旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「動物用ワクチンの世界市場:2025年に至る動物別、疾病別予測」調査レポート刊行

2020年06月09日13時00分 / 提供:DreamNews

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「動物用ワクチンの世界市場:2025年に至る動物別、疾病別予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】動物用ワクチンの世界市場規模は2020年段階で80...

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「動物用ワクチンの世界市場:2025年に至る動物別、疾病別予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
動物用ワクチンの世界市場規模は2020年段階で80億ドルと推計されます。同市場規模は2020年から2025年にかけて平均年成長率7.2%の増加で推移し、2025年には113億ドルに達するとレポートでは予測しています。当レポートでは、2025年に至る動物用ワクチンの世界市場予測(市場規模US$)、動物タイプ別市場(豚用ワクチン、家禽用ワクチン、家畜用ワクチン各種、コンパニオンアニマル用ワクチン各種、水産養殖用ワクチン、その他)、疾病別市場(豚各種、家禽各種、家畜各種、コンパニオンアニマル各種、水産養殖各種)、技術別市場(弱毒性ワクチン、不活化ワクチン、トキソイドワクチン、組み換えワクチン、その他)、主要国地域別市場など、各種の予測データに基づき市場を展望しています。また市場動向、競合状況、主要企業プロフィールなどの分析も交えて、概略以下の構成でお届けいたします。

【英文市場調査レポート】
動物用ワクチンの世界市場:2025年に至る動物別、疾病別予測
Veterinary Vaccines Market by Disease (Swine Pneumonia, Avian Influenza, Rabies, Coccidiosis, Brucellosis, Canine Distemper), Type (Poultry, Livestock, Aquaculture, Porcine, Canine), Technology (Inactivated, Toxoid, Recombinant) - Global Forecast to 2025
http://researchstation.jp/report/MAM/19/Veterinary_Vaccines_2025_MAM1988.html

【レポート構成概要】
◆動物用ワクチンの世界市場予測2018-2025年
・市場規模(US$)

◆動物タイプ別、市場-2025年
豚用ワクチン
家禽用ワクチン
家畜用ワクチン
・牛用ワクチン
・小型反芻動物ワクチン
コンパニオンアニマル用ワクチン
・犬用ワクチン
・猫用ワクチン
水産養殖用ワクチン
その他動物ワクチン
※(市場規模US$)

◆疾病別、市場-2025年
豚用ワクチン
・豚サーコウイルス2型(PCV2)
・豚繁殖-呼吸障害症候群(PRRS)
・豚パルボウイルス感染症
・豚インフルエンザ

家禽用ワクチン
・鶏伝染性気管支炎
・鳥インフルエンザ
・ニューカッスル病
・コクシジウム症

家畜用ワクチン
・牛用ワクチン
-口蹄疫
-牛ウイルス性下痢感染症
-牛クロストリジウム感染症
-ブルセラ症
-牛伝染性鼻気管炎
・小型反芻動物ワクチン
-小型反芻動物クロストリジウム感染症
-口感染症
-肺炎/敗血症
-ポックス感染症
-羊ヨーネ病
-その他

コンパニオンアニマル用ワクチン
・犬用ワクチン
-犬狂犬病
-犬ジステンパー
-犬パルボウイルス
-その他
・猫用ワクチン
-猫狂犬病
-猫ウイルス性鼻気管炎
-猫汎白血球減少症
-その他

水産養殖用ワクチン
-ビブリオ症
-パスツレラ症
-フルンケル
-その他
※(市場規模US$)

◆技術別、市場-2025年
・弱毒性ワクチン
・不活化ワクチン
・トキソイドワクチン
・組み換えワクチン
・その他ワクチン
※(市場規模US$)

◆主要国地域別市場-2025年
北米
・米国、カナダ
欧州
・ドイツ、英国、フランス、イタリア、スペイン
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、インド、タイ
・その他アジア太平洋
その他地域
※国地域別に動物タイプ別、疾病別(豚、家禽、牛用)、技術別の細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・競合状況

◆動物用ワクチンの主要企業プロフィール動向
・ZOETIS
・MERCK ANIMAL HEALTH
・BOEHRINGER INGELHEIM
・ELANCO
・CEVA
・VIRBAC
・VETOQUINOL
・PHIBRO ANIMAL HEALTH
・HESTER BIOSCIENCES
・HIPRA
・BIOGENESIS BAGO
・TIANJIN RINGPU
・CHINA ANIMAL HUSBANDRY
・JINYU BIO-TECHNOLOGY

(その他企業)
・ENDOVAC ANIMAL HEALTH
・BRILLIANT BIO PHARMA PRIVATE LIMITED
・APTIMMUNE BIOLOGICS
・INDIAN IMMUNOLOGICALS LTD.
・TORIGEN
・VEROVACCINES
(全181頁)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000216750&id=bodyimage1

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/19/Veterinary_Vaccines_2025_MAM1988.html

発行元:MarketsandMarketsについて
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2020年6月9日

★関連レポート
「動物用超音波診断装置の世界市場:タイプ別、用途別2025年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/18/Animal_Veterinary_Ultrasound_2025_MAM1847.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html

配信元企業:リサーチステーション合同会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る