークが可能なオンライン設備を活用した「Webメディア活用セミナー」、スペシャルゲスト畑中由利江氏による基調講演「世界に活躍する女性のルール」、親子体験イベント「キッズすし職人体験、託児体験」、「星空浴と宙(そら)さんぽ」、「ビーチde朝ヨガ」、「トロピカルフィッシング」などが行われました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000236121&id=bodyimage3

(3)  ワーケーション実施レポートをオンラインで配信中

 本ワーケーション体験イベントの詳細につきましてはHimemamaホームページ内の特設サイト (https://himemama.com/global-woman-forum-2021/)にて体験レポートを順次公開しております。

 本ワーケーション体験イベントは、新たな制度導入・新しい働き方の実践に向けた取り組みを支援し、ワーケーション受け入れ企業に繋ぐことを目的としたモデルイベントです。引き続きこのような提案型ワーケーションイベントを実施するとともに、ワーケーションに興味がある親子を対象としたオンラインセミナーも展開してまいります。更に、ワーケーション導入を検討する企業や地方自治体向けに問合せ窓口(https://himemama.com/contact-media/)を設け、テーラーメイドのワーケーション企画や集客サポートも行ってまいります。

【イベント開催概要】
Himemama JAPAN Global Woman Forum
『世界を舞台に自由に働く“私”のためのワーケーションスタイル』
主催 株式会社カヌチャベイリゾート
3泊4日@沖縄カヌチャリゾート

【企業紹介】
◆ Himemama(ひめまま):任意団体 /業務委託管理先:株式会社Princess Tiara
代表理事 坂上 愛佳
所在地 〒104-0054 東京都中央区勝どき5-5-14
設立 2008年7月
会員数 5500名
https://himemama.com/
ワーケーション体験レポート公開サイト:https://himemama.com/global-woman-forum-2021/
ワーケーション問合せ窓口:https://himemama.com/contact-media/

◆ 株式会社 カヌチャベイリゾート(Kanucha Bay Resort Co.,Ltd)
代表取締役会長 白石 武治
所在地 〒905-2263 沖縄県名護市安部156番地2
開業 1997年(平成9年)6月29日
https://www.kanucha.jp/

配信元企業:ママ支援コミュニティHimemama ひめまま
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る