旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

昭和の日本が舞台のSL愛溢れる絵本。新米機関士「ひろし」と蒸気機関車「鉄郎」が脱線事故を通し、困難を乗り越え救援を成し遂げる。友情や努力、仕事の大切さを学ぶ『汽車物語「ひろしと鉄郎」の巻』4/12発売

2021年04月05日18時00分 / 提供:DreamNews

みらいパブリッシング(所在地:東京都杉並区高円寺、代表取締役:松崎義行)は『汽車物語「ひろしと鉄郎」の巻』 を2021年4月12日に刊行します。 著者:吉田強兵 A5判 上製 32ページ 本体 1400円+税 ISBN...

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000233637&id=bodyimage1

みらいパブリッシング(所在地:東京都杉並区高円寺、代表取締役:松崎義行)は『汽車物語「ひろしと鉄郎」の巻』 を2021年4月12日に刊行します。 著者:吉田強兵 A5判 上製 32ページ 本体 1400円+税 ISBN:978-4-434-28762-6 書籍詳細:https://www.amazon.co.jp/dp/4434287621

昭和の日本を舞台に、若き機関士と機関車の友情を描く、鉄道絵本

私鉄山里鉄道に入社した新米機関士「ひろし」は、
ある日のこと、タンク機関車の「鉄郎」と出会う。
その日から、「ひろし」は「鉄郎」とともに働き、
「鉄郎」のおかげで機関士としても人としても、大きく成長していく。
最初は「ひろし」を青二才と決めつけバカにしていた「鉄郎」も、
「ひろし」の成長していく姿を見て、機関士としての「ひろし」を認めるようになっていく。

そしてある日、脱線事故の救援に向かった「ひろし」と「鉄郎」は、
さまざまな困難を乗り越え、ついに任務をやりとげる。
二人は誇らしい気持ちで、駅長が待つ駅へと帰っていく……。

■出版社からのコメント

SLへの憧れと愛情がページの隅々まで息づいています。
子供たちはこの絵本から友情や努力や仕事の大切さを学ぶことができます。
対象年齢:10才くらい~

■著者について

吉田強兵(よしだ・きょうへい)

1996年徳島県生まれ。
幼少期に出会った世界的に有名な青いタンク機関車の人形劇に触発されて絵本執筆を開始。
本書はデビュー作。

■書籍概要

仕様:A5判 32ページ
定価:本体 1400円+税
ISBN: 978-4-434-28762-6
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/4434287621

■会社概要

みらいパブリッシング
設立: 2014年5月
代表者:代表取締役 松崎義行
所在地:東京都杉並区高円寺南4-26-12 福丸ビル6階
事業内容:図書出版全般
URL: http://miraipub.jp

配信元企業:株式会社みらいパブリッシング
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る