旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

デザイナーもエンジニアもすべては読み手の体験向上のために!審美的・実装技術的視点でウェブタイポグラフィを解説『ウェブタイポグラフィ─美しく効果的でレスポンシブな欧文タイポグラフィの設計』刊行のお知らせ

2020年06月08日15時00分 / 提供:DreamNews

株式会社ボーンデジタル東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『ウェブタイポグラフィ─美しく効果的でレスポンシブな欧文タイポグラフィの設計』を全国の書店を通じて刊行します。【概要】書籍名:ウェ...

株式会社ボーンデジタル東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『ウェブタイポグラフィ─美しく効果的でレスポンシブな欧文タイポグラフィの設計』を全国の書店を通じて刊行します。

【概要】
書籍名:ウェブタイポグラフィ─美しく効果的でレスポンシブな欧文タイポグラフィの設計
刊行予定日:2020年6月下旬
著者:リチャード・ラター
定価:3,200円+税
ISBN:978-4-86246-476-7
サイズ:B5正寸判
ページ数:320ページ
発行:株式会社ボーンデジタル

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000216722&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000216722&id=bodyimage2

【書籍内容紹介】
これまでウェブタイポグラフィの書籍で、これだけまとまった内容を読める本はなかったのではないでしょうか。欧文フォントや欧文組版を審美的視点から解説した書籍、HTMLやCSSの書籍において実装技術的視点から解説した書籍はあれど、どちらも網羅的に解説した決定版書籍が待たれていたのではないでしょうか。

本書は、その審美的視点/実装技術的視点のどちらも併せ持つ網羅的な解説書として、デザイナーはもちろん、エンジニアの皆さんにもウェブを含むオンスクリーンメディアで文字を扱う際に必要となる知識や実践について、細かく解説しています。

【著者について】
著者:リチャード・ラター(Richard Rutter)
英国のUXデザインファーム「Clearleft」社の共同設立メンバー。バークレイカードなどの大企業だけでなく、数多くのスタートアップ企業のウェブサイトにおけるUXデザインを皮切りに、ヨーロッパで最も人気のあるマッピングサイトであるMultimapなど革新的なウェブサービスやアプリのUXデザインを数多く手掛け、Wired UKのトップ100デジタルパワーブローカーのひとりに選ばれています。An Event Apart、UX Londonなぢユーザーエクスペリエンスデザインとタイポグラフィに関する数多くのカンファレンスで講演を行っている傍ら、ウェブタイポグラフィのエヴァンジェリストとして、Clearleftのウェブタイポグラフィカンファレンス「Ampersand」のチーフオーガナイザーを務めています。
http://clagnut.com/
https://clearleft.com/about/team/richard-rutter

監訳者:鈴木丈(すずき たける)
ウェブ開発者、タイポグラフィ研究者。フォントワークス株式会社所属。ウェブサイトの設計や実装に携わるかたわら、「Webタイポグラフィの基礎知識と実践」、「音楽、数学、タイポグラフィ」など、ウェブとタイポグラフィに関する執筆や講演も積極的におこなっている。
https://github.com/fontplus/web-typography-glossary
https://standard.shiftbrain.com/blog/music-math-typography

【目次】
はじめに:私たちは皆タイポグラファ
ウェブタイポグラフィとても大事な理由
メディアを受け入れる
地固めをする

1章:文字を読みやすくする
1-1さまざまな読み方
1-2すばらしきem
1-3パラグラフをデザインする:行の長さ
1-4パラグラフをデザインする:テキストサイズ
1-5パラグラフをデザインする:行間
1-6文字揃え、行揃え、ハイフネーション
1-7レスポンシブなパラグラフ

2章:タイポグラフィのディテール
2-1記号、符号、アクセント
2-2合字と略語
2-3階層とスケール
2-4意味とセマンティクス
2-5数字とテーブル
2-6トラッキングとカーニング
2-7見出しとインパクト
2-8バーティカルなリズムを適用する
2-9配置と構成

3章:フォントの選択と使用
3-1フォントが画面にレンダリングされる仕組み
3-2実践的および実用的考慮事項
3-3書体を知る、書体を見る
3-4本文書体の決定
3-5ディスプレイテキストの書体を選ぶ
3-6機能的テキストの書体を選ぶ
3-7書体を組み合わせる
3-8ウェブフォントを使用する
3-9ライブラリを構築する

おわりに:おわりに
デザインを伝える
心に刻んでほしいこと

書籍紹介ページ URL:
https://www.borndigital.co.jp/book/18440.html

Amazon URL:
https://www.amazon.co.jp/dp/4862464769

【本件に関するお問い合わせはこちら】
会社名:株式会社ボーンデジタル
http://www.borndigital.co.jp/
担当者:野村 享広
TEL : 03-5215-8664
FAX : 03-5215-8667
E-mail:yukihiro-n@borndigital.jp

配信元企業:株式会社ボーンデジタル
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る