旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

オーストラリア、ニュージーランドで今月授業を再開 ~ 世界17か国直営語学学校の開校状況を発表 ~

2020年05月28日13時00分 / 提供:DreamNews

世界110か国以上で、海外留学、語学教育、学習研究、文化交流、教育旅行事業を展開する国際教育のリーディングカンパニー、イー・エフ・エデュケーション・ファースト(日本法人イー・エフ・エデュケーション・フ...

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000216042&id=bodyimage1

世界110か国以上で、海外留学、語学教育、学習研究、文化交流、教育旅行事業を展開する国際教育のリーディングカンパニー、イー・エフ・エデュケーション・ファースト(日本法人イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社〈本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:サンチョリ・リー〉、以下 「EF」)は本日、当該政府の新型コロナウィルス抑制のための活動制限緩和に伴い、オーストラリア、ニュージーランドのEF直営語学学校4校での現地滞留学生に対する授業を5月25日までに再開したことを発表しました。
現在、世界各地に展開するEF直営語学学校の多くで、受講コース・カリキュラムに準じたオンライン授業を実施しています。今後は、フランスやドイツなど欧州地域やアジア地域におきましても現地政府や自治体、保険当局のガイドラインに基づいて、順次、授業の再開を検討、実施していく見通しです。
なお、国内においても政府の緊急事態宣言解除を受けて、衛生管理の徹底につとめながら、留学説明会やセミナー、個別カウンセリング、出発前英語学習などオフィス内での業務を再開していく計画です。

世界各地のEF直営語学学校における開校状況について

● 以下の表は21か国に展開する直営校のうち主な留学先の開校状況(2020年5月22日時点)をまとめたものです。受講状況、再開見通しは当時の情報によるため、その後の状況の変化により変更となる可能性があります。
● 授業再開にあたっては現地保健当局のガイドラインに従って、(1)ソーシャルディスタンスの維持や衛生管理の徹底、(2)スタッフ、学生の健康状態の確認(検温等)、(3)在校生に対する精神面、健康面でのアドバイザリーサポートの提供、(4)ホストファミリーを含めた関係者への情報共有や理解の徹底、を引き続き行っています。
● オンライン授業を実施している語学学校では、受講中のコースに準じた授業数・授業時間を担保した形で、できる限り実際の授業内容に準じたプログラムを提供しています。
● 以下の表に記載されている内容に加え、夏季限定のサマースクール等の開講は状況に応じて順次変更される可能性があります。

イー・エフ・エデュケーション・ファーストについて
1965年に 『Education First (教育を第一に)』をモットーにスウェーデンで設立したイー・エフ・エデュケーション・ファーストは、従業員5万2千人(そのうち約半数の2万5千人は講師)を有する世界最大規模の私立教育機関です。現在、世界各地に600を超える事業拠点、および21か国(11言語に対応)に52校の直営語学学校を有し(*1)、語学留学プログラム等、グローバルに教育事業を展開。日本国内では、札幌東京横浜名古屋大阪京都福岡の7か所に事業所を構えています。EFでは、独自の英語能力テスト「EF SET」や、英語能力を経年的に計測、追跡する世界規模のベンチマーク「EF EPI英語能力指数」(https://www.efjapan.co.jp/epi/)の開発・提供にも努めています。また、50年以上にわたり蓄積されたノウハウをベースに、国内外で様々な教育機関、官公庁、自治体、企業に対する語学トレーニング支援事業も行っています。https://www.efjapan.co.jp/

*1 事業拠点数、語学学校の展開状況は 2020年1月1日現在の情報です。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000216042&id=bodyimage2

配信元企業:イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

リリースカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る