旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

日本には、目の醒めるような色がある! 105点の美しい写真と、 それぞれの風景に浮かぶ日本の伝統色105点を掲載した、ありそうでなかった「色の図鑑」。見て学んで楽しい『四季彩図鑑』5月14日発売!

2021年05月06日10時00分 / 提供:DreamNews

みらいパブリッシング(所在地:東京都杉並区高円寺、代表取締役:松崎義行)は『四季彩図鑑  写真でつづる日本の伝統色』 を2021年5月14日に刊行します。 著者:北山建穂 A5判 ソフトカバー 192ページ 本体...

みらいパブリッシング(所在地:東京都杉並区高円寺、代表取締役:松崎義行)は『四季彩図鑑  写真でつづる日本の伝統色』 を2021年5月14日に刊行します。 著者:北山建穂 A5判 ソフトカバー 192ページ 本体 1980円(税込) ISBN:978-4-434-28942-2 書籍詳細:https://www.amazon.co.jp/dp/443428942X(Amazon URL)

「第3回写真出版賞」大賞受賞作

空の色、風の色、雲の色、水の色、草木の色……。
景勝地、日光の季節がうつろう105点の写真と、 それぞれの風景のなかに浮かび上がる日本の伝統色105点を掲載した、色の図鑑。

古来、日本人が自然の中から生み出し、染色技術の発展とともに育んできた多くの色は、桜色(さくらいろ)、茜色(あかねいろ)、萌黄色(もえぎいろ)のように身近な植物から生まれ、いまも私たちの暮らしのなかに息づいています。さらにこの国には、思色(おもいいろ)、椋実色(むくみのいろ)、掻練(かいねり)といった、あまり知られていない繊細でゆかしいあまたな色があふれています。

そうした伝統色と色名のゆかしさを、写真に添えて紹介。
著者による色の解説や、著者自ら詠んだ俳句も掲載し、
詩人・永方佑樹の詩も寄り添った、贅沢な仕上がりの一冊です。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000235751&id=bodyimage1

■出版社からのコメント

北山氏の写真は、構図の面白さは勿論、繊細で華があり、何より捉える色が美しい。
素晴らしい写真を見る目の喜びとともに、新しい色の知識を得る悦びを、心ゆくまでお愉しみいただけます。
そばに置いていつも眺めていたくなる、とっておきの一冊。
大切な人へのギフトにも最適です。

■著者について

北山建穂(きたやま・たてほ)

1974年、栃木県日光市生まれ、在住、在勤。
2008年にデジタル一眼レフカメラを購入して以来写真が趣味となり、多数のコンテストに入賞。
主な受賞歴は、「しもつけ写真大賞」準特選、「鹿沼市再発見観光写真コンテスト」特選、「奥日光清流清湖フォトコンテスト」伊藤園特別賞、
日光フォトコンテスト」日光杉並木賞、「下野新聞紙上写真コンテスト」金賞など。
本作で「第3回写真出版賞」大賞を受賞。

■書籍概要

仕様:A5判 192ページ
定価:本体 1980円(税込)
ISBN:978-4-434-28942-2
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/443428942X

■会社概要

みらいパブリッシング
設立: 2014年5月
代表者:代表取締役 松崎義行
所在地:東京都杉並区高円寺南4-26-12 福丸ビル6階
事業内容:図書出版全般
URL: http://miraipub.jp

配信元企業:株式会社みらいパブリッシング
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る