旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Rubyスクリプト暗号化ソフトウエア「RubyEncoder 2.7」販売開始 最新のRuby 2.7の完全サポート, Mac OS Catalinaのサポート

2020年06月03日13時00分 / 提供:DreamNews

報道関係者各位プレスリリース2020年6月3日株式会社ソフトエイジェンシー----------------------------------------------------------------------------------------------------  Rubyスクリプト暗号化ソフト...

報道関係者各位
プレスリリース
2020年6月3日
株式会社ソフトエイジェンシー

----------------------------------------------------------------------------------------------------
  Rubyスクリプト暗号化ソフトウエア「RubyEncoder 2.7」販売開始
   最新のRuby 2.7の完全サポート, Mac OS Catalinaのサポート
----------------------------------------------------------------------------------------------------

 株式会社ソフトエイジェンシー(本社:栃木県小山市、代表:立岡佐到士)
は、SourceGuardian Ltd.(本社:英国ダラム)の開発したRubyのソースコード
を暗号化するソフトウエア「RubyEncoder 2.7」の販売を2020年6月2日に開始
いたしました。

 RubyEncoderはオブジェクト指向スクリプト言語「Ruby」のソースコードをバ
イトコード形式に変換してRubyスクリプトを保護します。RubyEncoderは高度な
暗号化により、Rubyのソースコードをリバースエンジニアリングから守ります。
これにより、Rubyソフトウエアの知的財産権を保護し、商用ソフトウエアを安全に
配布することが可能になります。今回のバージョンでは、最新バージョンのRuby2.6
及び2.7に対応し、最新のMac OS Catalinaをサポートをしています。

■最新版Ruby2.7に対応
RubyEncoder 2.7ではRubyの1.8.7, 1.9.0-1.9.3, 2.0-2.6 及び 2.7
まで対応しています。今後、新たにRubyのバージョンが更新されても、迅速に対応
してまいります。

■組込みLinux(ARM系CPU)対応
RubyEncoder 2.7ではエンコードしたバイナリを組込みLinux(ARM系CPU)で動作
させることが可能です。組み込みLinuxのARMel Linux,ARMhf Linux (Raspberry Pi,
BeagleBoardなど) でも動作します。

■Ruby on Rails対応
RubyEncoderを利用すればRuby on Railsで作成されたアプリケーションの保護も
可能になります。コントローラ、モデル、ヘルパーなどのRubyファイルをエンコード
して動作させることが可能になります。

■強力なGUIでさらに使いやすく
RubyEncoderはコマンドラインだけでなくGUIで暗号化の管理ができます。これに
より、初心者の方でも簡単にRubyEncoderの機能を理解できます。

■多彩なアプリケーションロック機構
RubyEncoderには多彩なアプリケーションロック機構が備わっています。IPアド
レス、MACアドレス、ドメイン名などが一致しないとアプリケーションをロック
し動作不能にできます。これにより安易なコピーを防ぐことができます。
また、アプリケーションに有効期限を設定して体験版の作成ができます。

■ライセンスファイルの作成
アプリケーションの暗号化とは別にアプリケーションの実行に必要なライセンス
ファイルを作成できます。ライセンスファイルを利用することで評価版や商品版
などの異なったライセンスでユーザにアプリケーションの配布が可能です。

■商品構成
RubyEncoderはエンコーダとローダの二つからなります。

○エンコーダ
Rubyスクリプトをエンコードするソフトウエアです。
1ライセンスで1台のみインストール可能です。

○ローダ
RubyEncoderによって暗号化されたRubyスクリプトを復号化するバイナリです。
ライセンスによるコピーの制限はありません。

■RubyEncoder動作環境
○対応するRubyのバージョン
1.8.7, 1.9.0-1.9.3, 2.0-2.6 及び 2.7

○エンコーダ対応プラットフォーム
Windows, Mac OS X, Linux(i386, x86_64), FreeBSD(i386, x86_64)
※FreeBSDはGUIに対応しておりません。
※エンコードしたバイナリはローダの動作するすべてのプラットフォームで動作
可能です。

○ローダ対応プラットフォーム
Windows, Mac OS , Linux(i386, x86_64), FreeBSD(i386, x86_64), MinGW
組込みLinux(ARM, ARMel, ARMhf (Raspberry Pi, BeagleBoardなど))

○アプリケーションロック機構
・IPアドレス制限
・MACアドレス制限
・ドメイン制限
・有効期限設定
・ライセンスファイル作成

■RubyEncoder価格
○RubyEncoder本体価格    28,000円(税抜) / 1ライセンス

○サポートパック ベーシック  8,000円(税抜) / 1ライセンス・1年
開発者向け。アップグレード権あり)
常に最新版をご利用いただけます。

○サポートパック プラチナ  680,000円(税抜) / 1ライセンス・1年
(事業者向け。アップグレード権 + ローダ動作保証)
常に最新版をご利用いただけると同時に、お客様のスクリプトが最新の
ローダで動作することを保証します。

○製品URL
http://rubyencoder.jp/

株式会社ソフトエイジェンシー
本社 : 〒323-0820 栃木県小山市西城南5丁目16番地9
東京 : 〒110-0015 東京都江東区福住1丁目4番5号
代表 : 代表取締役 立岡 佐到士
資本金: 2,000万円
URL  : http://www.softagency.co.jp/

SoftAgencyは株式会社ソフトエイジェンシーの商標です。
その他、記載の商品名、会社名は各社の商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ソフトエイジェンシー 本社
TEL : 050-5505-5509(代表)
FAX : 0285-31-5845
MAIL: sales@softagency.co.jp

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000216410&id=bodyimage1

配信元企業:株式会社ソフトエイジェンシー
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る