旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「GazeAnalyzer」の視線に基づく広告配信が「Facebook」「Instagram」にも配信可能に!

2020年07月20日09時00分 / 提供:DreamNews

2020年7月17日、株式会社ヒトクセ(以下、ヒトクセ)がリリースした視線推測A I「GazeAnalyzer」がFacebook社の提供する「Facebook」、「Instagram」でも広告配信が可能になりました。

2020年7月17日、株式会社ヒトクセ(以下、ヒトクセ)がリリースした視線推測A I「GazeAnalyzer」がFacebook社の提供する「Facebook」、「Instagram」でも広告配信が可能になりました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000219186&id=bodyimage1

【概要】
「GazeAnalyzer」を導入しているウェブサイトに訪れたユーザーの視線動向をA Iを用いて推測することで、「どのコンテンツに興味を示したのか」、「どのコンテンツに興味を示さなかったのか」を特定し、ユーザーの興味に合わせた広告配信がFacebookやInstagramで可能となりました。

ToBサービスに関するデジタルプロモーションで定評のあるFacebook広告での配信が可能となったため、直接的なターゲティングが難しいToBサービスに関するプロモーションにおいても、GazeAnalyzerの視線データが有効にご活用いただけます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000219186&id=bodyimage2

【サービス詳細】
「GazeAnalyzer」とは、サイト内のどの要素を「見た」のかを把握することでユーザーの関心を可視化する視線推測 A I システムです。
スマートフォンのインカメラを使わずに、スマートフォン上でのタップ動作やスクロールの動きのパターンから、ユーザーの視線を予測します。そのためユーザーのプライバシーを守りながら情報の取得が可能となります。

視線推測をすることにより、EC サイトや Web メディア内のコンテンツ効果を定量的に測ることができ、 UX の改善やクリエイティブ、広告の最適化を図ることができます。
(GazeAnalyzerの詳細はこちら→https://gaze-analyzer.com/?source=press

<会社概要>
社名:株式会社ヒトクセ
本社所在地:東京都新宿区西新宿6-15-1 ラ・トゥール新宿701号室
代表者:代表取締役社長 宮崎 航
事業内容:リッチメディア広告配信プラットフォーム「Smart Canvas」や、アンビエントデータを活用した広告配信サービス「FIT AD」をはじめとする、インターネット広告領域において広告効果を高めるサービスを提供。
URL:http://hitokuse.com/

【お問い合わせ先】
会社名:株式会社ヒトクセ
サービスサイト: https://gaze-analyzer.com/?source=press
担当者: 渡邉 勇輝
Email : y.watanabe@hitokuse.com
Tel:03-6279-4421

配信元企業:株式会社ヒトクセ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る