旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

大興電子通信株式会社(所在地:東京都新宿区)は、2020年6月8日より中小企業様向けエンドポイントセキュリティ「AppGuard Small Business Edition」の販売を開始します。

2020年06月08日13時00分 / 提供:DreamNews

AppGuardは、不正アプリの起動防止やアプリケーションのプロセス監視によるマルウェア感染防止に特化したセキュリティ製品です。従来、集中管理が可能な「AppGuard Enterprise」、ユーザー利便性を重視したスタン...

AppGuardは、不正アプリの起動防止やアプリケーションのプロセス監視によるマルウェア感染防止に特化したセキュリティ製品です。
従来、集中管理が可能な「AppGuard Enterprise」、ユーザー利便性を重視したスタンドアローン型の「AppGuard Solo」の二つのエディションを展開しておりました。
今般、多くの中小企業様より集中管理機能を備えかつ導入しやすいモデルについてのご要望をいただいておりました。
大興電子通信はこのようなお客さまのニーズに応えるべく「AppGuard Small Business Edition(以下AppGuard SBE)の販売を開始いたしました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000216639&id=bodyimage1

■「AppGuard」について
「AppGuard」は、不正なアプリの起動防止やマルウェアの侵入経路とするアプリケーションのプロセスを監視する事で、マルウェアの感染防止に特化した製品です。
新概念の「OS protect型」で、過去の脅威情報に頼ることなく、特許技術の「Isolation Technology」により、未知・既知を問わず不正なプロセス・行為を封じ込めシステムの安全性を確保します。
2020年4月現在、Windows PC向け「AppGuard Enterprise」、「AppGuard Solo(スタンドアローン版)」の二つのエディションを展開しております。

■「AppGuard SBE」の特徴
「AppGuard」のコア技術はそのままに、経済的な負担を極力軽くしてご利用いただくため、従業員300名までの企業様に、よりお求めやすい価格設定でライセンスを提供します。
「AppGuard SBE」は「AppGuard Solo」と同水準のポリシーを初期値としてプリセットしています。
導入にかかるコスト圧縮と期間の短縮が可能となりました。
また、導入サービスメニューを簡易な物から従来のフルサービスまで多様化する事で、お客様の費用感に合わせたご提案が可能となました。
※詳細については、お問い合わせください。

「AppGuard SBE」はWindows 7以降のPCをサポートしており、年間サブスクリプション価格は、PC1台当たり6,000円(税抜)です。

■価格
メーカー希望小売価格6,000円(税抜)/1台/1年間
従業員1~300名の中小企業様が対象

■製品紹介ページ
https://www.daikodenshi.jp/solution/appguard/sbe_lp/

配信元企業:大興電子通信株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る