旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

解析結果を効率的に可視化するオプションプログラム「Visualization Option ver2.0」リリースのお知らせ

2021年04月28日13時00分 / 提供:DreamNews

プロメテック・ソフトウェア株式会社(代表取締役社長:角家 強志、本社:東京都文京区、以下プロメテック)は、CAE解析結果から効率的にビジュアライゼーションを実行できるオプションプログラム「Visualization...

プロメテック・ソフトウェア株式会社(代表取締役社長:角家 強志、本社:東京都文京区、以下プロメテック)は、CAE解析結果から効率的にビジュアライゼーションを実行できるオプションプログラム「Visualization Option ver2.0」を本日リリースしました。

「Visualization Option」は、CAEソフトウェアによる解析結果をもとに解析技術者自身が手軽にフォトリアルな可視化を行うためのツールで、流体解析ソフトウェア「Particleworks」や粉体解析ソフトウェア「Granuleworks」の解析結果、およびその他の汎用ファイルフォーマットで出力されたCAE解析結果をCG編集ソフトウェアのデータに変換し、CG編集・レンダリングを可能にするオプションプログラムです。解析結果からのビジュアライゼーションを効率化し、動画作成、XR(VR/AR/MR)コンテンツ開発を促進します。

最新のCG技術を利用して可視化した解析結果で、社内他部門とのデジタルレビュー(プレゼンテーション、官能評価等)やWEBマーケティングコンテンツ(YouTube等)などに高い効果を期待できる高品質・多様な可視化表現を実現します。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000235721&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000235721&id=bodyimage2

今回リリースした新バージョン、「Visualization Option ver2.0」、「Visualization Option for Unity ver2.0」で追加または改良された主な機能は下記の通りです。

・サーフェス変換時間の高速化
・生成されるサーフェスの高品質化
インターフェースの改良
・変換に対応する解析データおよび解析機能の追加
・データ軽量化機能の追加
・[Visualization Option for Unityのみ] 粒子表示、再生操作の改良

これらの改良により、より高度な解析結果の可視化や解析結果評価が可能になるとともに、可視化した解析結果を容易に共有できるため、幅広いシーンでの活用が期待されます。

◆Visualization Optionウェブサイト: https://www.particleworks.com/visualization_option_ja.html

プロメテックでは2004年の設立以来、シミュレーション技術とCG技術の融合を目指したソフトウェア開発とサービスを提供してきました。今回の新バージョンリリースを機に、シミュレーション技術とCG技術のさらなる融合を推進し、日本の製造業の設計、開発、評価のイノベーションに貢献してまいります。

プロメテック・ソフトウェア株式会社について
プロメテック・ソフトウェア株式会社は、東京大学大学院工学系研究科システム量子工学専攻出身の藤澤智光と、同大学大学院工学系研究科システム創成学専攻の越塚誠一教授により、2004年10月に東京大学発ベンチャーとして設立されました。東京大学ほか諸大学との密接な産学連携体制を有し、新進気鋭の技術者が常に最新の研究成果を取り入れて、産業界に製品やソリューションを提供しています。設立から十数年、現在では国内だけにととどまらず、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど海外のパートナーとの協業も拡大し、グローバルソフトウェア企業として成長を続けています。
URL: https://www.prometech.co.jp

本件に関するお問い合わせ
プロメテック・ソフトウェア株式会社
経営企画部: 鈴木崇彦
Tel:03-5842-4082 Fax:03-5842-4123  E-mail: marketing@prometech.co.jp

配信元企業:プロメテック・ソフトウェア株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る